季語/綿虫(わたむし)を使った俳句

「綿虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「綿虫」について

【表記】綿虫

【読み方】わたむし

【ローマ字読み】watamushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪虫(ゆきむし:yukimushi)

・雪蛍(ゆきぼたる:yukibotaru)

・雪婆(ゆきばんば:yukibamba)

・白粉婆(しろこばば:shirokobaba)

・大綿虫(おおわたむし:owatamushi)

・大綿(おおわた:owata)

季節による分類

・「わ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

綿虫を含む俳句例

綿虫を見失ひまた何失ふ/林翔

綿虫がとぶ青雲の志/辻田克巳

大綿の静に逃げし水の空/年尾

殉難の碑に見失う雪蛍/畠友子

綿虫や安静時間緩やかに/波郷

雪虫や日を重ねつつ筆不精/展宏

大綿は心の翳を引きて舞ふ/風生

綿虫や露坐の仏の厚瞼/石川文子

綿虫に体育館の扉あり/山尾玉藻

綿虫や病忘れて客用意/亀井糸游

綿虫がとぶ御岳とわが間/原田喬

綿虫の漂ふ月日風鶴忌/小林康治

綿虫の遊ぶやそこに刻ありし/稚

魂の重さ夕日に雪蛍/徳田千鶴子

雪虫の恋一寸にして一途/鷹羽狩行

雪虫が胸の高さすぐ眼の高さ/誓子

降りて来し綿虫口に吹きかへす/占

しらしらと魂あそぶ雪螢/中村苑子

綿虫に洗濯物の雫かな/加藤三七子

大綿の宙のたしかさ石の上/岸田稚

俳句例:21句目~

綿虫に涙袋を持ち歩く/小檜山繁子

綿虫の舞ひたすらの青衣/堀口星眠

身を飾る綿が重荷の雪蛍/岩崎憲二

立つ僧の綿虫を宙釈名す/村越化石

また独りなり雪虫を見失ひ/山口速

散策圏出でず綿虫光り飛ぶ/樋笠文

綿虫や縄掛けて売る皿茶碗/日原傳

綿虫や納戸色なる妹背山/矢部白茅

一日は結構永く綿虫とぶ/桑原三郎

春の雪虫とぶ如く衰へぬ/石田波郷

暮れなづむ綿虫あかり藍坂/加藤汀

大綿や善財童子くらがりに/辻桃子

杉玉に大綿遊ぶ一惨事/殿村菟絲子

綿虫に顔の力を応とぬく/藤田湘子

東京に綿虫の飛ぶ交差点/山田閏子

綿虫が飛ぶ石の宙竜安寺/勝井良雄

綿虫や海道一重山幾重/百合山羽公

大綿や褥にわすれたりし紐/中田剛

大綿のちぎれつきたる掌/高濱年尾

綿虫や晩年むしろ夢多き/宮下翠舟

俳句例:41句目~

橋渡りきり綿虫を見失ふ/田代民子

綿虫や寂光まとふ五合庵/石野冬青

大綿を払ひ生涯教師の手/今瀬剛一

雪虫や大股に来る郵便夫/赤塚五行

雪虫や古間百軒鎌を鍛つ/西本一都

綿虫や妻を染めなす夕茜/杉山岳陽

大綿のひとつ薄明界を占む/岸田稚

綿虫の風よりうすき翅つかふ/篠原

綿虫の掌に触れ白さ失へり/長田等

綿虫のたそがれの綿つと青き/正江

雪虫の飛ぶ廟前の木立かな/碧梧桐

綿虫と漂ひ年を越えゐしや/塘柊風

妻の忌の昨日が遠し雪蛍/沼澤石次

堂ぬちへ拝観人と大綿と/皆吉爽雨

綿虫の青空よぎる時の白/安井行子

深息や大綿を辺に漂はす/加藤楸邨

雪螢近づきすぎて見失ふ/徳重怜子

雪螢泉の楽はをはりなし/堀口星眠

綿虫にかかはりゐたる宇陀郡/澄雄

雪蛍泉の楽はをはりなし/堀口星眠

俳句例:61句目~

大綿が一直線の道迷ふ/稲畑広太郎

雪虫や俄かに君が他界せし/瀧井孝作

婚終へて雪渓に死す雪虫か/堀口星眠

雪虫や連山藍を重ね合ふ/菅原多つを

雪螢日が低ければ低くゐる/原田青児

馬籠路の綿虫指にとまりけり/森田峠

綿虫にありし空気の出入口/江川虹村

かがよへる女人高野の雪蛍/高野千代

山枯るるとも綿虫に雄と雌/栗生純夫

綿虫にまかせて山を下りけり/辻桃子

綿虫に眉を上げたる齢かな/草間時彦

綿虫のいづこの光負ひ来たる/大串章

綿虫のその影ほどの不安かな/檜紀代

往診にまた雪虫の頃が来し/新明紫明

綿虫のふくらみて消ゆ山の墓/岸田稚

綿虫も水の匂ひも木暗より/佐野美智

綿虫のまはりの酸素世界とは/須藤徹

綿虫の倒るる波に吸はれたり/中拓夫

綿虫の夕空毀れやすきかな/佐藤鬼房

綿虫の己の軽きこと知らず/丸山嵐人

俳句例:81句目~

綿虫の日差しの中や五十代/伊藤京子

綿虫の水色のぼる波郷の忌/貞吉直子

綿虫の浮游病院の屋根越せず/多佳子

一抹の魔風綿虫唇に触れ/殿村莵絲子

捉へむとせし綿虫の芯曇る/福永耕二

綿虫の漂ひそめし夕ごころ/西村和子

二月堂昏れ綿虫か雪片か/長谷川史郊

綿虫の遠を見し眼の其処に飛ぶ/槐太

日あたりて綿虫の宙杉の宙/手塚美佐

綿虫は頬かすめたり母葬り/伊藤敬子

綿虫もそれを追ふ眼も自在なり/爽雨

休みなく舞ふ一生や綿虫は/倉橋羊村

佇めば綿虫の舞ふ立子句碑/松下信子

綿虫やけふ方丈は留守といふ/飴山實

村病むに似て雪虫の夥し/当摩八千代

東大寺かたちの影に綿虫か/杉山岳陽

綿虫やひとり暮しの水の音/藤本鷹山

号砲を打つ綿虫の群るる中/高田誠司

吉か凶か夕べ綿虫群がれる/みどり女

森の日の嘆きかたむく雪蛍/堀口星眠

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ