季語/落鮎(おちあゆ)を使った俳句

「落鮎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「落鮎」について

【表記】落鮎

【読み方】おちあゆ

【ローマ字読み】ochiayu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・錆鮎(さびあゆ:sabiayu)

・渋鮎(しぶあゆ:shibuayu)

・下り鮎(くだりあゆ:kudariayu)

・秋の鮎(あきのあゆ:akinoayu)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

落鮎を含む俳句例

落鮎の身の行末や墨衣/元隣

下り鮎一聯過ぎぬ薊かげ/茅舎

落鮎や川原芒はただ靡く/本橋仁

落鮎の常願寺川真くらがり/澄雄

落鮎の橋を材木車かな/石田勝彦

銀の肌の曇りや秋の鮎/塩谷鵜平

落鮎をなほ寸断の月明り/齋藤玄

忌払の膳にのぼりし秋の鮎/上村占

錆鮎に坐し帯締の一文字/野澤節子

渋鮎を灸り過たる山家哉/高井几董

発電の大水声に秋の鮎/百合山羽公

落鮎やいそがぬ船にもたれ行/吟紫

下り鮎待つや一夜の深曇/中島ふき

皓歯には及ばぬ錆や秋の鮎/岩村蓬

山々は鮎を落して色づきぬ/森澄雄

鮎落ちていよ~高き尾上かな/蕪村

寂鮎の川底までも風の音/三橋迪子

落鮎や畠もひたす雨の暮/高井几董

日の丸が畳に鮎の落ちし村/上村占

落鮎の早瀬の向ふ風の村/北澤瑞史

俳句例:21句目~

寂鮎や雨厚うして美濃の国/岸田稚

落鮎の落ちつくしたる素十六/間石

山々の揃ひ尖りて下り鮎/伊藤柏翠

身の秋を淵にひそむや子持鮎/吟江

落鮎や一夜高瀬の波の音/立花北枝

星多き夜は落鮎の漁豊か/岩内萩女

杉林ほのぼのかこふ落鮎や/松澤昭

錆鮎の田楽月の濃かりけり/下田稔

水嵩に落鮎簗を乗り越えし/稲岡長

錆鮎やすでに霜ふる笹のいろ/楸邨

夜の秋の鮎の歯白し皿の上/野沢節子

句劣る蕪村拾遺や秋の鮎/河東碧梧桐

今は身を水に任すや秋の鮎/高井几董

下り鮎ひるげの中洲昃るなり/及川貞

落鮎の鰭美しく焼かれけり/桜木悛晃

鮎落ちて車中に眠る女かな/岸本尚毅

鮎落ちて美しき世は終りけり/莵絲子

寂鮎の瀬の末にして淀あをき/秋櫻子

とも釣りの囮の鮎や秋の風/増田龍雨

早房に釣つて落鮎大いなり/三宅句生

俳句例:41句目~

落鮎食ぶ鮎の眼を笹に隠し/鈴木栄子

海近き橋落鮎のせめぐなり/松村蒼石

渋鮎の着きし厨の真暗がり/前田普羅

落鮎や寄せこみ孕む簗の水/石川桂郎

鮎落ちて川風尖る滝の径/内山由美子

落鮎の落ちゆく先に都あり/鈴木鷹夫

落鮎に山々襞をふかめたり/三嶋隆英

落鮎に星曼陀羅の深夜かな/加藤楸邨

雨三日犀川溢れ鮎落ちぬ/筏井竹の門

落鮎に酒少しある一佳宵/遠入たつみ

落鮎に龕灯の灯の走りたる/江口竹亭

落鮎のあはれや一二三の簗/加舎白雄

霧ごめの落鮎といふ腸苦し/山口草堂

落鮎や流るる雲に堰はなく/鷹羽狩行

鮎落ちていよいよ高き尾上かな/蕪村

錆鮎やことばをつくす出雲びと/原裕

落鮎の白瀬に次の白瀬見ゆ/宮津昭彦

落鮎のそは美しく狂ひけり/吉田紫乃

錆鮎やいたはられゐる小盃/石田波郷

落鮎や海となりたる蘆の風/野村喜舟

俳句例:61句目~

錆鮎の焼けるを待ちて磧に居/梶尾黙

落鮎を焼く火明りに霧こめて/瀧春一

落鮎の遠き熊野の灯色かな/宮武寒々

落鮎や浴衣の帯の黄を好み/田中裕明

鮎落ちて大日も錆びにけり/山口草堂

落鮎の骨身を離るるに淡し/衣川次郎

落鮎の奔流に乗る大雨あり/藤原如水

秋鮎を流して雨後の相模川/石塚友二

忌拂ひの膳にのぼりし秋の鮎/上村占

旅心定まるや秋の鮎の頃/河東碧梧桐

落鮎追ふ四万十川の夕明り/樋富喜美

一木に一草に鮎落ちるころ/綾部仁喜

錆鮎の尾の反り返る簗料理/村上辰良

村の灯のいつか街の灯下り鮎/有吉桜雲

渋鮎の腹沙噛む夜寒かな/菅原師竹句集

渋鮎を焼く入口の炉をまたぐ/前田普羅

濁り引く落鮎の瀬は空を染め/松村蒼石

石見路のしぐれやすさよ子持鮎/飴山實

秋鮎の恍惚として焼かれけり/堀口星眠

秋鮎を焼くうす闇に櫛おとす/松村蒼石

俳句例:81句目~

落鮎が妻の遺骨をかじりけり/猪原丸申

落鮎と擦れ違ひゆく踊り笠/鳥居おさむ

落鮎になほ簗といふ関所あり/清水忠彦

落鮎に交る鰻もすぐ焼かれ/田畑美穂女

落鮎に落ちくる塗の箸四本/小檜山繁子

落鮎のあるひは山に向ひけり/三好達治

落鮎のすでに揃はずなりし宿/藤崎久を

落鮎の串打たるるに瞠らきぬ/角川照子

落鮎の串抜きてなほ火の匂ひ/黒田杏子

落鮎の口真一文字とはいかず/野中亮介

落鮎の夕日を引いて釣られけり/大串章

落鮎の山川昨日のにごりなし/皆吉爽雨

落鮎の最後の橋をくぐりけり/赤塚五行

落鮎の沙汰の届いてをりし竿/豊田淳応

落鮎の生簀に鱒の混りをり/小野口/豊

落鮎の皮のゆるびて大いなる/草間時彦

落鮎の簀竹に光り身じろがず/館岡沙緻

落鮎の簗に安らぐこともなく/高濱年尾

落鮎の薬餌の腸も食ふべけり/皆吉爽雨

落鮎の貌の厳しく焼き上がる/田中雅子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ