季語/夕顔(ゆうがお)を使った俳句

「夕顔」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夕顔」について

【表記】夕顔

【読み方】ゆうがお

【ローマ字読み】yugao

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夕顔棚(ゆうがおだな:yugaodana)

季節による分類

・「ゆ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

夕顔を含む俳句例

夕顔や白き鶏垣根より/其角

夏草や夕顔町の小家がち/蝶夢

夕顔や物着に宿へ帰る人/麦水

夕顔や病後の顔の幼なぶり/木歩

夕顔の中より出づる主かな/樗良

夕顔や早く蚊帳つる京の家/蕪村

古簾上げ夕顔の末の花/後藤夜半

夕顔や星が抱える薄緑/金子皆子

夕顔や沓脱高き川の宿/青木重行

夕顔に浮世話は灯さず/富安風生

夕顔や蛇の輪を組む蔓の下/淡々

夕顔に雑炊あつき藁屋かな/越人

夕顔の男結の垣に咲く/小林一茶

夕顔や酔てかほ出す窓の穴/芭蕉

夕顔の屋根に桶干す雫かな/尚白

夕顔の花の主よ扇折/岡本癖三酔

砂川や夕顔のある屋根の上/凡兆

夕顔はこれよりの花初嵐/中村汀女

夕顔に舌灼くものを啜りおり/間石

夕顔や竹焼く寺のうすけぶり/蕪村

俳句例:21句目~

夕顔の大首役者揃ひ咲き/高澤良一

夕顔や禄たまはりし文使/高浜虚子

牛はまだ寝る足折らず白夕顔/静塔

点鬼簿の夕顔朝顔昼顔よ/高柳重信

火星大接近妙なる夕顔に/高澤良一

夕顔の莟ばかりの昼は憂し/比奈夫

夕顔の宿や火がふる夕煙/井原西鶴

夕顔の蕾つめたし父の膝/岩田由美

夕顔のひらきし蕊は夕日得し/汀女

月明の夕顔垣を僧に蹤く/吉野義子

夕顔や本に挟みて置手紙/福田蓼汀

二三軒夕顔の門相似たり/中山麦圃

夕顔の数の吉凶夫に秘す/横山房子

仏ゐて賑はふ夕顔棚の奥/佐野美智

六条の蛾か夕顔に纏はるは/稲岡長

昔日を啖い夕顔真白かな/永田耕衣

夕顔の開きて変る雨の色/山田節子

夕顔やそこら暮るるに白き花/太祇

夕顔や女子の肌の見ゆる時/千代尼

馬洗ふ人夕顔に動きけり/籾山柑子

俳句例:41句目~

夕顔の片尻懸けぬさんだはら/北枝

妖かしの時刻夕顔十余り/横山房子

大邸夕顔のある女中部屋/松藤夏山

夕顔が上り框に届けある/鈴木貞雄

ゆふがほの中より出る主かな/樗良

夕顔鉢を夕顔棚の下に又/鈴木花蓑

白扇の踊夕顔ひらくごと/羽部洞然

夕顔を心に投げし扇かな/成瀬正俊

夕顔や髻上げて夜の暑さ/後藤夜半

夕顔や人間の影ビルの影/落合冬至

夕顔に女世帯の小家かな/正岡子規

夕顔や野末を走る雨の音/中島月笠

夕顔の風に向て開きけり/天野聾兎

百姓の渋きしはぶき夕顔棚/細見綾子

あやかしの時刻夕顔十余り/横山房子

夕顔の夜々咲き競ふ鉢二つ/西山泊雲

夕顔の子規の歌あり棚つくる/乾涼帆

淋しくもまた夕顔のさかりかな/漱石

朝顔も夕顔も忌み給ふなり/京極杞陽

わが正体夕顔の凋む頃には/柿本多映

俳句例:61句目~

夕顔や口数減りし子も年頃/影島智子

成仏ヤ夕顔ノ顔ヘチマノ屁/正岡子規

夕顔の灯りて水の行方かな/星野昌彦

咲きつづく天の夕顔黒雨以後/小田保

家に入る前に夕顔垣間見て/高澤良一

夕顔とおわら流しの宵迎ふ/高澤良一

夕顔やひらけばひらく半じとみ/重頼

夕顔の花の上なる顔二つ/金尾梅の門

夕顔に旅と名のつく硯かな/正岡子規

夕顔やほのかに縁の褄はづれ/泉鏡花

夕顔やひとりながむる懐手/井上井月

夕顔や草書で習ふいろは歌/堀北久子

夕顔に庭木がくれの月遅し/鈴木花蓑

夕顔の風に白かり足たらす/太田鴻村

夕顔やひときは荒き山の星/佐野美智

夕顔に干瓢むいて遊びけり/松尾芭蕉

夕顔や浅間が岳を棚の下/芥川龍之介

夕顔によばれてつらき暑さかな/羽紅

夕顔や老い深みゆく花明り/野澤節子

夕顔に胡弓漂ひ初めにけり/高澤良一

俳句例:81句目~

夕顔のひらくに間ある耳掃除/堤高嶺

夕顔のひらく光陰徐かなり/石田波郷

夕顔やかつて手捲きの蓄音機/森澄雄

夕顔や月早ありて咲き急ぐ/鈴木花蓑

夕顔のほのめく家や藪の奥/松瀬青々

夕顔を蒔く東京に帰りたし/小川軽舟

夕顔の開きし蕋は夕日得し/中村汀女

夕顔に月の雨夜の暗からず/鈴木花蓑

夕顔を驚かしたる大蛾かな/豊原青波

夕顔の一つの花に夫婦かな/富安風生

夕顔の花に汐聴く島暮し/金箱戈止夫

夕顔垣きしむ牛車を空耳に/田中英子

夕顔に力あたふる水を打つ/朝倉和江

夕顔や投節唄ふ納屋のうち/角田竹冷

夕顔や忽と暮れゐし椽の先/斎藤道子

夕顔や往診の約残りゐて/山田ひさし

夕顔や山を越え来て髪の老ゆ/岸田稚

夕顔や妻が戻りて髪変へ来/清水基吉

夕顔や秋はいろいろの瓢哉/松尾芭蕉

夕顔に遊びし霊の夜半戻る/和田悟朗

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ