季語/節分(せつぶん/せちぶ)を使った俳句

「節分」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「節分」について

【表記】節分

【読み方】せつぶん/せちぶ

【ローマ字読み】setsubun

子季語・関連季語・傍題・類語など

・節替り(せつがわり:setsugawari)

季節による分類

・「せ」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

節分を含む俳句例

竹運ぶ船節分の雨の中/龍男

節分の大戸開きし灯かな/徹人

節分や夕焼の濃き杏色/森澄雄

節分も仏と誓ひ老にける/宋屋

節分は我年とひに来る子哉/猿雖

節分の夜舟につむや大豆俵/諌元

送らるる節分の夜のよき車/立子

節分の高張立ちぬ大鳥居/原石鼎

節分の闇濃く猫の戻り来し/原裕

節分をともし立てたり獨住/召波

節分や肩すぼめゆく行脚僧/露伴

節分や流転重ねし豆の数/美津夫

年々に大豆算用や節分の夜/貞頼

節分の提灯下げて寺男/松藤夏山

節分や梢のうるむ楢林/綾部仁喜

節分の厠灯してめでたさよ/温亭

節分の高張くらき大社/和田有弘

節分の星流れたり海の幸/中拓夫

節分や八百八町月の辻/野村喜舟

高張に続くお練や節分会/林尚子

俳句例:21句目~

節分の夜の工燈地に置かる/鬼房

節分の豆にまじろぎ檻の鷲/楸邨

節分の夜ふる雨や鬼あらひ/貞徳

節分の赤鬼がをる夕浅間/森澄雄

青き星節分の坂乾ききる/松根久雄

節分の月傾けし軒端かな/縣多須良

節分の水ふくるるよ舟溜/村沢夏風

節分の海の町には海の鬼/矢島渚男

節分の夕日を弾く鬼瓦/八木岡宏子

節分の熔接光の闇を切り/関森勝夫

節分がくる雌鶏の声聞けば/原田喬

学会を了へ節分の夜の町/千原草之

節分の熱き炬燵に宿直す/木村蕪城

節分の袂重ねて法話聞く/吉村敏子

節分の豆少し添へ患者食/石田波郷

節分の朝日が低き家の上/大井雅人

浅草の節分のお札もまれ/喜谷六花

節分の雨の水輪の幾瞬き/高澤良一

無患子の実の残れるを節分会/綾子

節分の雪の精進落しかな/手塚美佐

俳句例:41句目~

献灯の一つ点らず節分会/引間芳春

節分と知つてや雀高飛んで/森澄雄

節分に大豆二合くふやり手哉/金瓦

節分やちろ~燃ゆるのつぺ汁/鬼城

節分や参道市の福づくし/加藤耕子

節分や海の町には海の鬼/矢島渚男

節分や真昼の声の厠まで/横山昌子

節分や身二つにし妻戻る/湯沢麗子

節分のひらぎはわきて冬木哉/立圃

節分や鳩の豆買ふ異邦人/佐藤弘子

節分の丑満詣降られずに/杉田久女

雪掃いて節分の風呂沸しけり/華月

節分の春日の巫女の花かざし/播水

かきくもりけり節分の櫟原/石田波郷

くらがりに貝の舌だす節分会/林佑子

節分や心にひそむ鬼もなし/大谷句佛

節分の弘法めぐり松吹いて/太田鴻村

丘円く節分の陽の通りみち/米田一穂

節分の微も茫もなき大山塊/猿田咲子

節分やおのおの勤よりかへる/瀧春一

俳句例:61句目~

山くだるにぎやかな声節分祭/中拓夫

持てば軽くて節分の鬼の面/辻田克巳

節分や弟のあとの湯に入る/林田隆士

木の間月節分詣たたずむも/皆吉爽雨

節分の鬼まぎれゐる人の渦/香坂恵依

節分の風唸りゐる海の上/大木あまり

節分の鍋釜薬罐古びたり/武田貞二郎

節分の豆食む我れも世に古りぬ/鴻村

節分や太鼓に明ける神の森/菅沢泰子

節分や去らぬ鬼のみふえゆけり/照敏

鰤揚げてより節分の海荒るる/早崎明

節分のひるの鐘うつ瑞竜寺/安養白翠

鬼払ひ雪となりたる節分会/松井利彦

節分の仮面が父の帰り待つ/村田悠水

青空に堂扉を開けて節分会/皆川盤水

胸に受く力士の豆や節分会/島村久枝

鳥糞に未消化な種節分会/川崎ふゆき

節分の夕べあかるき濤がしら/福島勲

節分の雨に来啼ける軒明り/内田百間

節分や田へ出て靄のあそびをり/澄雄

俳句例:81句目~

節分の夜の靄ふかしかんだ川/西山誠

節分の素足かがやく出仕僧/若杉光江

節分の夜や擲ちし煙草の火/山口誓子

節分の豆は槐へ祓ひけり/小林喜一郎

節分の鬼面福面真理出でよ/角川源義

節分の鬼の出てゆく換気扇/長内道子

節分やよい巫女誉る神楽堂/黒柳召波

なよやかに節分の夜の柳かな/中島月笠

節分の燈をともしゐる雪の中/角川春樹

節分会鉄船水に揺れてをり/長谷川浄泉

蓑虫の目だけを出して節分会/前田保子

酒母室の灯も節分となりにけり/岡本眸

湯葉供へあり節分の鬼子母神/細見綾子

節分の道まで濡らし魚屋閉づ/神林信一

節分の雲の重たき日なりけり/稲畑汀子

節分やいつものやうに暗き坂/細川加賀

節分の月に煙草の匂ひたる/深見けん二

節分ののちのおもひに海の音/吉田汀史

節分の夜目に木の橋校舎うら/戸川克巳

節分の子供を分けて通りけり/石田勝彦

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ