季語/初潮(はつしお)を使った俳句

「初潮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初潮」について

【表記】初潮

【読み方】はつしお

【ローマ字読み】hatsushio

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葉月潮(はづきじお:hazukijio)

・望の潮(もちのしお:mochinoshio)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

初潮を含む俳句例

初潮や夜る~募る山颪/北枝

初汐や酒売通ふ江の南/成美

初潮や鳴門の波の飛脚舟/凡兆

蘆の中葉月潮満つ夕明り/稲村

初潮や旭の中に伊豆相模/蕪村

初汐や旭の中に伊豆相模/蕪村

初汐に追れてのぼる小哉/蕪村

初潮や海紺青の岬重ね/星野椿

崖下のすこしの渚葉月潮/耿陽

初汐や竹の裏行く人の声/蓼太

初汐や島大小に大の島/尾崎迷堂

初潮や人は畠に波の音/会津八一

初汐や燈台守に産ビが/野村喜舟

葉月潮又しろがねの釣れし/鯨洋

初潮に追れてのぼる小かな/蕪村

海神のくらき笑ひや葉月潮/鷹女

初汐に松の傾く岬かな/高田蝶衣

引際の白を尽して葉月潮/岡本眸

初潮や水輪の中のの口/石田勝彦

初潮にのりて客船進水す/道川虹洋

俳句例:21句目~

望の潮さし来る御陵花篝/宮内林童

初汐や楚客船頭に何語る/羅蘇山人

初汐の燈心草を浸しけり/寺田寅彦

初汐や千石船の船よそひ/子規句集

初汐の船に米積む港かな/赤木格堂

初潮の墻なす濤に地鎮祭/木村蕪城

初潮の岬に小の集ひけり/毛塚静枝

初潮の引かぬ破船の機関室/不死男

初潮の海見えてをり切子皿/原田喬

初汐や帆柱ならぶ垣の外/正岡子規

初潮や島を離るる朝の船/木村蕪城

初潮や帆柱ならぶ垣の外/正岡子規

初汐や岬へつゞく石燈籠/野村泊月

初潮や水勢ひゞく錨綱/水原秋櫻子

初汐やあり丈延ばす錨綱/寺田寅彦

旅ゆくや初潮の穂を掌に掬び/吐天

初汐にものゝ屑なる漁舟かな/蛇笏

初汐や水勢ひびく錨網/水原秋桜子

初汐や狸土舟を浮ぶべう/寺田寅彦

初汐や猫歩みなく草月夜/渡辺未灰

俳句例:41句目~

初汐や白躍ねて船に入る/寺田寅彦

初汐や鯨の浮ぶ氷見の海/野村喜舟

渡し場や初汐逼る蟹の穴/寺田寅彦

家船といふ風俗や葉月潮/森信坤者

葉月潮海は千筋の紺に澄み/草田男

鵜の崖に鵜の影もなし葉月潮/蕪城

初汐や岩間々々を尋ねてぞ/寺田寅彦

初汐や神まつりたき沖の巌/高田蝶衣

初潮や路より高き船だまり/中田秋平

初汐や裏の切戸の風にあく/中川四明

初汐や裾ひろがりに酒匂川/小杉余子

初潮の風たかく飛び鴎かな/石原舟月

初汐に掌ほどの舟も帆あげたり/蓼汀

初汐の風たかく飛ぶ鴎かな/石原舟月

骨埋めて見ゆ初汐の墨田川/萩原麦草

夢浸す葉月潮吾子生れけり/堀口星眠

波しぶき上げ初潮の満ち来る/澤草蝶

初汐や夜な夜なつのる山颪/立花北枝

初汐や寄る藻の中に人の骨/永井荷風

昼閉ざす河岸の料亭葉月潮/木村蕪城

俳句例:61句目~

波が波押さへて走る葉月潮/遠藤芳郎

浅く浮いて沈みしや葉月潮/日野草城

初潮のころがつてくる入江かな/秋を

灌木の中にわれをり葉月潮/岡井省二

空ふかき母の国なり葉月潮/柿本多映

初潮に突出し岩の神事かな/高浜虚子

初汐に松四五本の小島かな/子規句集

葉月潮満ちて真珠の筏揺る/宮田正和

初潮に石段長く神います/大峯あきら

嶋二つ初潮満ちて日の赤き/佐藤紅緑

月出づと舟屋にとどく望の潮/浜明史

初汐や百八廻廊灯のともる/寺田寅彦

望の潮しづかに湛へ舟溜/大橋越央子

夕焼けてのちも初潮早湍なす/下村槐太

初汐の今戸は萩のさかりかな/萩原麦草

波の引く奈落のみどり葉月潮/中村将晴

初汐の短かき綱に錨かな/長谷川零餘子

初汐の艇庫閉されて夕焼けぬ/石原舟月

初潮の大海原といふものよ/山下/志信

初汐や松かさうかぶ巌のあひ/高田蝶衣

俳句例:81句目~

葉月潮伊雑の宮をさしてゆく/山口誓子

初潮にものの屑なる漁舟かな/飯田蛇笏

漕ぎ入れや初汐よする竜が窟/夏目漱石

初潮に和布刈の神の岩沈む/五十嵐播水

サーファーの裏返りゆく葉月潮/坂井建

遠き日の男根なぶる葉月潮/宇多喜代子

初潮に沈みて深き四ッ手かな/高浜虚子

初潮に鵜の黒耀の絶ゆるなし/遠山壷中

初潮の満ちくる海の濁りつつ/高橋悦男

初潮や鵜戸の神岩たたなはり/下村梅子

初潮の一むら葦をのこしけり/星野麥丘人

初汐やひそかに鰡の跳ねし音/鈴木真砂女

初潮にものを棄てたる娼家かな/日野草城

初潮や木戸より高く舟繋る/山野邊としを

雲うらに日のかがりをり葉月潮/加藤高秋

初潮やひそかに鰡の刎ねし音/鈴木真砂女

望の潮きのふとすぎしけふの浪/田村了咲

葉月潮へんてつもなし人焼くに/後藤綾子

離陸機の灯をこぼしゆく望の潮/長谷川翠

葉月潮かぼちやの花をひたしたる/木津柳芽

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ