季語/檸檬(れもん)を使った俳句

「檸檬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「檸檬」について

【表記】檸檬

【読み方】れもん

【ローマ字読み】remon

子季語・関連季語・傍題・類語など

・レモン(れもん:remon_)

季節による分類

・「れ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

檸檬を含む俳句例

初旅の鞄一個のレモン秘む/井上雪

檸檬青し海光秋の風に澄み/西島麦南

生国にいちばん近い檸檬の木/松澤昭

レモン吸う難民家族聖家族/対馬康子

扇風機籠のレモンに風送る/横山白虹

仏像の残像/檸檬供えたく/和田悟朗

檸檬一つかじれば澁澤龍彦死す/皆吉司

雪の窓メロンの緑レモンの黄/日野草城

嵐めく夜なり檸檬の黄が累々/楠本憲吉

裸電球檸檬はるかな街に居る/小原洋一

鷹の目の檸檬色して岬見る目/石田波郷

立冬のレモン刻むも/一思想/松本恭子

白煮立つしぼり残のレモン酢/水落露石

生涯に一つの秘密レモンの黄/木下夕爾

手の中の檸檬の罪はまだ未決/大西泰世

檸檬買ふ夜空の青さ春なりし/館岡沙緻

三月やレモン噛み来し妻の唇/草間時彦

檸檬買ひ帰る稲妻しきりなる/館岡沙緻

雪降り来牛乳とレモン睡る窓/小池文子

暗がりに檸檬浮かぶは死後の景/三谷昭

俳句例:21句目~

青天やレモンの如くひよこ撒き/渋谷道

食卓にレモンと鰯文化の日/山田みづえ

檸檬かじつて癇癪の果てありぬ/松澤雅世

レモン一片グラスに浮きて春隣/館岡沙緻

夜々の星檸檬をしぼりながらへて/三谷昭

沈黙は金のレモンの香なりけり/細川加賀

売文のめくそはなくそ冬レモン/寺田京子

レモン大の雫おちくる雪国晴れ/桜井博道

雪の日の口にひろがる檸檬の香/高澤良一

レモン熟れ鳩の輪海に偏れり/中戸川朝人

海ちかし旭のレモン靄まとふ/川島彷徨子

萎へてゆく檸檬が皿に会議中/大江まり江

よそよそしくをりし相席檸檬汁/嶋田麻紀

檸檬忌に親しみし人逝きて寒ム/石原八束

女の嘘牡蠣とレモンを胃に染ませ/三谷昭

ドイツにて友ら檸檬をしぼるのか/松澤昭

聖痕にふれ来てにがきレモン水/有馬朗人

檸檬盛つて夜は酒售る駅前茶房/鈴木栄子

春の夜や檸檬に触るる鼻のさき/日野草城

初鳴やレモンスカッシュ一息に/大石悦子

俳句例:41句目~

檸檬採り尽さば影はかなしまむ/野呂春眠

レモンすする妊婦に胎動始れり/山口恵子

冬凪の檸檬色づくほのかなり/水原秋櫻子

青レモンもだし通して飛機の旅/寺田京子

レモンは灯にわが同年の橋腐る/寺田京子

静脈のほのかなる手に檸檬きる/西島麦南

鞦韆やひとときレモンいろの空/石田小坡

煖房やレモン搾りし掌を拭かず/内藤吐天

鏡餅にレモンを据ゑて中年なり/沢木欣一

レモンティ春夕焼けの消ゆるまで/小林寿子

レモン添え外食めきぬ牡蠣フライ/高澤良一

レモン齧れよ青空の落ちて来よ/夏井いつき

旅の夜を檸檬しぼるや孤りなり/星野麦丘人

寒き日の踏絵に差せばレモン色/佐野まもる

レモン厚切り春の休日優雅にす/鈴木真砂女

春月や切ればわが家にレモンの香/中島斌雄

春泥にこぼれてかたし花レモン/保田白帆子

檸檬の香ながれて春の立ちにけり/杉山岳陽

檸檬噛むラガーの憩ひ吹かれつつ/岡田貞峰

檸檬忌のれもんの木より黒揚羽/文挟夫佐恵

俳句例:61句目~

檸檬見てにじみしつばの薄暑かな/草間時彦

海の日の海見ゆる席レモンティー/山崎房子

秋の蝉鳴けど消えざるレモンの香/飯田龍太

秋刀焼くレモンのやうな月が出て/西村和子

薄切りのレモン沈めてアイスティ/住田歌子

蝙蝠やレモンスライスびっしりと/永末恵子

裏の児のかほはレモンに似たる哉/滝井孝作

離婚へ導く無責任なるレモン/長谷川かな女

ある日には爆弾の耳をして/檸檬/松本恭子

霜晴れのどこかにレモン匂ひをり/内藤吐天

ほろびゆくスバルよ檸檬しぼりつぐ/三谷昭

サイダーに浮ぶ檸檬のやうな午後/嶋田麻紀

青年飢えてつねにレモンの香を放つ/穴井太

スカートの襞をゆたかに檸檬切る/谷口摩耶

ポケツトにレモンが一つ春の星/成瀬桜桃子

レモンいれて紅茶薄るる朝から雪/内藤吐天

レモンの黄に迫る薄暮を春と思ふ/細見綾子

レモン切るより香ばしりて病よし/柴田白葉女

送り出してひとりの朝餉レモン切る/寺岡捷子

六月の樹のふくらみやレモンティー/三浦澄子

俳句例:81句目~

牡蠣にレモン滴らすある高さより/正木ゆう子

レモンてふ言葉聞くさえ歯が浮いて/高澤良一

木の卓にレモンまろべりほととぎす/草間時彦

レモンかじれよ青空の落ちて来よ/夏井いつき

指ふれしレモンや風邪をつのらする/野澤節子

搾れば薫る討入の日のレモンかな/夏井いつき

いつまでも眺めてゐたりレモンの尻/山口青邨

じやこ炒つてレモン絞つて春浅し/八木林之介

長風邪の或る日レモンを買ひに出づ/細見綾子

吸ひ込まるふくらふの目のレモン色/高澤良一

鉄塔のもとかなしみのレモン切る/北原志満子

恋ふたつ/レモンはうまく切れません/松本恭子

檸檬ぬくし癒えゆく胸にあそばせて/鷲谷七菜子

ひとひらのレモンに突き放されている/鎌倉佐弓

檸檬噛りゐたりケルンを積みゐたり/加藤三七子

原子めく檸檬でいたい/いたいんです/松本恭子

冴ゆる夜のレモンをひとつふところに/木下夕爾

一つ買うレモンはハンドバッグに蔵う/中村路子

レモン置きしばらくそこに冬しづもる/桜井博道

レモンかじる今宵も壁越しトランペット/松本恭子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ