季語/大暑(たいしょ)を使った俳句

「大暑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「大暑」について

【表記】大暑

【読み方】たいしょ

【ローマ字読み】taisho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大暑来る(たいしょくる:taishokuru)

・大暑の日(たいしょのひ:taishonohi)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

大暑を含む俳句例

印泥に油泛きたる大暑かな/石嶌岳

翠巒のいつ鷹放つ大暑かな/飴山實

月餅の油湿りの大暑かな/高澤良一

猶癌の予後延命の大暑作/橋本夢道

遠方を大暑をしかも女客/尾崎紅葉

友の来て大暑半日懶け得る/石川桂郎

噴煙の吐く穴動く大暑かな/加藤憲礦

天井に圧へられをる大暑かな/上野泰

細々と杉に雨ふる大暑かな/増田龍雨

塩壺に醤油が隣る大暑かな/高澤良一

筆硯大暑の眉を張りにけり/細川加賀

壁をなす大暑の鴉青く見ゆ/進藤一考

夏帽子鰻と化けし大暑かな/高橋睦郎

寺の磴百段にして大暑かな/倉田紘文

大寒に似たる大暑の榧仏/鳥居美智子

屠殺場の牛の涙す大暑かな/石原八束

氷抱く婢の聲透る大暑かな/横光利一

白桃や大暑の街を遠くにす/桜井博道

兎も片耳垂るる大暑かな/芥川龍之介

大暑なり寒暖計も迎合す/相生垣瓜人

俳句例:21句目~

川風に海の匂へる大暑かな/辻美奈子

畳から柱の立ちし大暑かな/古館曹人

頷いてばかり大暑の電話口/高澤良一

鄙びたる宿の大暑の熊の肉/中山純子

大阪の屋根の歪みも大暑かな/桂信子

父として街道を行く大暑かな/妹尾健

参道を掃く音揃ふ大暑かな/橋本榮治

返信の筆も鈍れる大暑かな/高澤良一

人中にいでて大暑の薄羽織/石原舟月

身辺にものの少き大暑かな/高野素十

焦げ臭き踏切渡る大暑の日/浜喜久美

月末の忘れし頃に大暑かな/高澤良一

大暑襲ひ来る一菜の夜の膳/中島月笠

渡良瀬の川音もなき大暑かな/辻桃子

先達を崇め忘れん大暑かな/三橋敏雄

漆黒のピアノ据ゑたる大暑かも/林翔

大暑の塀少年が爪擦つて行く/大高弘達

大暑の市を去る事二町橋の月/尾崎紅葉

大暑来るあら塩をもて歯を磨き/神蔵器

大暑来る線一本がこけしの眉/豊山千蔭

俳句例:41句目~

大津絵の瓢のながき大暑かな/榎本好宏

山割りて自ら没す大暑の陽/中村草田男

山起伏して乱れなき大暑かな/飯田龍太

庭木なる葉の一枚を見て大暑/皆吉爽雨

足音が足音を追ふ大暑かな/郡山とし子

日傭の鉄を鋳て居る大暑かな/尾崎紅葉

月高く大暑にくらき野山かな/京極杜藻

木星に星ぶちあたる大暑かな/広瀬杜志

東京に病む人問はず大暑来ぬ/相馬遷子

なき砂をもらふ大暑の芭蕉庵/鈴木太郎

なまくらな鋏を使ふ大暑かな/高澤良一

橋脚のくらさを大暑すぎゐたり/中田剛

ぶつかつて校門固き大暑かな/高橋富里

水晶の念珠つめたき大暑かな/日野草城

指先に睡魔ふくらむ大暑かな/谷口桂子

湖深く大暑の緑澄みにけり/鷲谷七菜子

町なかに蛇の死ゐる大暑かな/徳田秋声

大暑過ぎすでに秋思に胸満たす/及川貞

白波の珠ところがる大暑かな/浅井一志

目前で僧がのろへる大暑かな/筑紫磐井

俳句例:61句目~

一瀧をもて縦となす大暑かな/安東次男

七曜を多忙に大暑二タ乳房/河野多希女

丸太にも裏側のある大暑かな/岡田史乃

石坂は影もゆるさず大暑くる/伊藤京子

石段を矮鶏駆け上る大暑かな/細川加賀

紙反古の僅かを捨つる大暑かな/井上雪

絲取女笑ふを聞かず大暑来る/相馬遷子

自らを恃みて耐ふる大暑かな/景山筍吉

僧となる鰻も滅入る大暑かな/筑紫磐井

光秀の墓に人ゐる大暑かな/藤井ひろ子

若死のあとさき大暑変らざる/中山純子

薄紙を水より拾う大暑かな/板垣鋭太郎

西陸橋毀されてゆく大暑かな/蒲みつる

足袋白く埃をさけつ大暑かな/室生犀星

間違うてよい風の来る大暑哉/尾崎紅葉

大仏の前屈みなる大暑かな/栃木絵津子

大暑かな吉備津に坐る鬼の釜/佐藤古城

雀らの地べたを消して大暑あり/齋藤玄

雨雲の沖に根付きし大暑かな/青木重行

飯粒のこぼるゝことや大暑の子/飴山實

俳句例:81句目~

大暑なり能登黒瓦かがやけり/高島筍雄

鶏鳴のちりりと遠き大暑かな/飯田龍太

傀儡のくづれて眠る大暑かな/佐藤美恵子

年ごとに大暑の忌日迎へけり/山口波津女

いちにちの大暑の夕日嶺が曳く/雨宮抱星

かたちよき濤たちあがる大暑かな/辻桃子

虫糞にいちじくよごれ大暑来ぬ/内藤吐天

この大暑逃れんための一ねむり/高澤良一

しづかさの背骨にしづむ大暑かな/森澄雄

しんとして水流れゐる大暑かな/長谷川双

猫の尻見せられてゐる大暑かな/仙田洋子

つひにわれ八方破れ大暑来ぬ/牛山一庭人

とんぼうの腹の黄光り大暑かな/室生犀星

平らなる大暑と青田農夫小さし/西東三鬼

東京にちゝはゝいます大暑かな/相馬遷子

ひと死んで涙盡せる大暑かな/石田あき子

まづ佐渡の大鳶と会ふ大暑かな/佐川広治

瓜もみの加減も馴れて大暑かな/中村汀女

暮れぎはも大暑の欅ゆるぎなし/藤田湘子

胎の子が逆さにねむり大暑なる/中山純子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ