季語/マスクを使った俳句

「マスク」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「マスク」について

【表記】マスク

【読み方】ますく

【ローマ字読み】masuku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ま」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

マスクを含む俳句例

マスクして砕氷船のごと進む/林翔

凍る夜の袋マスクの馬の貌/有働亨

頬骨にマスクのあとや夜の客/原石鼎

頤にマスクをずらし饒舌に/岩田公次

修道女大きマスクに瞳澄む/山口季玉

マスクして月の光の屍室/大木あまり

五七忌の大きマスクの及川貞/岸田稚

マスクとる熔接工の眼が枯色/穴井太

美しき人美しくマスクとる/京極杞陽

純白のマスクぞ深く受験行/岸風三楼

原爆忌農薬マスク息苦し/松倉ゆずる

艀よりマスク大きく登校す/竹下流彩

硅肺法のマスク冬にも汗の顔/及川貞

マスクなき不安の盾の車中の書/金子潮

初詣マスク清らにかけにけり/吉屋信子

ふと心通へる時のマスクの瞳/神田敏子

陳情の二列目に居る大マスク/川村紫陽

よく喋る女マスクで蓋をせん/高澤良一

路に出てマスクの中の息熱き/原田種茅

マスクして赤い車の郵便車/平野/山石

俳句例:21句目~

マスクして北風を目にうけてゆく/篠原

マスクかけ暫く都鳥を見る/深川正一郎

マスクして検事己の貌となる/坂本木耳

マスクして隠さふべしや身の疲れ/林翔

顎マスクしてぼろ市の骨董屋/福神規子

会場にマスクの市松模様かな/高澤良一

図書館の薄暮マスクの顔険し/加藤楸邨

新しきガーゼのマスク老婦人/京極杞陽

マスクして下着売場を横断す/木本徹男

マスクとり唇あでに生れけり/吉屋信子

マスクして少年切に漫画読む/石塚友二

肝心な話はマスクとってせむ/高澤良一

千鳥見に彼もマスクをして来り/高濱年尾

つき添ひの母の特大マスクかな/指澤紀子

マスクかけサングラスかけ春の耳/辻桃子

マスクかけ仄かに彼の眉目かな/高浜虚子

マスクして鶴の白さにとなりけり/所山花

修道尼澄める瞳もてるマスクかな/森田峠

マスクしてものを一直線に見る/山田弘子

マスクせる兵の感涙きらびやか/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

マスクして人と齢をあらそはず/長谷川双

マスクして断りの語尾濁しけり/川村紫陽

マスクして女のうしろ隙間なし/萩原麦草

マスクして寸鉄含みをりしかな/行方克巳

マスクして心隠せしごとくなる/北垣翠畝

マスクして我と汝でありしかな/高浜虚子

眼の笑ふマスクの人を考へる/青葉三角草

マスクして自負強き眉残しけり/岡田貞峰

咳こぼすマスクの中の貌小さし/吉田鴻司

大マスクとつて白子の味見せり/高澤良一

小樽にて大きなマスク買いにけり/山崎聰

息づきのよごれマスクに騏のごとし/篠原

朝戸出のマスク純白なるはよし/岸風三楼

麻酔マスクの奥綿菓子の様な眠り/渋谷道

見舞妻喰べよと一語マスクしつ/岸風三樓

豊年のけぶりの中にマスクして/岸本尚毅

避妊具を買ふマスクより已が聲/石川桂郎

大きなマスク息温かに人の喪ヘ/田川飛旅子

マスクして疾うに観念してゐる目/高澤良一

マスクして彼の眼いつも笑へる眼/京極杞陽

俳句例:61句目~

座の一人少し風邪気味マスクして/高濱年尾

待つ人のあるべきマスク深くせる/岸風三楼

マスクして振り返るには来過ぎたる/岡本眸

マスクとりその人のその声となる/板場武郎

早咲きの梅にマスクを掛けぬ日々/赤尾兜子

マスクして藪騒ぐ聴ゆ囲炉裡ばた/萩原麦草

没る日黄に防毒マスク脱ぎて嗤ふ/岸風三楼

浮かぬ顔悟られまひぞマスクして/大宮良夫

下校時のマスクをしてる少女かな/本庄志帆

目交してマスク同士の逢瀬かな/鳥居おさむ

看護婦のマスク布団を干す時も/青葉三角草

マスクしてをる人の眼を読みにけり/上野泰

マスクするたび耳朶は生え変る/宇多喜代子

福耳を引つぱってゐるマスクかな/下村非文

マスクしてそれはわざをぎ春の風/高濱年尾

マスクして重たき息となりにけり/那須淳男

老侯のマスクをかけて薔薇に立つ/高浜虚子

肝心な事言ふマスクはづしけり/石垣/弘子

マスクしておのづからなる女の目/高澤良一

ピカソ展マスクの僧とすれ違ふ/藤井寿江子

俳句例:81句目~

マスクの瞳三年越しに逢ひにけり/野村喜舟

言問橋マスクはづしてわたりけり/藤岡筑邨

マスクの人水口に幣立ててゆく/藤田あけ烏

マスクして我を見る目の遠くより/高浜虚子

わが憤怒あはれマスクに曇らひぬ/岸風三楼

遊ぶ子のときをりマスク掛け直す/加藤宵村

嘘云はぬためマスクとり物を言ふ/村上冬燕

酸素マスク掛けチチカカの船遊び/品川鈴子

鉄のごとき顎の傷痕マスクはづす/加藤楸邨

防毒マスク路次駆け冬日呆けたり/岸風三楼

ぼろ市に買ふ気のマスク外しけり/白岩三郎

お身拭ひいやに大きなマスクして/高澤良一

マスクして見舞の客は吉右衛門/楠目橙黄子

誰もマスク屍見し日は言葉やさし/岩田昌寿

マスク白くいくさに夫をとられきぬ/加藤楸邨

眼はうごき眉はしづかにマスクの上/山口誓子

あらたまの春のマスクや楽屋入/久保田万太郎

ポケットに切符とマスク連れ居らず/小出秋光

笑つてゐて何か言ひたいマスクの瞳/古市絵未

マスクして人の背なかが前にある/加倉井秋を

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ