季語/山葵の花(わさびのはな)を使った俳句

「山葵の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山葵の花」について

【表記】山葵の花

【読み方】わさびのはな

【ローマ字読み】wasabinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「わ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

山葵の花を含む俳句例

日暮まで椎葉青空花山葵/神尾季羊

杉谷に夕日呼びこみ花山葵/大串章

花山葵水の流るる家の中/長谷川櫂

山祗へ白き捧げて花山葵/羽部洞然

花山葵雲の速さに水流れ/棚山波朗

吉祥天の朱唇に供え花山葵/細見綾子

皿の鮠山葵の花をあしらへる/瀧春一

大いなる落石坐り山葵咲く/水本祥壱

穂高嶺の高き曇りに花山葵/木村蕪城

水源へ山葵の花の白つどふ/羽部洞然

沢水の温むことなき花山葵/渡辺晃村

花山葵雨に抱きあふ仏かな/古舘曹人

せせらぎに葉裏を映し花山葵/金森早雪

山葵咲き巌息づける冷気かな/橋本鶏二

水音のいつもどこかで花山葵/寺岡捷子

雛まつり山葵の花の夜は匂ふ/萩原麦草

風立ちて山葵の花の紛れゐる/清崎敏郎

花わさび鉄砲水の受難の碑/小山今朝泉

常念のかがやき見よや花山葵/加藤三七子

滝しぶきまひて山葵の花濡らす/富安風生

俳句例:21句目~

花山葵田故郷いまさら美しく/笠原蜻蛉子

こん~と咳きて山葵の花は見ず/萩原麦草

せせらぎを聴く閑寂や花山葵/池田石風人

夢のごとき山葵の花を食ふ泊り/土方秋湖

屈みてもかそけき色の花山葵/佐藤美恵子

水音が胸を出てゆく花わさび/青柳志解樹

山葵咲く懸崖づたひ瑠璃鳥一羽/橋本鶏二

行く水に影もとどめぬ花わさび/渡辺恭子

こんこんと水に日の韻花わさび/藤本和子

春もはや鳴る滝つ瀬の花わさび/石原八束

水音が胸を出てゆく花わさび/青柳志解樹

天城路の五時は山影花わさび/秋元不死男

水よりも日のつめたくて花わさび/宮坂静生

故郷とはひそかに泣かす花わさび/丸山佳子

返り咲きしたる山葵の花と見ゆ/青葉三角草

夜の膳の山葵の花をすこし噛み/能村登四郎

花山葵せきれいが早や知りてゐし/細見綾子

水ぬるむことなき山葵咲きにけり/青葉三角草

尋めくれば山葵咲くあり沢ひそか/松本たかし

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ