季語/卯の花腐し(うのはなくだし/くたし)を使った俳句

「卯の花腐し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「卯の花腐し」について

【表記】卯の花腐し

【読み方】うのはなくだし/くたし

【ローマ字読み】unohanakudashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・卯の花降し(うのはなくだし:unohanakudashi_)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

卯の花腐しを含む俳句例

塀合に卯の花腐し流れけり/一茶

卯の花腐し善悪の二面石/杉山青風

卯の花腐し父の万年筆太し/仁平勝

大仏の卯の花腐し美しや/高木晴子

御前崎卯の花腐し岩腐し/渡辺恭子

くさいろの卯の花腐し魚の影/中田剛

女等に卯の花腐し濡れ通る/細見綾子

桔槹卯の花腐し汲まれけり/野村喜舟

藤腐し卯の花腐しつづく谿/福永耕二

黒猫の頭丸しよ卯の花腐し/金子皆子

ほとほとの卯の花腐し海の寺/田中裕明

卯の花腐し君出棺の刻と思ふ/石田波郷

ひと日臥し卯の花腐し美しや/橋本多佳子

卯の花腐し白帆ちらばる三河湾/伊藤敬子

卯の花腐し近辺に卯の花はなし/池田澄子

しげしげと卯の花腐し地震もまた/西本一都

ひもすがら卯の花腐し茶を入るる/星野立子

卯の花腐し住みかふることもなく/永方裕子

卯の花腐し山頭火ゐる食処かな/堀川けい子

卯の花腐し有給休暇の子の熟睡/柴田美代子

俳句例:21句目~

卯の花腐し追るゝごとく旅に出づ/小林康治

不器量の猫を愛して卯の花腐し/長谷川かな女

卯の花腐し仰臥の手足透きとほらむ/岩田昌寿

卯の花腐し寝嵩うすれてゆくばかり/石橋秀野

卯の花腐し目にかかる髪うつうつと/田口茉於

卯の花腐し馬鈴薯籠に芽を吹きて/鈴木真砂女

卯の花腐しハンガーに兄を掛けておく/池田澄子

卯の花腐し社務所は二階建て増して/金元喜代子

卯の花腐し鬱の字まことうつたうし/古賀まり子

卯の花腐しポケツトの石はやさしい抗議/石井雅子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ