季語/梅雨茸(つゆだけ)を使った俳句

「梅雨茸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梅雨茸」について

【表記】梅雨茸

【読み方】つゆだけ

【ローマ字読み】tsuyudake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・梅雨菌(つゆきのこ:tsuyukinoko)

・梅雨の茸(つゆのきのこ:tsuyunokinoko)

季節による分類

・「つ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

梅雨茸を含む俳句例

梅雨茸の傘二つ三つ翁堂/斉藤夏風

余生まだ余力幾許梅雨茸/上原白水

男体山の頂上に生れ梅雨茸/山口恭徳

梅雨茸や赤前垂れの石仏/柴田白葉女

梅雨茸をでかせし家の青簾/前田普羅

井戸も亦晩年ならむ梅雨きのこ/林翔

梅雨茸や低空飛行実に低し/山口誓子

山中に独りの日あり梅雨菌/若月瑞峰

梅雨茸の生えて胡乱の朝かな/小林貴子

梅雨茸の紅に目をとむ暗峠/橋本美代子

梅雨茸の育つ暗さに踏入りて/稲畑汀子

今日も降る傘の大きく梅雨茸/川田長邦

大形に崩れてしまふ梅雨茸/殿村菟絲子

梅雨茸倒れしままの道しるべ/熊谷秋月

梅雨茸にときどき人の話し声/辻田克巳

梅雨茸の頸刎ねて門叩きけり/石塚友二

梅雨茸やさびしき時の丁寧語/金丸敬子

梅雨茸や勤め辞めては妻子飢ゆ/安住敦

梅雨茸を掃いて奥宮仕へかな/片桐孝明

樹海寒しにたりと嗤ふ梅雨菌/渡辺恭子

俳句例:21句目~

水禍頻々朱き梅雨茸土に水に/野澤節子

道標が朽ちて梅雨茸にも劣る/鷹羽狩行

梅雨茸の小さくて黄に君の墓/田村木国

たはやすき恋のごとくに梅雨茸/小林康治

梅雨茸に見たことのなき色があり/上野泰

梅雨茸のもろくも潰え匂なし/河野柏樹子

梅雨茸の烏滸の背丈の煙れるも/小林康治

梅雨茸の子がぞろぞろと古墳山/兒玉南草

梅雨菌足蹴にかけて天気かな/池内たけし

梅雨茸の踏まれて土に戻りたる/稲畑汀子

藍そめや糸干す土間の梅雨茸/宮田とよ子

金の粉をあげて梅雨茸崩れけり/野村親二

黄昏の梅雨茸の怪に憑かれけり/岡安迷子

梅雨茸けむりのごとく掃かれけり/山田弘子

梅雨茸のくらくら光り家売らる/鷲谷七菜子

梅雨茸の人にも見せて捨てらるる/後藤夜半

梅雨茸の咲くわが棺に腰掛けて/野見山朱鳥

梅雨茸をたふし金閣去りにけり/大木あまり

梅雨茸を掃きころがして来りけり/山本京童

梅雨茸を踏みし不吉のにほふなり/桂樟蹊子

俳句例:41句目~

梅雨茸を蹴りころがして誕生日/赤城さかえ

梅雨茸噴く青くらがりの仏みち/つじ加代子

梅雨茸や日も夜もまとふ洋奴の衣/小林康治

神苑のところかまはず梅雨きのこ/藤井圀彦

梅雨茸の臆さず立ちて脚ほそき/金久美智子

離宮道古りぬ梅雨茸あちこちに/五十嵐哲也

わたくしに劣るものなく梅雨きのこ/池田澄子

梅雨茸のふれあうてをる静かかな/佐々木六戈

梅雨茸の赤きフエノロサの墓なりき/桂樟蹊子

ハムレツト梅雨クローデアス梅雨茸/成瀬正とし

梅雨茸のによきによきと二所詣で道/冨田みのる

梅雨茸や洩れ日にひらくコンパクト/上田五千石

炉に生えし梅雨茸炉火に少し焦げ/打出/たけを

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ