季語/三月菜(さんがつな)を使った俳句

「三月菜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「三月菜」について

【表記】三月菜

【読み方】さんがつな

【ローマ字読み】sangatsuna

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

三月菜を含む俳句例

よし野出て又珍しや三月菜/蕪村

嶽の秀に風が雲捲く三月菜/川合尋

籠の鳥にも一枚の三月菜/下坂速穂

三月菜つむや朝雨光り降る/渡辺蟹歩

三月菜洗ふや水もうすみどり/谷迪子

三月菜真上の鳶がつと流れ/高澤良一

壇家より届きし布施の三月菜/岡安迷子

檀家より届きし布施の三月菜/岡安迷子

見も知らぬをんなの手紙三月菜/細川加賀

座して座して母球となれ三月菜/藤村多加夫

童顔をたたへられ摘む三月菜/長谷川かな女

風よけの鳴く音にあをき三月菜/篠田悌二郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ