季語/梅干(うめぼし)を使った俳句

「梅干」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梅干」について

【表記】梅干

【読み方】うめぼし

【ローマ字読み】umeboshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・梅干す(うめほす:umehosu)

・干梅(ほしうめ:hoshiume)

・梅漬(うめづけ:umezuke)

・梅漬ける(うめつける:umetsukeru)

・梅筵(うめむしろ:umemushiro)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

梅干を含む俳句例

滝壷に梅干の種千沈む/飴山實

臘八の粥の梅干種大き/羽田岳水

白粥に大き梅干震災忌/館岡沙緻

朝曇梅干の核に執着し/斎藤空華

滝壺に梅干の種子千沈む/飴山實

梅干、痛めば長い長い旅/山頭火

梅干の紅染みし筵かな/太田南岳

慇懃にすや梅干の壺一つ/石井露月

握飯より梅干が出て初蜩/鈴木鷹夫

梅干や情の濃い人薄い人/城門次人

三寒の梅干口に意地通す/高瀬恵子

日中や地に梅干の壺一つ/石井露月

梅干や汐風越して千鳥の白調/幸子

梅雨深し教師が好む梅干飴/穴井太

朝の茶に梅干二つ震災忌/川村紫陽

母憶ふ梅干匂ふ蔵に来て/細谷鳩舎

梅干の種の真紅と蟻地獄/近藤一鴻

養生の梅干滲む終戦日/樋口フミ子

太箸まづ常の梅干摘みをり/北野民夫

気づかひの梅干茶漬忝なし/高澤良一

俳句例:21句目~

白粥に梅干おとす春のあさ/伊東月草

塩ふきしひね梅干を珍重す/富安風生

青空ゆ下り来し顔が梅干はめり/篠原

梅干の瓶あらひけり雪解川/会津八一

梅干をごはんの上に雲の峰/黒田杏子

白粥はおかか梅干日永かな/石川桂郎

梅干は冬陽の芯よ石工の飯/木田千女

白粥に梅干埋めいくさなし/赤尾恵以

梅干の種口中にふゆがすみ/鈴木鷹夫

梅干や豁然として四山の日/西島麦南

梅干の瓶納めたる書棚かな/会津八一

百姓の梅干我鬼の忌に貰ふ/百合山羽公

エーゲ海梅干一つ浸すべし/三橋たまき

こめかみに母の梅干渇きいる/本多春峰

性格の不一致のままの梅干/福井ちゑ子

大粒の梅干ひとつ暑気払ひ/福田甲子雄

札所寺梅干寺となりにけり/東洋城千句

梅干にみづみづしき夜来りけり/原不沙

梅干に日の照りつくる莚かな/角田竹冷

梅干のかむりし紫蘇の乾きをり/上野泰

俳句例:41句目~

梅干はまこと素心の味したり/嶋田麻紀

梅干は海外旅行が好きらしい/新井富江

梅干の種捨つエーゲ海の燦/八木三日女

梅干の種はどんなに淋しいか/山崎十生

梅干を噛んで出直す風の盆/鳥居美智子

梅干の酸き小包を子に送る/百合山羽公

梅干の酸眉で堪ふ初音なり/稲垣きくの

梅干に蠅働らきて金足らず/田川飛旅子

梅干を壷に納めて並べたり/坂本四方太

ひとごこち梅干茶漬かっこみて/高澤良一

梅干をいただき一日だけ遍路/根岸たけを

梅干にすでに日蔭や一むしろ/河東碧梧桐

梅干の稍々皺出来て干されけり/高浜虚子

柚味噌盡きて更に梅干を愛す哉/正岡子規

梅干やうめぼしいろの舌出して/藤田湘子

日かげりし梅干知らぬ媼かな/石島雉子郎

梅干の種にこだはる風邪心地/小泉八重子

梅干ひとつぶ/骨壷を掻きまはし/三橋鷹女

梅干をふくみて耐ふることあまた/丸山/遥

死後もまた梅干入りのにぎりめし/坂本卑彌呼

俳句例:61句目~

塩噴きしひね梅干を珍重す/富安風生「村住」

寝るべしや梅干ほして一昼間/道彦「発句題叢」

母が亡き父の話する梅干のいざこざ/河東碧梧桐

梅干を干すに日曇り人仰ぐ/高浜虚子「虚子全集」

梅干と皺くらべせんはつ時雨/一茶/文化三年丙寅

塩ふける梅干を炎天の簀に曝らし八月六日原爆記念日の昼/太田青丘

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ