季語/蕗(ふき)を使った俳句

「蕗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蕗」について

【表記】蕗

【読み方】ふき

【ローマ字読み】fuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蕗刈り(ふきかり:fukikari)

・秋田蕗(あきたふき:akitafuki)

・蕗の広葉(ふきのひろば:fukinohiroba)

・蕗の雨(ふきのあめ:fukinoame)

・欵冬(かんどう:kando)

季節による分類

・「ふ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

蕗を含む俳句例

あるけば蕗のとう/山頭火

自ら蕗の広葉の草の中/素十

傘さして厠に通ふ蕗の雨/憂々

山陰や葉広き蕗に雨の音/闌更

初夏の厨涼しき蕗の風/中勘助

木下闇蕗の葉ずれの音す也/裸馬

沢蕗や冷して曇る果汁缶/金子潮

蕗を煮る厨の窓に瀧頭/斉藤夏風

山翡翆の冠毛立つる蕗の雨/貞峰

蕗をとる二足三足衾雪/飯田蛇笏

蕗の葉や斜めに通る山の雨/黛執

蕗の葉に山吹散りし垣根哉/泉琴

蕗の葉を傾けてゐる蜥蜴哉/篠原

切口を揃へて蕗の煮付かな/展宏

仏法僧寺の水桶蕗浸す/小川原嘘帥

小雨降る蕗の中行く鼬哉/広津柳浪

蕗束ね置かる道の辺はや山中/節子

蕗伏して海の鯖色國の果/古舘曹人

蕗を煮る京の女に京の山/日美清史

蕗原や黒瞳大きな女学生/永島靖子

俳句例:21句目~

民芸館蔵窓ちさき蕗の雨/新井悠二

水こえる波の明るさ寒の蕗/上村占

蕗の葉を傾けし風一里塚/柏原眠雨

蕗の葉を狼藉として切捨てし/篠原

草刈りしあとに蕗の葉裏返る/青邨

春の蕗母金色に煮てくれぬ/脇祥一

春日の蕗の広葉の幾重ね/永井龍男

蕗の葉や馬もくらはず秋の雨/白雄

白粥や雨風の中蕗煮ゆる/斎藤空華

白雨や蕗の葉かへす山の風/中勘助

蕗の茎だけしろい宵なり/北原白秋

北国や蕗の広葉に雨荒し/茂里正治

荒梅雨の蕗原返す妻の脛/小林康治

垣の蕗一握り煮て小蓋もの/及川貞

夜目に湧く雲の白さや蕗畑/上村占

蕗の根のうすもも色や土の春/青圃

滴りの蕗の葉をうつ音なりし/鷹女

藁で蕗束ねて無人販売所/浅見さよ

蕗茂る畑を均して地鎮祭/岩下幸子

蕗茂る木曾にも隠れ切支丹/杉本寛

俳句例:41句目~

蕗畑厄神獅子の通りけり/前田普羅

筍や蕗好かれたる母恋し/野村喜舟

床下の蕗のそよぎや秋の風/会津八一

父娘して蕗むく雨の厨かな/菖蒲あや

あをみたる古潭の蕗に衾雪/飯田蛇笏

がわ~と鳴る蕗の中行きにけり/青邨

蕗ゆでて平生心に戻りけり/細見綾子

けふは蕗をつみ蕗をたべ/種田山頭火

のぼり鮎すぎてまた来る蕗の雨/楸邨

春の寒さたとへば蕗の苦みかな/成美

晒井の泥水蕗にさゞめけり/松藤夏山

蕗の葉や岩肌いまだ霧を曳き/中田剛

蕗の葉の日向日陰をめぐる蟻/中田剛

朝曇善とごとくに蕗は濡れ/下村槐太

蕗の葉の大小に雨到りけり/館岡沙緻

蕗の葉の下手に組むや夕嵐/尾崎紅葉

万三郎仰ぎて蕗を浸しおく/萩原麦草

蕗の葉に蝋燭ともす地蔵盆/宮岡計次

残雪の山々の中蕗採りぬ/石橋辰之助

五月の風蕗の若葉の崖を吹く/瀧春一

俳句例:61句目~

五月雨や蕗浸しある山の湖/渡邊水巴

井のはたに蕗の広葉や雨そゝぐ/彦人

蕗の葉に落暉晩夏の刻の影/下村槐太

母の年越えて蕗煮るうすみどり/綾子

黄昏や蕗茹でる水すぐ沸きて/岸田稚

鎌よりも指が鋭き春の蕗/大木あまり

伽羅蕗や梁塵秘抄口傳の巻/塚本邦雄

邑知人のゆきゝ隠るゝ蕗畑/前田普羅

谷地蕗の群落見ゆる沢が駅/稲畑汀子

谷地蕗に鼕々と鳴り雪解川/高濱年尾

水音の日向さびしく蕗刈れり/小田司

夜目青き蕗の裏戸を出漁す/中村汀女

兌忌や伽羅蕗からき旅の膳/細川加賀

大釜に蕗茹でて居る大覚寺/田中冬二

祖母の忌の雛に日溜り蕗の下/飴山實

蕗の葉に山女三匹空青し/福田甲子雄

奥まって御廟虫喰い蕗の中/高澤良一

水桶の蕗のみどりや春火鉢/角川春樹

窓開けて見るは木雨の蕗畑/石川桂郎

蕗の葉に太き雨脚山暮るる/田中冬二

俳句例:81句目~

休日の蕗煮る厨わが愛す/福永みち子

寒中の蕗掘られ来て箸洗ひ/石塚友二

倒れ木をふまへ下りるや蕗の沢/立子

眉の間に一蝶飼へり蕗月夜/宗田安正

裏庭と言はず蕗生ふまどの雨/及川貞

草刈や蕗の葉もりの蔓いちご/ぶん村

秋海棠窓下の蕗の中にまで/瀧井孝作

蕗の傘興じさしつれ旅の者/山口青邨

蕗原野貫く道を行くばかり/稲畑汀子

滝浴る衣脱ぎ置くや蕗の中/籾山柑子

山水に夏めく蕗の広葉かげ/飯田蛇笏

伽羅蕗の滅法辛き御寺かな/川端茅舎

山里や木小屋の中を蕗の川/飯田蛇笏

母の忌に筍と蕗寄せて煮く/岸てる子

筒鳥や胸をしぬげる阿寒蕗/飯塚秀城

峡くれば鶺鴒ひそむ蕗の中/加藤楸邨

川音や蕗叢を行く膝の丈/藤田あけ烏

蕗の葉や旅の荷に画布括りつけ/中田剛

蕗の雨隠れごころに今もあり/村越化石

いさぎよくわが家濡れゐむ蕗の雨/林翔

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ