季語/鰻(うなぎ)を使った俳句

「鰻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰻」について

【表記】鰻

【読み方】うなぎ

【ローマ字読み】unagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・真蒸し(まむし:mamushi__)

・鰻筒(うなぎづつ:unagizutsu)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

鰻を含む俳句例

湖の霧に現れ鰻舟/今川青風

命けふ鰻肝食べ虔めり/籏こと

大寒の老体五名鰻食ふ/佐藤鬼房

黍青く生簀に土用鰻あり/瀧春一

夜長し家号鰻の絵の添ひて/昭彦

鰻焼く春一番の白波に/岸本尚毅

初不動門前町の鰻の香/片山桃弓

浪黒き鰻十荷や放生会/黒柳召波

病室へ土用鰻の御用聞/開田華羽

霜月や軒にかさねし鰻笊/安住敦

江戸川は鰻活すや夏の月/野村喜舟

寒雁や碁盤目眠る鰻池/百合山羽公

鰻田へ色ある春の雨斜め/河野南畦

鰻池鉄管曲げて冬眠す/百合山羽公

花遅き高遠に来て鰻食ふ/青木重行

鰻松も賑はひみせぬ宵祭/高澤良一

腰の辺に浮く丸桶や鰻掻/竹下竹人

平成の茂吉顔して鰻食ふ/細梅数生

胡座かき古本整理鰻の日/高澤良一

鰻放流沖の鯖雲底光る/百合山羽公

俳句例:21句目~

鰻召せ長寿の因の鰻召せ/高澤良一

三島の宿雨に鰻をやく匂ひ/杉本寛

炎天や笠頼母しき鰻掻き/籾山柑子

放生の鰻は桶の円に沿ふ/大橋敦子

籠のまま土用鰻の到来す/亀井糸游

千早振苔のはえたる神鰻/上島鬼貫

青い月夜の三人が鰻詠む/和知喜八

祭来る顎で重ねて鰻めし/角川春樹

旅疲れ癒す鰻と誘はるる/稲畑汀子

門川や重ね漬けある鰻笊/野村喜舟

鰻笊二つ重ねし生簀かな/後藤夜半

鰻食ふ会社勤めを諾ひつ/清水基吉

鰻食ふ役者を捨てし鼻赤く/下田稔

蘭亭の細き田川に鰻掻く/関森勝夫

荒涼と荒川鰻裂いて貰ふ/細見綾子

涼しさよ鰻頭喰ふて蓮花/広瀬惟然

少年の汗もかかずに鰻裂く/岸本尚毅

川風や鰻を焼いて三代目/大木かず子

鰻松に入れば鰻のやうな客/高澤良一

鰻の香ながす鰻松あな憎し/高澤良一

俳句例:41句目~

店長の売り声もして土用鰻/中沢菊絵

風少しありて助かる鰻の日/高澤良一

形見て鰻焼く待つ麻のれん/石川桂郎

雨の中漁して鰻の地獄どめ/高澤良一

炎天に池を置き去る鰻番/百合山羽公

渓流に土用鰻を活かしをり/高澤良一

ひと切れの鰻啖へり土用丑/石塚友二

否もせも芋の鰻もたびら雪/加藤郁乎

涅槃の日鰻ぬるりと籠の中/飯田龍太

羅のそもそも鰻嫌ひなる/藤田あけ烏

竜巻に野蒜飛ぶなり鰻池/水原秋桜子

放生の鰻ぬるりと沈みけり/齋藤朗笛

土用鰻うの字大きく紺暖簾/蕪木啓子

白にまじり鰻の仔も透ける/大橋敦子

土用鰻劉寒吉の歌と待つ/八木林之助

ゆく雁や船傾けて鰻掻く/大場白水郎

産み月の娘に天然の鰻買ふ/土井朝子

故里の青嶺さびたり鰻食ふ/細見綾子

土間暗く鰻に水を流しおく/森田智子

売物のへちまに似たる鰻筌/関森勝夫

俳句例:61句目~

夏帽子鰻と化けし大暑かな/高橋睦郎

上背ある次男と土用鰻食ぶ/高澤良一

照り返し強し鰻の日の舗道/高澤良一

芽柳の触れゐる鰻供養の碑/花田由子

蜆は朝鰻は午後と漁仕分け/高澤良一

ほととぎす勢田は鰻の自慢かな/許六

浅草の鰻をたべて暑かりし/臼田亞浪

宗右衛門町の裏見て鰻食ふ/浦野芳南

鰻田へ阿波浄瑠璃のなみだごゑ/林徹

背筋丸めてゐたりしが鰻雑炊/神崎忠

鰻食ふための行列ひん曲る/尾関乱舌

芦間より夕日を見遣る鰻掻/佐野美智

仏名や鰻頭は香の薄けぶり/浜田酒堂

鰻食ふ藍ひといろに山迫り/広瀬直人

鰻食べ茂吉の詩魂学ぶべし/福田蓼汀

鰻飼ふ水の続きを蓮田へ/田川飛旅子

鰻池に藁ういてゐる朝ぐもり/桂信子

どの船も鰻掻くなり春浅き/大場白水郎

ひつそりと鰻裂きをり稲の花/岸本尚毅

カンテラを灯し出て行く鰻舟/市川久子

俳句例:81句目~

ルンペンの土用鰻香風まかせ/平畑静塔

僧となる鰻も滅入る大暑かな/筑紫磐井

八つ目鰻割く吸盤に指入れて/吉田紫乃

土用鰻焼いて古利根けぶらせり/瀧春一

夕づくや杉菜をさなき鰻塚/小澤満佐子

夜の鰻突くとておろす蔓梯子/藤原如水

大水車ときに黄河の鰻上ぐ/松崎鉄之助

家長われ土用鰻の折提げて/山崎ひさを

この竹瓮鰻の入る筈なりし/後藤比奈夫

桐咲いて鰻の寝床のやうな町/高澤良一

沖へ放つ帰ることなき親鰻/百合山羽公

沢潟をうなぎの濁す沢辺かな/亡-嵐蘭

河童忌の肩をおとして鰻食ふ/萩原麦草

深草にぽつちりと灯や鰻捕り/田村木国

独り子が寒の鰻を惜しみ食ふ/沢木欣一

田鰻の首持ち上げし落とし水/西谷剛周

秋霖をついて朝より八目鰻漁/高澤良一

簀の鰻がんじがらみに育ちをり/中/裕

網シャツに秋風立つよ鰻番/百合山羽公

草紅葉焦げて鰻の餌の終り/百合山羽公

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ