季語/鳥追(とりおい)を使った俳句

「鳥追」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳥追」について

【表記】鳥追

【読み方】とりおい

【ローマ字読み】torioi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鳥追小屋(とりおいごや:torioigoya)

・鳥追櫓(とりおいやぐら:torioiyagura)

・鳥追唄(とりおいうた:torioiuta)

・鳥追遊び(とりおいあそび:torioiasobi)

季節による分類

・「と」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

鳥追を含む俳句例

鳥追や顔よき紐の真紅/飯田蛇笏

鳥追や編笠と其の笠の紐/角田竹冷

月の出の峠振り出し鳥追衆/下田稔

白い手の鳥追もあり若菜畑/千代尼

輪を高む鳶鳥追の触太鼓/宮津昭彦

鳥追のゆききの道の涙橋/野村喜舟

鳥追やゆきゝの道の泪橋/皆川盤水

鳥追やゆきゝの道の涙橋/野村喜舟

鳥追や千住通ひの馬車の中/原月舟

鳥追や夕日に下る九段坂/正岡子規

鳥追や道ばた梅に暮れて月/原月舟

穂がくれや鳥追舟の棹の先/立花北枝

鳥追ひの唄の一章樹霊せり/佐川広治

鳥追うて花つかみ行く巣鷹かな/恕風

鳥追のもうひと囃し幼子に/塩原/傅

鳥追は竹の径をめぐり来る/河越風骨

鳥追や雪少しふる格子さき/羅蘇山人

鳥追を追ふ子戻りぬ傀儡師/安井小洒

ほうほうと鳥追ふこゑや長け蕨/上村占

鳥追やうき世の霜の袖袂/久保田万太郎

俳句例:21句目~

人立つて鳥追舟の案山子かな/子規句集

人絹の鳥追笠の朱ヶの紐/竹下しづの女

鳥追やあぎとに太き笠の紐/高橋淡路女

蛸干して鳥追ふ蜑や須磨の秋/子規句集

鳥追の艶冶こぼるる笠のうち/石原舟月

鳥追の日を道の神子とあそぶ/宮津昭彦

鳥追や二重あぎとにしかと紐/河越風骨

鳥追や土手の蛙が覚めぬやう/矢島渚男

鳥追小屋歳神の座を切株に/八牧美喜子

鳥追の如き案山子に雨斜め/阿部みどり女

鳥追の雪にころぶもありにけり/川島奇北

鳥追ひのしんがりに蹤く雪女郎/角川春樹

鳥追ひの子をまぼろしに夜の雪/角川春樹

鳥追のかほよくて知る人もなし/松瀬青々

繭玉をおろす鳥追ひの子がもどり/角川春樹

鳥追の車掌に剪らす切符かな/竹下しづの女

鳥追ふ子等に裏側灯す雪の谷戸/加藤知世子

明治大正過ぎし鳥追の笠深く/長谷川かな女

まつさきに鳥追小屋を焼きにけり/瀧澤伊代次

鳥追ふや山から谷から兄のこだま/加藤知世子

俳句例:41句目~

児らのうたふ鳥追ひ唄も伝承となりはてにけり杳き雪明り/大滝貞一