季語/節分(せつぶん/せちぶ)を使った俳句

俳句例:101句目~

節分の宵の小門をくゞりけり/杉田久女

節分の小鬼坐れる患者椅子/山田ゆう子

節分の文箱に玄のひかりかな/平松良子

節分の書屋の鬼は追はしめず/亀井糸游

節分の飛騨は終着小鬼よ来い/国しげ彦

節分の鬼となるべく父帰る/落原美佐女

節分の鬼に赤んべして居る児/竹内和子

節分の鬼の破りし障子貼る/吉田立冬子

節分の鬼追ひ出して早寝せり/阪口良子

節分や鬼もくすしも草の戸に/高浜虚子

節分や子の赤鬼がかくれゐて/原コウ子

節分や寒気の熊と温気の象/秋元不死男

節分や星一つ湧き一つ消え/渡辺恵美子

節分の町へさしたる窓あかり/後藤夜半

節分の陽に透き烏賊の滴れる/池田和子

米洗ふみづひかりをり節分会/原けんじ

節分や玻璃越しに酒量らるる/木村蕪城

節分の燭をくばるよ春日巫女/角川春樹

節分の星かたよりし戸口かな/佐野青陽人

伸べし手の闇に吸はるる節分会/大石悦子

俳句例:121句目~

出でて掘る蓮根節分の料ならん/栗生純夫

節分の鬼の出てゆく鉄のドア/北見さとる

父母に遠く節分の豆たうべけり/小林康治

節分に焚かる護摩火に吾が運勢/森定南楽

節分や護摩木に雨のにじみあと/加藤耕子

節分の豆かみしめて無聊の日/八幡城太郎

節分の豆を掴みて躊躇へる/阿部みどり女

節分の追はれし鬼と路に会ふ/猪俣千代子

節分の鬼戻りしか夜の地震/小笠原喜美子

節分の豆をだまつてたべて居る/尾崎放哉

節分のあとの朝雲うごきけり/藤田あけ烏

節分の巫女の緋ばかま雪を刷き/斎藤一菜

節分の夜の更け鬼気も収れり/相生垣瓜人

節分の夜も更け鬼気も収れり/相生垣瓜人

節分の夜のボクサーの乱打され/後藤眞吉

節分の赤ちょうちんや魂ずらり/川本洋栄

豆踏むは象のごとくに節分会/鳥居おさむ

節分の豆が山河をこぼれ落つ/渡辺誠一郎

節分の髷とて結ひしこともなく/大橋敦子

節分や土間に溶けたる傘の雪/鈴木真砂女

俳句例:141句目~

節分のひとかたまりの夜が動く/海輪久子

節分やつもるにはやき町の雪/久保田万太郎

節分の假装の雪を呼びにけり/久保田万太郎

節分や雨にかはりし雪の冷ェ/久保田万太郎

敷松葉節分さむき日なりけり/久保田万太郎

節分やートきりかこむ大火鉢/久保田万太郎

節分やこゝに貧しき一ト夫婦/久保田万太郎

節分の火の粉を散らす孤独の手/鈴木六林男

節分やいまはた老いし妓たち/久保田万太郎

節分や家ぬちかゞやく夜半の月/水原秋櫻子

節分の何げなき雪ふりにけり/久保田万太郎

節分やきのふの雨の水たまり/久保田万太郎

節分の人影大きく夜の障子/長谷川みどり女

節分や毬つきそらす雪のうヘ/久保田万太郎

節分や灰を均してしづこゝろ/久保田万太郎

節分をみかけて雪のふりにけり/久保田万太郎

節分やこのごろとほくなりし耳/久保田万太郎

節分のいづれも前座ばなしかな/久保田万太郎

鬼の子のはしやぎて逃げる節分会/平岡喜美子

節分の化けおほせたるおちよぼかな/後藤夜半

俳句例:161句目~

節分やたまたまとほる寄席のまへ/久保田万太郎

節分やはやくも酔ひしたいこもち/久保田万太郎

職場の掲示に節分に式挙げるニウス/田川飛旅子

節分の雨ぬくければにほふなり/飛鳥田れい無公

節分凍てずこの川のいづこへ行くぞ/飛鳥田れい無公

インキの染みた指で節分の豆を数へてゐる/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました