季語/蜥蜴(とかげ)を使った俳句

「蜥蜴」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蜥蜴」について

【表記】蜥蜴

【読み方】とかげ

【ローマ字読み】tokage

子季語・関連季語・傍題・類語など

・青蜥蜴(あおとかげ:aotokage)

・瑠璃蜥蜴(るりとかげ:ruritokage)

・縞蜥蜴(しまとかげ:shimatokage)

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蜥蜴を含む俳句例

啓蟄の蜥蜴毛虫に木影かな

蕗の葉を傾けてゐる蜥蜴哉/篠原

壮行や蜥蜴ら鋼相摶てり/齋藤玄

交る蜥蜴山国の城端正に/藤岡筑邨

混浴の洗ひ場奔る青蜥蜴/高澤良一

立秋の庭石ひそと青蜥蜴/川崎俊子

青蜥蜴息を殺した華である/佃悦夫

陶片の火襷あらし青蜥蜴/平子公一

鋏鳴る音に素早き青蜥蜴/杉山青風

蜥蜴現る徒ら心頭を擡げ/高澤良一

美しく勁く蜥蜴の遊ぶ庭/京極杞陽

飜る蜥蜴電光石火かな/阿波野青畝

春暁のみづうみ抱く大蜥蜴/竹中宏

啓蟄の蜥蜴に心許しをり/後藤夜半

韓国の白磁の里の青蜥蜴/角川春樹

青蜥蜴空瓶粉にして埋める/真山尹

子蜥蜴に泉がわかつ瑠璃の色/三谷昭

子蜥蜴の大蝿へ身を一擲す/矢津/羨

石階の二つの蜥蜴相知らず/富安風生

石階の二つの蜥蜴相識らず/富安風生

俳句例:21句目~

緑蔭や蝶きて蜥蜴走つたり/岸風三楼

蜥蜴ゐて天誅岩の上に待つ/古舘曹人

炎天へ蜥蜴みづから色失ふ/藤田湘子

尾の切れし蜥蜴かくるゝ草若葉/北浪

虫籠に蜥蜴を入れて兄貴分/高澤良一

山畑に打ちし蜥蜴に立つ男/原コウ子

山畑へ行くだけの道蜥蜴出づ/大串章

虫籠を覗けば何と瑠璃蜥蜴/高澤良一

虫銜へ走る親追ひ蜥蜴の子/西山泊雲

胴走りつづいて走る蜥蜴の尾/三谷昭

蜥蜴の尾消えて鏡の如き石/内藤吐天

蜥蜴出づ鳥葬の国遠けれど/丸山哲郎

蜥蜴出て気高く匂ふ鉋屑/鳥居おさむ

蜥蜴出て海の蒼さに驚けり/高木公園

息荒き蜥蜴の前の授乳かな/関田誓炎

璃瑠蜥蜴棲む炎天の巌幽し/内藤吐天

甃坂を蜥蜴がよぎる隠れ旅/小林康治

蜥蜴出て風の中より水田の香/森澄雄

蜥蜴出る道曼陀羅の遍路道/萩原麦草

目を宙に標本擬ひの大蜥蜴/高澤良一

俳句例:41句目~

搦手を走す韋駄天の青蜥蜴/町垣鳴海

蜥蜴去り石切る孤独また戻る/三谷昭

直走る蜥蜴追ふ吾が二三足/石田波郷

躍り入る蜥蜴に深き茂かな/岩田由美

下京の仁王の肩の瑠璃蜥蜴/坪内稔典

輝ける己おそれて蜥蜴かな/中村汀女

日盛や息をしてをる蜥蜴の尾/辻桃子

青蜥蜴男のやうに目をそらす/栗島弘

駐在所前を駈けぬけ青蜥蜴/高澤良一

今出でし蜥蜴濡身に地蔵の辺/杉本寛

晴天の樹の雫おつ青蜥蜴/福田甲子雄

骨片と同じ石柱蜥蜴の尿/八木三日女

とかげ這ひ縁切地蔵燭一つ/有馬籌子

切株の年輪よぎる蜥蜴かな/野村喜舟

十二月塔に蜥蜴の彫られけり/皆吉司

未亡人邸青蜥蜴出入りして/辻田克巳

未明音皆駆くる音蜥蜴さヘ/橋本鶏二

啓蟄の蜥蜴たわみて美しき/後藤夜半

柔らかき少年の掌の青蜥蜴/前川/実

森の奥にして性転換の蜥蜴/坂間恒子

俳句例:61句目~

切支丹寺の蘇鉄の青とかげ/石原八束

石棺に螺鈿とまがふ青蜥蜴/那須乙郎

庭石の薄暑となりし蜥蜴かな/久米正雄

いしぶみに蜥蜴の蒼し迢空忌/角川春樹

とかげの美しい色がある廃庭/尾崎放哉

いつまでも捕手号泣す蜥蜴消え/今井聖

蜥蜴あそぶ殉教の崖滴りつつ/前川弘明

我を見て舌を出したる大蜥蜴/高浜虚子

首筋のかしこさうなる蜥蜴かな/本井英

風吹いて古墳の土の蜥蜴かな/飯田蛇笏

放心の隈に蜥蜴の指ふるる/軽部烏頭子

草蔭の蔭引き出して蜥蜴の子/古舘曹人

つちくれに陽炎からむ青蜥蜴/石原舟月

つと止る蜥蜴大地にま一文字/星野立子

青蜥蜴捉へきて母おびやかす/福永耕二

蜥蜴出て太陽近くなりにけり/椎橋清翠

日盛りを紫はしる蜥蜴かな/宮部寸七翁

春蜥蜴よりも気弱き病後かな/朝倉和江

青萩の反枝と見しが蜥蜴かな/石塚友二

青竹を登りかねたる蜥蜴の子/藤田湘子

俳句例:81句目~

樹に蜥蜴地を震はせて土用浪/大野林火

蜥蜴わが木蔭の中に逃げ来る/古舘曹人

雨とほき土の硬さよ蜥蜴出づ/朝倉和江

繁に出る仔蜥蜴家も事無くて/香西照雄

蜥蜴出て太陽も亦あたらしき/右城暮石

蜥蜴以下啓蟄の虫くさ~なり/高浜虚子

蜥蜴出て今年の息の早や弾む/右城暮石

蜥蜴の尾草に余れる暑さかな/石川冬扇

蜥蜴濡れ石像も濡れ青修那羅/藤岡筑邨

三角の蜥蜴の顔の少し延ぶか/高浜虚子

金の蜥蜴の金の瞳が考へをり/平井照敏

英霊の蜥蜴を少し追ひにけり/松山足羽

蜥蜴の尾鋼鉄光りや誕生日/中村草田男

玄室の蜥蜴彼の世の光もつ/町田しげき

芒の根の蜥蜴動かず去り難し/原田種茅

蜥蜴逃げその後岩の青さかな/四ツ谷龍

白日夢吐息蜥蜴は眉持たず/河野多希女

千年も生きてゐさうな青蜥蜴/岸川佐江

直はしる蜥蜴追ふ吾が二三足/石田波郷

草蔭の影引き出して蜥蜴の子/古館曹人

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ