季語/着ぶくれ(きぶくれ)を使った俳句

「着ぶくれ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「着ぶくれ」について

【表記】着ぶくれ

【読み方】きぶくれ

【ローマ字読み】kibukure

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

着ぶくれを含む俳句例

朝市の女早くも着膨れて/河本好恵

着膨れて柔剛二心闘はす/川村紫陽

着膨れし体内深く胃痛む/松本たかし

着膨れて山王さんに頼み事/高澤良一

着膨れてじっと一日家の中/高澤良一

着膨れて敬老の日の俄寒/水原秋櫻子

光負ふ雲の如くに着ぶくれて/奈良碧

幸福に初雀より着ぶくれて/富安風生

勲章を宝に夫の着ぶくれて/添野光子

着ぶくれて建国の日を肯ぜず/轡田進

着ぶくれて来し松島の保育園/皆吉司

患者皆着膨れ病院狭くする/高澤良一

着膨れて母読む三代烈女伝/川村紫陽

着膨れて解説雪村贔屓かな/高澤良一

砂取節唄ふ翁の着ぶくれて/坂/北濤

桑も瘤着ぶくれて皆夜祭へ/荒井正隆

着ぶくれの髭の奏者も服務員/石寒太

着ぶくれて裸祭を遠巻きに/木田畦花

路傍仏人も着膨れ来る日向/村越化石

着ぶくれの女車掌や春浅き/島田青峰

俳句例:21句目~

着ぶくれて鳩に驚く男かな/岸本尚毅

着ぶくれて震災砂漠歩きけり/本橋節

着ぶくれて噂話を躱し得ず/間宮あや子

着膨れて体重計に近寄らず/水原秋櫻子

山国の媼ひとりも着ぶくれず/茨木和生

着ぶくれて善人なれど茹玉子/吉田素糸

着膨れて心臓外科に繋がれぬ/高澤良一

着膨れて書店の中が祭めく/岩淵喜代子

着ぶくれて仏の貌の石拝む/岡本まち子

着膨れて唯唯診察待つばかり/高澤良一

おどろきて銀婚夫婦着膨れぬ/細川加賀

着膨れて海豹の貌してゐたる/長谷川櫂

着膨れて矢面に立たされてゐる/角光雄

着膨れて籤運恃むこともなし/石塚友二

着ぶくれて藪青々と通りすぐ/村山古郷

着膨れて財布まさぐる一患者/高澤良一

着ぶくれて否応なしの外階段/加藤正尚

貫禄てふ着ぶくれのありにけり/堀政尋

着ぶくれて薬用植物並べ売る/高橋恭子

着ぶくれて丹後の織娘礼深き/石原八束

俳句例:41句目~

着ぶくれて膝にこぼして粉薬/桑嶋竹子

着ぶくれや風の如くに二タ葬/村越化石

着ぶくれて合唱団の中にゐる/大石雄鬼

にこにこと断り上手着膨れて/川村紫陽

体ごと振り向く男着膨れて/小泉八重子

着ぶくれて朝の村人楔形文字/児玉悦子

着ぶくれの手足短く両手に荷/嶋田麻紀

着ぶくれの妻に呼ばれて星数ふ/杉本寛

着膨れたやうな俳句の道具立/高澤良一

女坂をんな同士と着ぶくれて/松村多美

百貨店めぐる着ぶくれ一家族/草間時彦

着ぶくれの満身打ちし産声よ/細川加賀

着ぶくれて拓のやうな影は誰/櫂未知子

着ぶくれて更に旅券は胸の奥/大島民郎

着ぶくれて鏡の中の月日かな/鈴木栄子

着ぶくれて遅刻教師の踊る足/福永耕二

着ぶくれて受く警策の鈍き音/尼崎たか

着ぶくれて試験監督つつがなく/磯直道

着ぶくれてわが潮騒を葬りぬ/櫂未知子

かじめ切る背へ着膨れ子どつと泣く/柏禎

俳句例:61句目~

海を見に魂までも着ぶくれて/小泉八重子

たなご釣着膨れて畦踏みはづす/田島秩父

着ぶくれしわが生涯に到り著く/後藤夜半

人待つごと人厭ふごと着膨れぬ/石田波郷

共同湯木戸開け着膨れ婆ぬっと/高澤良一

物拾ふとき着膨れてをりにけり/山田弘子

着ぶくれてあり雪国に誰よりも/茂里正治

着ぶくれてふくら雀の如き子よ/田中冬二

着ぶくれてみちのく乙女細面/八牧美喜子

鰺売の婆着ぶくれて値を引かず/椎橋清翠

着ぶくれて人に無視され人無視し/久米清

着ぶくれて人の墓にも詣でたる/細見綾子

着膨れて後部座席を占めにけり/高澤良一

着ぶくれて寄れば机の拒みもす/皆吉爽雨

着膨れて遅参の弁をこもごもと/高澤良一

着膨れて重荷となりぬ山河かな/小野藤花

着膨れて金貯めて欲つきざるや/相馬遷子

着膨れのもたもた脱いで診察室/高澤良一

着ぶくれて富麻の寺へ詣でけり/山本洋子

着膨れ聞くこむら返りの直し方/高澤良一

俳句例:81句目~

福神のわれもひとりや着膨れて/吉田鴻司

着ぶくれて市の采配ふるつてる/明石洋子

足弱り来しははそはの着膨れよ/小林英子

着ぶくれて引揚船を待つばかり/松山足羽

着ぶくれて悪の愉しさ謀りをり/村上古郷

着ぶくれて泉岳寺より老いひとり/大串章

着ぶくれて浜町育ちは笑止かな/井桁衣子

着ぶくれて海山ともに平らなり/栗林千津

着ぶくれて當麻の寺へ詣でけり/山本洋子

着ぶくれて青竹踏みを怠らず/長崎小夜子

着ぶくれて神楽太鼓を敲きけり/佐川広治

着ぶくれて老の命を惜しむなり/富安風生

世を呪ふ麻疹の顔や着ぶくれて/堀口星眠

着ぶくれて聞き上手を通しけり/田村やゑ

二尺蟹糶るに応へて着ぶくれて/石川桂郎

着ぶくれて良識の目に戻りけり/仙田洋子

着ぶくれて見る難民の写真展/仲島/四郎

着ぶくれて馬耳東風の顔となる/佐藤信子

着ぶくれの子ら押合ひて立読す/岩崎照子

着ぶくれの欠伸まあるく女の子/嶋田麻紀

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ