季語/春の雲(はるのくも)を使った俳句

「春の雲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の雲」について

【表記】春の雲

【読み方】はるのくも

【ローマ字読み】harunokumo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春雲(はるぐも:harugumo)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の雲を含む俳句例

今植し桜や世々の春の雲/也有

なが旅の水の上ゆく春の雲/裕

平和像虚ろな春の雲浮かす/原裕

春雲の紅ロザリオの青破片/原裕

春の雲嬰に三歩の力足/高橋青矢

春雲や甍の上の峯の上/尾崎迷堂

山遊び我に隨ふ春の雲/石井露月

間隔を置き峰に松春の雲/上野泰

壺暗く烏啼く日の春の雲/桂信子

夕されば春の雲みつ母の里/龍太

入港に伝書鳩まづ春雲ヘ/福田蓼汀

電柱が今建ち春の雲集ふ/西東三鬼

庭松に一つの春の雲久し/田村木国

蓼科に春の雲今動きをり/高浜虚子

春雲のかげを斑に浅間山/前田普羅

苜蓿の香や春の雲眼尻に/石塚友二

色の欲はつかに残り春の雲/森澄雄

浅間山どの春雲も動くかな/森澄雄

春の雲一村暗くして行きぬ/佃悦夫

武蔵野に大きな春の雲浮ぶ/森田峠

俳句例:21句目~

丘の上に中学校と春の雲/遠藤梧逸

鯉浮いて山の春雲一つ啖ふ/森澄雄

村あれば教會がある春の雲/上野泰

故郷は胸中にあり春の雲/名取袿子

鳥声を呑んで地にあり春の雲/暁台

春の雲弘法像は旅にあり/四條五郎

時鐘鳴る間も秒の音春の雲/上野泰

春の雲庇に沿ひて流れけり/上野泰

春の雲眺めひねもす玻璃戸中/茅舎

大空に春の雲地に春の草/高浜虚子

春の雲相寄るやみな曇りある/楸邨

春の雲牛の角双つ曲りたる/瀧春一

宝石の大塊のごと春の雲/高浜虚子

少しづつ庇に吸はれ春の雲/上野泰

竣工の船の上ゆく春の雲/五十嵐播水

童女来る獄舎の丘に春の雲/宮武寒々

行春の雲吹かれとぶ実相院/萩原麦草

光りつつ冷たき春の雲がゆく/関成美

行春の雲居に由布の耳双つ/岡田日郎

輝いてゐる部分だけ春の雲/千原叡子

俳句例:41句目~

土手の木の根本に遠き春の雲/草田男

金を借ととのへて疲る春の雲/瀧春一

雨晴れて南山春の雲を吐く/夏目漱石

大山はナポレオン帽春の雲/川端茅舎

青空や狼烟のやうな春の雲/星野麦人

高空の無より生れて春の雲/相馬遷子

山々の丈くらべつつ春の雲/加藤耕子

忘れ潮いくたび春の雲通る/大嶽青児

採氷池あかるみ春の雲わたる/瀧春一

山の名を聞いて忘れぬ春の雲/大串章

春の雲とぶや函嶺の裏関所/三好達治

春の雲より囁きの光りかな/尾崎三翠

春の雲一つになりて横長し/村上鬼城

春の雲一群窓を過ぎて絶ゆ/相馬遷子

春の雲君は青ざめて素通り/遠山郁好

ひかげりて皆打仰ぐ春の雲/松藤夏山

春の雲火の山にあり空になし/瀧春一

春の雲石の机は照りかげる/加藤秋邨

春の雲空に多くて昃らず/波多野爽波

春の雲落葉は軽くなりにけり/上野泰

俳句例:61句目~

春の雲鴎が乗れば揺り籠に/渡辺恭子

浮かびくる鯉の大口春の雲/本宮哲郎

滴れる海女立ち春の雲遠し/西村公鳳

琴瑟のたへにも春の雲井哉/尾崎紅葉

田に人のゐるやすらぎに春の雲/魚目

百代の過客のための春の雲/深谷雄大

ビルの窓に大阪城と春の雲/高浜年尾

百姓の肩のうへなる春の雲/橋本鶏二

照り昃るロココの古城春の雲/山本歩禅

春の雲人に行方を聴くごとし/飯田龍太

二朶三朶春雲まぶし仰ぎ臥す/山崎光尋

春の雲墓の宗祇をゆりおこす/角川源義

春の雲夕べ極楽いろさしぬ/柴田白葉女

春の雲溶けて流れて結ばれて/高浜虚子

春の雲ほうつと白く過去遠く/富安風生

硝子割れ病者に春の雲ぢかに/西東三鬼

流れ来て春の雲たり金欲しき/岸風三楼

改札をしんがりに出て春の雲/茂里正治

曇りはてず又夕ばえぬ春の雲/正岡子規

立身てふ答辞のことば春の雲/橋本榮治

俳句例:81句目~

春の雲うち重なりて色得たる/高木晴子

玄海の波あらく春雲置かず/細木芒角星

落ち来るは久米の仙人春の雲/日野草城

廊下尽きて唱歌室あり春の雲/永井龍男

春の雲子を木登りに誘ひけり/後藤松渓

うたよみら歩ます池の春の雲/加藤耕子

さえ返る精舎の春の雲井かな/飯田蛇笏

どこやらが冬どこやらが春の雲/比奈夫

のんのんと海上に出る春の雲/高澤良一

春の雲押し上げてつく紙風船/上野澄江

山屹ちて道遮れり春の雲/久保田万太郎

ほしつくす鰯のはてや春の雲/会津八一

春の雲触れ行く庵に一人住む/村松紅花

鶴引きし野山に春の雲一朶/冨田みのる

ゆく春の雲血のごとし地に癩者/山本肇

わが影の消えて生れて春の雲/稲畑汀子

エプロンの下よりズボン春の雲/皆吉司

飛行機雲二本交叉す春の雲/田川飛旅子

春の雲梢離れなば未来なし/佐野まもる

春の雲縛を解かれて飛んでをり/上野泰

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ