季語/桜紅葉(さくらもみじ)を使った俳句

「桜紅葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桜紅葉」について

【表記】桜紅葉

【読み方】さくらもみじ

【ローマ字読み】sakuramomiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

桜紅葉を含む俳句例

母病みて桜紅葉の遠き嶺/原裕

さくら紅葉相模の泥に下駄穿つ

淡墨の桜紅葉の雨雫/茨木和生

又をかし桜の紅葉ふさぎ袖/和石

きり~す桜の紅葉皆散りて/諷竹

風師山の桜紅葉の道長し/龍/康夫

神苑の桜紅葉を拾ひ来し/並松玉哉

盛岡は桜紅葉もよかつつろ/浅井啼

牧場の桜紅葉に沿うて径/高濱年尾

なほ残る桜紅葉は血のいろに/原裕

一本の桜紅葉や魯迅の碑/佐治英子

上り行く桜紅葉の並木道/中村志ま

紅葉して桜は暗き樹となりぬ/耕二

紅葉してそれも散行く桜かな/蕪村

室生口桜紅葉の下にバス/星野恒彦

水の面に桜紅葉の心ばえ/高澤良一

あたらしき桜紅葉で涙拭く/仙田洋子

火をかけし桜紅葉の焔見ゆ/萩原麦草

英霊の秋寂びて桜紅葉しぬ/渡邊水巴

早咲の得手を桜の紅葉かな/内藤丈草

俳句例:21句目~

八月の桜紅葉を掃けるかな/富安風生

好きな道桜紅葉の頃なれば/稲畑汀子

宿おの~橋あり桜紅葉かな/久米正雄

桜紅葉車寄せなる金モール/立川京子

潮まぶし桜もみぢが散り残り/永井龍男

赤松に桜もみぢのちりぬるを/杉山岳陽

野毛山の桜もみぢの匂ふこと/高澤良一

鵙来れば桜もみぢは散りやすし/秋櫻子

ことしもまた梅見て桜藤紅葉/井原西鶴

人の世の桜紅葉を僧の掃く/櫛原希伊子

下枝はみくじの占めて桜紅葉/田中芙美

紅葉して見せけり留守の糸桜/立花北枝

さくら紅葉散り込む吉野の懸造/関森勝夫

桜紅葉入る日は神のうしろなる/渡邊水巴

桜紅葉しばらく照りて海暮れぬ/巌谷小波

桜もみぢ肩のやさしき石一つ/鈴木しげを

桜もみぢはら~と夕雲いそぐ/金尾梅の門

眼鏡ふかく日の射し桜紅葉かな/河合照子

研師来るさくら紅葉の信濃より/飯田龍太

死はかねて桜紅葉のうしろより/手塚美佐

俳句例:41句目~

雨に濡れし桜紅葉を詠みしひと/田中冬二

大海人の吉野の桜もみぢかな/秋山巳之流

桜紅葉蹤きゆくことの寧からず/永方裕子

母が焚く紅葉のけふは桜かな/古賀まり子

桜もみぢどっちつかずの色合にて/高澤良一

朽つるまで桜紅葉は燃ゆるべし/成瀬桜桃子

旅の肌着そろへて桜もみぢの日/鷲谷七菜子

ぞんざいに桜もみぢの散るばかり/高澤良一

さくら紅葉わが居しあとに少女かな/川端京子

さくら紅葉けやき紅葉のあらそふか/小島千架子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ