季語/銀杏散る(いちょうちる)を使った俳句

「銀杏散る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「銀杏散る」について

【表記】銀杏散る

【読み方】いちょうちる

【ローマ字読み】ichochiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「い」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

銀杏散るを含む俳句例

大銀杏散る縦の町横の町/大野徳樹

金色の風十方に銀杏散る/狹川青史

銀杏散る兄が駈ければ妹も/安住敦

立去れば銀杏散るなり門茶寺/抱琴

足どりは演奏帰り銀杏散る/森田峠

銀杏ちる兄が駈ければ妹も/安住敦

銀杏散る夜の高さの時計台/池田秀水

たけなはの大学祭に銀杏散る/森田峠

老銀杏散ずる快を貪れる/相生垣瓜人

数範囲百までの児に銀杏散る/樋笠文

七五三形揃へて銀杏散る/百合山羽公

銀杏散る万巻の書の頁より/有馬朗人

銀杏散る学生服を稀に著て/三村純也

銀杏散る女郎二万を一墓石/対馬康子

銀杏散るマチスの光滴らせ/対馬康子

母と子と拾ふ手許に銀杏散る/高浜虚子

角帽に銀杏散ること変らざる/山本歩禅

護送車の小さき窓や銀杏散る/山下典子

銀杏散る野球少女の帽子にも/仙田洋子

銀杏ちる童男童女ひざまづき/川端茅舎

俳句例:21句目~

銀杏ちる金管楽器響りやまず/川崎ナミ

銀杏散り敷き東大の名なき門/西村和子

海坂の弧の端にして銀杏散る/桂樟蹊子

中空にひらきし面て銀杏散る/井沢正江

銀杏散る一葉一葉の確かなる/後藤栄生

大学の匂ひに満ちて銀杏散る/原子公平

大空の風をはらみて銀杏散る/河本好恵

大銀杏散り敷き琵琶の仮舞台/辻村勅代

天上に修羅ありぬべし散る銀杏/樋口青

銀杏散る明るさ雨の中にあり/池田秀水

銀杏散る母校に聴講郷土の史/岡田三枝

銀杏散る童男童女ひざまづき/川端茅舎

阪下や豆腐屋の店に散る銀杏/山内双梧

顕微鏡はなしたる眼に銀杏散る/山形理

朝ばかり日のさす寺の銀杏散る/上村占

死を誘ふ溜息ついて銀杏散る/仙田洋子

お火焚や広前銀杏ちり敷ける/木村寿美平

母を恋ふ故人の句あり銀杏散る/岸風三楼

散り銀杏掃かぬ懈怠は許さるる/井上哲王

要立ちして地を打ちて銀杏散る/大橋敦子

俳句例:41句目~

銀杏散る胸並め行けば歩が揃ふ/川口重美

態となる跣なりけり銀杏散る/阿波野青畝

銀杏ちるちるちる西空の茜寒む/石原八束

銀杏散るはげしき音の中にあり/平岡仁期

銀杏散るひかりや居間の壁鏡/吉田/芙水

銀杏散るまっただ中に法科あり/山口青邨

走り去る毬さびしけれ銀杏散る/中村汀女

道化師の眼鏡ずれ落ち銀杏散る/仙田洋子

いてふ散る女の真顔つぎつぎに/斉藤夏風

いてふ散る輪舞に吾等瞬きづめ/高澤良一

ふとん裂れの浅黄格子に銀杏散る/細見綾子

銀杏散る我が珈琲にも一つ落ちよ/仙田洋子

銀杏散りゐしと憶えてゐるばかり/西村和子

宮荒るるばかり銀杏散るばかり/小園/末子

銀杏散る空地珍らし路地の中/長谷川かな女

敷煉瓦に模様刻めり散り銀杏/長谷川かな女

銀杏散るかならず大地ひろやかに/後藤夜半

日が射してゐる間の銀杏散り急ぐ/西村和子

母ある子母のない子に銀杏ちる/松尾いはほ

銀杏散り金を呉れむと番号呼ばれ/岩田昌寿

俳句例:61句目~

いてふちりしける日なたが行手にあり/篠原

いてふ散り来り地に着く時早く/松本たかし

いてふ散る愉しき人々のみならず/岸風三楼

銀杏散る中へ真赤なポルシェゆく/小川背泳子

いてふ散るすでに高きは散りつくし/岸風三樓

この銀杏散られであそぼ散るならば/広瀬惟然

キャンパスの塀尽きるまで銀杏散る/田中芙美

ビル街に行きどころなき銀杏散る/久米谷和子

銀杏ちる深空あを~澄みまさり/五十崎古郷句集

銀杏散るけふも月痕ありにけり/五十崎古郷句集

疎水ここに来て溢れけり銀杏散る/長谷川かな女

いてふ散るちるから夕焼け惜しまるる/椎橋清翠

散るいてふすべて地を向くクレヨン画/吉野義子

三猿古ればみな泣くさまや銀杏散る/中村草田男

古町のちまたやちまた銀杏ちる/五十崎古郷句集

ネクタイをする日しない日いてふ散る/草間時彦

ボードレールの雲よとめどなく銀杏散る/仙田洋子

やちまたは人の来ぬ間も銀杏散る/五十崎古郷句集

銀杏散るバスケット/シューズ下駄箱に/鈴木栄子

銀杏ちるちまたにはかにたそがれぬ/五十崎古郷句集

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ