季語/麦打(むぎうち)を使った俳句

「麦打」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「麦打」について

【表記】麦打

【読み方】むぎうち

【ローマ字読み】mugiuchi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・麦叩(むぎたたき:mugitataki)

・麦つき(むぎつき:mugitsuki)

・麦搗(むぎかち:mugikachi)

・麦の殻竿(むぎのからさお:muginokarasao)

・麦埃(むぎぼこり:mugibokori)

・麦焼き(むぎやき:mugiyaki)

季節による分類

・「む」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

麦打を含む俳句例

麦打や夕日を招く竿の影/蝶夢

麦埃赤光の星森を出づ/川端茅舎

麦埃一動乱を起しをり/村山古郷

嚏して犬通りけり麦埃/内藤吐天

極楽も陸続きなる麦埃/桑原三郎

山寺の大炉の蓋や麦埃/西山泊雲

強靭な農婦の腰の麦埃/萩原麦草

此さとの住居いふせし麦埃/蝶夢

極楽も睦続きなる麦埃/桑原三郎

全身に麦埃つけ貧乏性/大熊輝一

麦を打ほこりの先に聟舅/炭太祇

屍室の仏菓の上の麦埃/西岡菩提樹

麦埃遠き飯場に燈の敷布/香西照雄

麦埃鯰は池に伏して笑ひ/永田耕衣

蝉鳴くや麦を打音三ゝゝ/服部嵐雪

机上にも麦扱の音濛々と/飯田龍太

麦埃丘にしづもり昼の月/久米正雄

麦扱のお茶の蓆は別に敷き/上野泰

麦打に三女夫並ぶ栄へかな/炭太祇

柵にぎつしりつまり麦埃/西山泊雲

俳句例:21句目~

麦埃ただよひ沼に日沈む/橋本鶏二

門口に吹出してをり麦埃/久保青令

麦打唄何度胎内にて聴きし/松本旭

軽々と浮き重なりぬ麦埃/高浜虚子

裏山に日がさすときの麦埃/桂信子

垣越しに隣より降る麦埃/西山泊雲

麦埃腑抜けきつたる面晒し/小林康治

麦埃浮べて利根の一支流/水原秋桜子

麦埃島の聖地をおそひけり/朝倉和江

瓢たんの花とおぼえつ麦埃/上島鬼貫

松の風麦扱器械よくまはり/高浜虚子

麦埃かぶり漕ぎ行く車椅子/山田百穂

言葉要らぬ麦扱母子影重ね/西東三鬼

麦埃いとふ白機織りすゝむ/西島麦南

水といふ水にありけり麦埃/高浜虚子

麦扱といふ生産の埃かな/猪俣千代子

麦埃こぼれつゞけり渚まで/西山泊雲

麦扱の音分校にひびきけり/棚山波朗

麦扱機憩へり鳩が歩み寄り/小池双葉

麦殻の柱並み立て今も小作/西東三鬼

俳句例:41句目~

麦殻焼く甲斐なかぞらの黒煙/中拓夫

麦焼の煙の切れて母がゐる/森田清司

麦打の遠くの音の眠たけれ/松本たかし

納屋の前に乾ける足跡や麦埃/西山泊雲

麦埃あふひに副ふて上りけり/松藤夏山

麦埃うすうすながれ伊賀の山/橋本鶏二

麦埃かぶる童子の眠りかな/芥川龍之介

麦埃旅の時間は生きてゐる/中村草田男

横たはる麦打棒をまたぎ行く/堤俳一佳

火の國の火の山裾に打てる麦/中島斌男

鶏小屋も麦打つ埃舞ふあたり/松林尚志

麦打つや老いの唐竿低けれど/緒方句狂

麦打の人のかはりて音かはり/金光紫川

麦扱の麦天日に噴きつづけ/伊達利根男

麦打の打ちそろひつゝ向きかはる/篠原

麦打の遠くの家に見ゆるなり/松藤夏山

麦殻を焚くや遠くの農夫耀り/萩原麦草

麦殻を焼く火消ゆれば螢かな/福田蓼汀

麦打の音に近づきゆきにけり/星野立子

僧の頭に麦扱きの音絶間なし/飯田龍太

俳句例:61句目~

麦打や風呂たきつけてマ一ト息/西山泊雲

ぎくりはつたんと麦を打つ音よ/小杉余子

いたはりて病後の妻と麦を打つ/清田松琴

傅て無きか云ふ他所行く娘麦埃/内田百間

麦打や開けある我戸気にしつゝ/西山泊雲

麦扱きの満月となりし家そと/中塚一碧樓

麦扱きを距てをぐらく昼を臥す/今枝蝶人

ふるさとの麦埃墓地をも汚し/榎本冬一郎

麦埃かぶせ掃きかぶせ畑の火に/西山泊雲

麦扱の三日ばしかで済めばよし/石口光子

麦埃かぶりし供華を切りにけり/松藤夏山

麦扱機しづまり月の夜がひらく/久保皓嗣

麦打の掃き浄めたる一ところ/軽部烏頭子

麦殻を焚く火か否か伊豆に入る/加藤楸邨

麦埃に乗りて亡父母遊ぶらむ/河原枇杷男

麦打ちのまた向きかへて鼻低し/細谷源二

麦を打つ頃あり母はなつかしき/高野素十

麦焼の阿修羅の如く火をくぐり/山口青邨

末の世のかなしき麦を打ちにけり/中川宗淵

麦扱機折り折り軋みつゝ無事に/古賀三春女

俳句例:81句目~

麦打の仏壇の灯のことを言へり/米沢吾亦紅

麦殻を焼く火の闇のなほはろか/長谷川素逝

麦扱きのこの日漁家たる状もなし/佐野まもる

柿の木の影の来そめし麦を打つ/五十崎古郷句集

麦を打つ麦を打つ日の傾きもなく/安斎櫻カイ子

けふをかけて麦扱の二三日の家かげ/中塚一碧樓

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ