季語/蜻蛉生る(とんぼうまる)を使った俳句

「蜻蛉生る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蜻蛉生る」について

【表記】蜻蛉生る

【読み方】とんぼうまる

【ローマ字読み】tombomaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・やご(やご:yago)

・やまめ(やまめ:yamame__)

・太鼓虫(たいこむし:taikomushi)

・蜻蛉の子(とんぼのこ:tombonoko)

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

蜻蛉生るを含む俳句例

蜻蛉生れ細谷川を遡る/相馬遷子

沢瀉に泉の蜻蛉生れけり/根岸善雄

蜻蛉生る左右前方潮の筋/成田千空

蜻蛉生る牛の水場に白樺/太田土男

悪童の集まつてをり蜻蛉生る/湯川雅

草の露抱いて蜻蛉生れをり/羽野蕗村

蜻蛉生る多摩の金泥銀砂子/久米正雄

蜻蛉生れ雷迫る野を漂へり/中井眸史

水底のその夢色に蜻蛉生る/上田日差子

沼光る中に光りて蜻蛉生る/石井とし夫

蜻蛉生る動いてやまぬ太陽も/二村典子

蜻蛉生る花藻に薄翅震はせて/西山泊雲

蜻蛉生れすぐ風葬野に紛る/加倉井秋を

蜻蛉生れ白鷺の羽音空に満つ/久米正雄

釣堀や蜻蛉生るゝこのあたり/増田龍雨

とんぼの子昭二郎奴は子に溺れ/阿部完市

耳裏で風鳴り蜻蛉生れけり/長谷川かな女

萱に生るゝ蜻蛉大臣も此日生る/久米正雄

蜻蛉生る祈るかたちに草掴み/伊藤伊那男

蜻蛉生る羽根に透けたる湖の色/田村恵子

俳句例:21句目~

蜻蛉生る翅をたゝみて風に耐へ/成瀬千代

蜻蛉生れてくらくらと水の上/山上樹実雄

蜻蛉生れ覚めざる脚を動かしぬ/中村汀女

蜻蛉うまれ緑眼煌とすぎゆけり/水原秋櫻子

蜻蛉生るかなしき翅をひろげつつ/柏崎夢香

蜻蛉生れかちわたる子らの尻まるく/瀧春一

蜻蛉生れ早や精霊と名付けらる/櫛原希伊子

蜻蛉生れ水草水になびきける/久保田万太郎

降る火山灰に蜻蛉生れんとしてゐたり/西村数

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ