季語/八手の花(やつでのはな)を使った俳句

「八手の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「八手の花」について

【表記】八手の花

【読み方】やつでのはな

【ローマ字読み】yatsudenohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花八手(はなやつで:hanayatsude)

・天狗の羽団扇(てんぐのはうちわ:tengunohauchiwa)

季節による分類

・「や」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

八手の花を含む俳句例

朝市に臨時宅配花八手/砥上白峰

空き庵の裏を水ゆく花八つ手/原裕

花八つ手いかに本郷打毀し/沢木欣一

改めて妻の冷え性花八つ手/高澤良一

庭先に江の電軋む花八つ手/水原春郎

花八手せまき厨の戸口かな/角田竹冷

花八ッ手生涯母は紅ささず/中嶋秀子

歩かぬは万病の因花八つ手/高澤良一

舟宿の低き鴨居や花八つ手/壺井久子

花八つ手敵の母艦が潜む庭/高澤良一

献体の還りし家の花八つ手/丸山哲郎

外灯の一つ消えをり花八手/高橋秀夫

大声の男来てゐる花八ッ手/佐藤和夫

虻一つ翔てば総だち花八手/斎藤雨意

石垣の琉球ぶりや花八つ手/林田千代

首筋の辺りすうすう花八つ手/高澤良一

八つ手咲き板塀が反る日向路/高澤良一

粥腹や日陰の花の八ッ手咲き/石川桂郎

八つ手咲き忽忙めぐる朝と夕/大島民郎

花八つ手日輪の空は戦場なり/渡邊水巴

俳句例:21句目~

日享けて八手の花は光らずよ/京極杞陽

花八つ手気安く詠めて貧乏性/高澤良一

花八つ手水を貰ひに研師来る/森藤千鶴

花八つ手水張つてある四斗樽/池田順子

花八つ手瞬くやうに朝が来て/高澤良一

花八つ手縁談窶れ誰が子ゆゑ/石塚友二

花八つ手鍵かけしより夜の家/友岡子郷

ひとくれの闇投げかけし花八手/斎藤玄

花八ッ手仕舞屋町に残りけり/永井龍男

花八手未だ人住まぬ貸家札/浅見まき子

虻ゐねば蝿がゐるなり花八手/川村凡平

淡々と日暮が来たり花八つ手/草間時彦

花八ッ手さみしき礼を深くせり/籏こと

老いはかく音もなく来る花八つ手/林翔

八手咲くうそ暖くうそ寒く/相生垣瓜人

蠅が来て蠅追ひ払ふ花八つ手/高澤良一

針山はわびし月下の花八つ手/大井雅人

友娶り然も在らぬか花八つ手/石田波郷

唐ゆきの悲しき港花八つ手/岡部六弥太

船過ぎしあとの波音花八つ手/杉立悦子

俳句例:41句目~

闇を見るならひのままの花八手/斎藤玄

密読に気温めぐみて花八つ手/飯田蛇笏

花八ッ手星またたけば少し散り/中嶋秀子

朝の茶の冷めゆく早さ花八つ手/千手和子

花八手地震のやうなものを感ず/京極杞陽

棲みつきて表札古りて花八ッ手/吉屋信子

このところ葬ひばかり花八つ手/細川加賀

この後は八手の花と愛で生きん/星野立子

水に色無きがごとくに花八つ手/吉屋信子

たんねんに八手の花を虻舐めて/山口青邨

老優の声の佳かりし花八ッ手/石田阿畏子

なかなかに訪ふ虫多き花八つ手/石田郷子

花八つ手深い夜空に星をもとめ/大井雅人

花八つ手山を集めて日暮れたり/廣瀬直人

ぶつかつてきたる雀や花八つ手/石田郷子

花八手三島も花をちりばむる/相生垣瓜人

ベル押せばすぐに応へて花八ッ手/星野椿

賑やかに咲き出て淋し花八ッ手/村山葵郷

今朝よりのゆきゝ繁けれ花八ッ手/齋藤玄

豆腐やの笛来てとまる花八手/高崎小雨城

俳句例:61句目~

花八つ手かたまつてくる不倖せ/平井照敏

冬の虻八手の花におびたゞし/佐藤おもえ

花八ッ手子を呼びに子をやる声す/大串章

裏庭は軍鶏の囲ひ場花八つ手/吉田舟一郎

花八つ手素寒貧とはなりにけり/高澤良一

花八手お握り載せやる広手亡し/香西照雄

二科展を出て会ふ柩車花八ッ手/宮武寒々

教会にハープのつどひ花八つ手/大島民郎

花八つ手ペリカン老いて仄赫き/渡邊水巴

花八つ手日蔭は空の藍浸みて/馬場移公子

日暮まで蝿のまどろむ花八つ手/白岩三郎

花八手日あまく蠅のたむろせり/西島麦南

昼の月泛くところ得て花八ッ手/長谷川双

遺書未だ寸伸ばしきて花八つ手/石田波郷

花八つ手蜂さむ~と飛べるのみ/飯田蛇笏

八ッ手咲く下の暗さを覗き見し/岸風三樓

八つ手咲き仄めきそめし昴星/相生垣瓜人

眼を病む母三坪の庭の花八ッ手/桜井博道

八ツ手咲く今も昔も路地ぐらし/菖蒲あや

過ぎ易き男の婚期八ッ手咲く/塩谷はつ枝

俳句例:81句目~

めいっぱい時間をつかふ花八つ手/高澤良一

写真師のたつきひそかに花八つ手/飯田蛇笏

子溜りの日暮れてゐたり花八つ手/関戸靖子

征くが弓彦闇の向ふが花八つ手/加藤知世子

日向より日蔭が澄みぬ花八つ手/馬場移公子

暮れそめてはたと暗しや花八手/門坂波の穂

背負ひ梯子借りて返して花八ッ手/皆川白陀

花八つ手ぽんぽんぽんと晴れ渡る/野木桃花

花八ッ手ぽんぽんぽんと晴れ渡る/野木桃花

八つ手咲いて妻が著るもの赤き冬/森川暁水

花八ッ手隣家なまなましくありぬ/金田咲子

花八ッ手雀はくちばしから降りる/藤岡筑邨

花八つ手今日の白さの小春かな/大谷碧雲居

花八つ手瞋の白さと見たる日も/伊丹さち子

花八つ手昏れて日暮に気付かざる/手塚美佐

路地ふさぐ葬のひととき花八手/赤松けい子

はつらつと通りすがりの花八つ手/高澤良一

花八つ手晦日ばらひの世のはるか/高澤良一

うしろより月おし照りて花八ッ手/高橋馬相

花八つ手貧しさおなじなれば安し/大野林火

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ