季語/袋掛(ふくろかけ)を使った俳句

「袋掛」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「袋掛」について

【表記】袋掛

【読み方】ふくろかけ

【ローマ字読み】fukurokake

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

袋掛を含む俳句例

山国の空は底なし袋掛/林徹

湖へ傾く丘の袋掛/斧谷三十四

噴煙は天の濁流袋掛/友岡子郷

袋掛来世はどこで袋掛/星野明世

袋掛したる袋の中の桃/高野素十

鯨くる海を遠見に袋掛/高須禎子

廃鉱の島に白きは袋掛/小路紫峡

我が家の桃一本に袋掛/右城暮石

連山を蛇笏とおもふ袋掛/梅田津

黒潮の沖が雲呼ぶ袋掛/岩崎洋子

袋掛葉三十枚に桃一つ/西本一都

袋掛海の遠吠わたりくる/中拓夫

袋掛桃畑すこし浮きあがり/谷川昇

袋掛け終始一貫一粒づつ/成田千空

袋掛川は光の尾を曳いて/友岡子郷

よろこびて囃す雀や袋掛/石田波郷

波音の暮色まとへり袋掛/西村博子

火山灰落して枇杷の袋掛く/峰山清

村の塵ほとんど枇杷の掛袋/森田峠

袋掛せしより風の新しく/原田青児

俳句例:21句目~

手袋の如く袋の掛けられし/上野泰

夕月と顔合はせたり袋掛/堀口星眠

太陽の包み込まれし袋掛/桑田青虎

駻馬ゐて袋掛けある桃林/北野民夫

雲は飛び宙に皆跳ね袋掛/池上樵人

片ひざをついて下枝の袋掛/轟蘆火

繩をもてひつぱる枝や袋掛/森田峠

手の範囲脚立の範囲袋掛/山下美典

袋掛開拓のいま甘き風/百合山羽公

旧武田領いつせいに袋掛/池田秀水

葛城も雲被つつあり袋掛/山下喜子

袋掛月下うすうす陸見えて/渡辺純枝

のけぞりて昼月に会ふ袋掛/大場去聖

裏富士を仰ぎて桃の袋掛け/大橋和子

足もとに鶏のあそぶる袋掛/小原啄葉

青空のまるくなりたる袋掛/伊藤通明

一村の生計賭けたる袋掛/下村ひろし

袋掛野は雨後の日を溢れしめ/村田脩

亡き人のせし袋掛かと思ふ/井上無辺

土佐湾に面して枇杷の袋掛/高澤良一

俳句例:41句目~

少年に今日の海照る袋掛/小野恵美子

引つゞき分家の袋掛となる/谷本畝雪

桃の木は袋掛せしまま残す/高野素十

梨畑の女ばかりの袋掛/長谷川浪々子

海よりの風もつつみて袋掛/前田白露

玄海のはみ出してゐる袋掛/高尾道子

看護婦の双手惜しまず袋掛/石田波郷

真上まで雲のひろがる袋掛/宮津昭彦

耳ながき仔馬あそべる袋掛/米谷静二

袋掛はづむ話の手のうごき/木津柳芽

袋掛け終へて夕づく桃の村/内山芳子

袋掛さなかの丘に札所あり/美馬風史

袋掛してゐてそば屋準備中/山田節子

袋掛せしや青増す三方原/百合山羽公

袋掛国東に陽の余りをり/北見さとる

袋掛山腹かけてすゝみをり/清崎敏郎

いとけなき紅刷く林檎袋掛く/西本一都

ひとつづつ日を包みこむ袋掛/飯島正人

雲散りて日は渦なせり袋掛/千代田葛彦

一つづつ実を確かめて袋掛け/塩川雄三

俳句例:61句目~

脚立より帽子下りくる袋掛/片山由美子

波音のけふのびやかに袋掛/赤尾冨美子

袋掛ひらひら育つ月日かな/中川須美子

袋掛了りて海はうねりつぐ/下村ひろし

袋掛け老農の声は天へ抜け/樋口比佐夫

顔あげて少女なりけり袋掛/篠田悌二郎

袋かけ若き言葉を木が皆吸ふ/栗生純夫

掛けられて袋の中の桃の日々/山崎房子

水ぎはになだれてしまひ袋掛け/竹中宏

掛け終へて袋明りの林檎園/小田桐静風

枇杷山に娘も駆り出され袋掛/伊東宏晃

半身を空へ乗り出し袋掛け/片山由美子

袋掛花とは見せつ江の彼方/下村ひろし

庭先のすこしのものに袋かけ/下村梅子

袋かけ木にひらひらと女の手/栗生純夫

振り向かずかへす返事や袋掛/増田松枝

袋掛けする手は止めず遠会釈/楢原清子

袋掛すみたる哺乳瓶が立つ/波多野爽波

手にうつる蟻をはらひて袋掛/宮下翠舟

まだ形なさざるものへ袋掛け/片山由美子

俳句例:81句目~

五時起きの手より始まる袋掛/百合山羽公

袋掛けて影のふくらむ桃畠/ながさく清江

眩しくて袋掛してゐたるなり/藤田あけ烏

袋掛済みしばかりの枇杷の里/山元/秀女

救急車のあとトテ馬車や袋掛/中戸川朝人

宝かくすごとく林檎の袋掛/きくちつねこ

掛けられし袋に雨のつぶやける/清崎敏郎

野の果に亡き父母が佇つ袋掛/成瀬櫻桃子

安達太良に白雲生まれ袋掛/阿部みどり女

大富士を視野いつぱいに袋掛/石丸/恭子

地震ふりて翠微もつるる袋掛く/西本一都

嫁見とも知らずりんごの袋かけ/三浦恵子

横山に日はかげり来し袋かけ/大橋越央子

こちら向く掛けし袋に桃のぞき/大橋敦子

袋かけ終りしあとのひろひ掛け/高濱年尾

袋掛くる声のとどきて山車繕ひ/中戸川朝人

梨の葉のひらひら落つる袋掛/打出/たけを

木洩れ日に手を差し入れて袋掛/矢谷美つ枝

火山灰除けの早目の枇杷の袋掛/中川きよし

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ