季語/竹の実(たけのみ)を使った俳句

「竹の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「竹の実」について

【表記】竹の実

【読み方】たけのみ

【ローマ字読み】takenomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

竹の実を含む俳句例

秋の日や竹の実垂るる垣の外/龍之介

竹の実や少年の日の藪のこり/橋本冬樹

竹の実を結びしのちの月日ふと/湯川雅

竹の実を見れば不吉といふ里に/星野椿

竹の実の垂れてほろびし物語/秋山巳之流

償いの果て竹の実を見つめている/宮崎斗士

竹の実の嵯峨の時雨に遇ひにけり/青木重行

竹の実やふたゝび建たぬ倉の跡/峰岸ちか子

竹の実を噛みくだき居る安居かな/永田耕衣

竹の実を結びしこともひそかにて/稲畑汀子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ