季語/蛍(ほたる)を使った俳句

「蛍」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蛍」について

【表記】蛍

【読み方】ほたる

【ローマ字読み】hotaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蛍合戦(ほたるがっせん:hotarugassen)

・平家蛍(へいけぼたる:heikebotaru)

・源氏蛍(げんじぼたる:genjibotaru)

・姫蛍(ひめぼたる:himebotaru)

・宇治蛍(うじぼたる:ujibotaru)

・石山蛍(いしやまぼたる:ishiyamabotaru)

・守山蛍(もりやまぼたる:moriyamabotaru)

・蛍採(ほたるとり:hotarutori)

・蛍火(ほたるび:hotarubi)

・初蛍(はつぼたる:hatsubotaru)

・朝の蛍(あさのほたる:asanohotaru)

・昼の蛍(ひるのほたる:hirunohotaru)

・夕蛍(ゆうぼたる:yubotaru)

・宵蛍(よいぼたる:yoibotaru)

・雨の蛍(あめのほたる:amenohotaru)

・草蛍(くさぼたる:kusabotaru)

・大蛍(おおぼたる:obotaru)

・ほうたる(ほうたる:hotaru_)

季節による分類

・「ほ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ