季語/水芭蕉(みずばしょう)を使った俳句

「水芭蕉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水芭蕉」について

【表記】水芭蕉

【読み方】みずばしょう

【ローマ字読み】mizubasho

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

水芭蕉を含む俳句例

水芭蕉水遡る嘴いくつ/小林子

水中を水の流るる水芭蕉/林翔

白樺の根方の白は水芭蕉/森田峠

湿原のひかりの翼水芭蕉/森田博

山神に朴水神に水芭蕉/村越化石

岩屏風衿まだ固き水芭蕉/加藤耕子

川こして帯ときによる柳かな/岱水

水芭蕉ひらきし花は一頁/平畑静塔

水芭蕉水面に山の影重ね/宮崎要子

戸隠の丈の短かき水芭蕉/森田公司

水芭蕉昼の銀河はみづいろに/林桂

水芭蕉日差一直線にくる/後藤一秋

水芭蕉掠め流水間断なし/高澤良一

雪嶺に産声あげて水芭蕉/渡辺和子

水が研ぐ影も白妙水芭蕉/太田昌子

高稲架も馬埒も骨水芭蕉/野沢節子

水底に倒木透けり水芭蕉/高澤良一

井戸替の水芭蕉へと流れけり/篠原

水芭蕉奥へ奥へと数尽きず/森田峠

雪代に水芭蕉萌え蘆芽ぐむ/瀧春一

俳句例:21句目~

入定の一峰昏るる水芭蕉/小原啄葉

遠嶺より雨匂ひだす水芭蕉/堺信子

水芭蕉林中に水響きけり/高澤良一

群落の息吹清しき水芭蕉/及川秋美

群落の一気に開き水芭蕉/松尾美子

皓皓と辛夷飄飄と水芭蕉/西本一都

昃ればまぶしき花よ水芭蕉/岡村月子

陰陽の陰のまぶしさ水芭蕉/渡辺恭子

水芭蕉こゑ発すれば汚れけむ/岸田稚

水芭蕉垂るる雪渓より白し/羽部洞然

峠にはまだ雪消えず水芭蕉/瀧井孝作

水芭蕉山水くびれ流れけり/高澤良一

水芭蕉山雲に声あるやなし/佐野鬼人

水芭蕉師にある小首傾げ癖/対島土壁

まづ花が葉を従へて水芭蕉/猪子青芽

水芭蕉日照雨簾のうちに咲く/岸田稚

水芭蕉昼も月光抱きつゞく/高木雨路

わが胸に母よく来る日水芭蕉/下田稔

水芭蕉水に映りて数増やす/宮田俊子

水芭蕉水に萎ゆ花横たへて/高澤良一

俳句例:41句目~

三尊仏また千体仏水芭蕉/百合山羽公

人拒む色をとほせり水芭蕉/高澤良一

水芭蕉讃歌唄うて湧水過ぐ/高澤良一

湿原をうねる流れや水芭蕉/山田信夫

石狩の雨おほつぶに水芭蕉/飯田蛇笏

名水の湧き出る谷の水芭蕉/斉藤静枝

夜鷹舞ひなほ皎々と水芭蕉/堀口星眠

山水に凱歌を挙ぐる水芭蕉/高澤良一

科の木の根方に屯ろ水芭蕉/高澤良一

近づけぬ水が守りて水芭蕉/嶋田一歩

遠巻きに道遠巻きに水芭蕉/高澤良一

影つねに水に流され水芭蕉/木内怜子

打ち渡す板の歩道や水芭蕉/金井綺羅

日当れば靄動きそめ水芭蕉/谷口白葉

かく近く見しは初めて水芭蕉/嶋田一歩

白菩薩たちや鬼無里の水芭蕉/羽部洞然

水芭蕉のみの白さの闇となり/荒木一朗

その光はなち水芭蕉水の中/徳永山冬子

水芭蕉昏れてコローの森となる/原柯城

水芭蕉乾きし泥を揉み落とす/高澤良一

俳句例:61句目~

ほととぎす待つまつ宵の丸寝にて/岱水

ぽつねんとはじめは闇の水芭蕉/斎藤玄

花と影ひとつに霧の水芭蕉/水原秋櫻子

もう一つ顔乗り出しぬ水芭蕉/高澤良一

水芭蕉そこはゆっくり水流れ/高澤良一

七彩の日がふりかかり水芭蕉/岡田日郎

伏流のここに湧き出て水芭蕉/福田蓼汀

水芭蕉地獄めぐりの沢に咲く/里川水章

水芭蕉せゝらぐ雪解水に咲く/高浜年尾

水芭蕉暮れてコローの森となる/原柯城

帆をあげて天界めざす水芭蕉/三嶋隆英

幼なくて土よりのぼる水芭蕉/松村蒼石

暁咲きて昼は古びぬ水芭蕉/山田みづえ

水芭蕉夢の言葉を白く吐く/久保田慶子

水芭蕉しづかな時間通りけり/加藤楸邨

水芭蕉切れ味のある山の水/山上樹実雄

水芭蕉中天に日も蒼みたり/八牧美喜子

雲のみに夕映えのこる水芭蕉/中村信一

水芭蕉田植試みし跡ぞ涸る/殿村莵絲子

水芭蕉破れし花を咲かせけり/萩原麦草

俳句例:81句目~

水芭蕉群れて無韻の楽をなす/福田蓼汀

水芭蕉見てはるばると返す旅/豊原月右

霧に咲くさびしさ知りて水芭蕉/有働亨

馬柵走る内外の沢の水芭蕉/三ツ谷謡村

水芭蕉遠きものより霧に消ゆ/藤崎久を

水芭蕉高野に咲きて真白なる/塚田正子

水音の明くる早さよ水芭蕉/三ケ森青雲

水芭蕉山中は日のこまやかに/大畑善昭

源流のささやきに覚め水芭蕉/田中晄人

水芭蕉の宝庫囲めり山毛欅林/高澤良一

がしと雪踏みしめ見入る水芭蕉/高澤良一

ささら川雪解のいろの水芭蕉/文挟夫佐恵

ひたぬれて朝のねむりの水芭蕉/堀口星眠

ひた濡れて朝のねむりの水芭蕉/堀口星眠

みどり子の瑞歯の萌えや水芭蕉/沢木欣一

冷え透る水の花なり水芭蕉/長谷川かな女

古雪もいまは暮れゆく水芭蕉/水原秋桜子

水芭蕉水さかのぼるごとくなり/小林康治

水芭蕉一目見んとて足ごしらへ/高澤良一

水芭蕉凛々と今年も娶らざりし/栗生純夫

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ