季語/雪柳(ゆきやなぎ)を使った俳句

「雪柳」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪柳」について

【表記】雪柳

【読み方】ゆきやなぎ

【ローマ字読み】yukiyanagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・小米花(こごめばな:kogomebana)

・小米桜(こごめざくら:kogomezakura)

・こめやなぎえくぼ花(えくぼばな:ekubobana)

・噴雪花(ふんせつか:funsetsuka)

季節による分類

・「ゆ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

雪柳を含む俳句例

雪柳古き運河に水通す/堤妙子

月光の注ぎて溢れ雪柳/吉岡桂六

朝より夕が白し雪柳/五十嵐播水

雪柳古洋服のうづくまる/瀧春一

雪柳一枝挿して仏ごと/高澤良一

雪柳海龍王寺風もなし/百合山羽公

雪柳二三の落葉ひつかかり/上野泰

雪柳いま満開の重さかな/田中一生

接木してゐる傍の小米花/松瀬青々

雪柳散り散りに妻妊りし/杉山岳陽

雪柳怺へ性なく散り急ぐ/西村和子

雪柳疎まねど母夢に来ず/杉山岳陽

裏木戸を叩くは風の雪柳/横田清香

雪柳三千世界此処にあり/高澤良一

雪柳佛花と決めて幾年月/高澤良一

雪柳鋼震へに密咲けり/加倉井秋を

雪柳遠い半月みんな海馬/黒川憲三

雪柳清め塩ほど返り咲き/朝倉和江

いつの間に月光なりし雪柳/多田裕計

雪やなぎ母に孤独の刻多し/田中灯京

俳句例:21句目~

たえず風やり過しをり雪柳/高木晴子

ほんとうは暗緑の腸雪柳/高野ムツオ

雪柳さして試験も終りたる/岸風三楼

雪柳さらりと女盛り過ぐ/高橋淡路女

雪柳一ト朝露を綴りけり/松本たかし

雪柳童女のほとのけむるごと/岸田稚

一筋や走り咲きたる小米花/鈴木花蓑

雪柳老の二人に一と間足り/富安風生

雪柳花にも重さありにけり/落合水尾

雪柳花みちて影やはらかき/沢木欣一

夜の庭の花は皆消え雪柳/五十嵐播水

雪柳著者近影の古りゐたり/新関幸至

御霊屋を雪柳咲く奥にせり/村越化石

我孫子駅過ぎ人の荷の雪柳/和知喜八

生まれたる蠅を一滴雪柳/百合山羽公

甥姪もことば少なや雪柳/八木林之介

野良猫の揺らして通る雪柳/脇本幸代

行人に籠居見らるるや雪柳/村山古郷

メーデーの歌は聞えね雪柳/中村汀女

鉄橋のとゞろきてやむ雪柳/山口誓子

俳句例:41句目~

さかしまな痴情と思ふ雪柳/荻原久美子

月うるむ地にただようて雪柳/石原八束

ゆふづつや風のはつかに雪柳/石川桂郎

をさなくてただ濃き空よ雪柳/久保田博

返り咲く小米花あり門の春/松本たかし

雪柳吹かれもつれて花こぼす/岡田虚風

花屋の荷花をこぼすは雪柳/大谷碧雲居

噴き出づる嘆きのさまに雪柳/手島靖一

大揺れをまだ知らぬなり雪柳/高橋栄子

阿修羅と逢う噴き溢れ散る雪柳/渋谷道

長身に似合ふ和服や雪やなぎ/大島民郎

等身の雪柳ちり一人暮らす/北原志満子

雪柳ふゞくごとくに今や咳く/石田波郷

雪柳むらがり吹かれ翳巻くや/原田種茅

雪柳咲くや植ゑし子嫁きてより/杉本寛

秘め祀る聖牌くらし小米花/下村ひろし

雪やなぎ海竜王寺風もなし/百合山羽公

返り咲く雪柳より目に止めて/後藤夜半

雪柳記憶はいつもかの清瀬/古賀まり子

小米花とめし雨粒より小さし/小畑一天

俳句例:61句目~

潮のひかりたえず届きて雪柳/旗川万鶴子

日時計のちようど十二時小米花/三苫時子

庭仕事探してふやす雪やなぎ/黒坂紫陽子

小米花殖えゆく産衣みなましろ/福永耕二

スリツパのひつくり返り小米花/行方克巳

二度咲きの一つこっきり小米花/高澤良一

雪やなぎ白濃き午前海が見たし/大野林火

雪やなぎ苑をしろくし人死せり/山口誓子

雪やなぎ雪のかろさに咲き充てり/上村占

噴きこぼれさうでこぼれず小米花/長田等

雪柳はづみはづむは戦後の子等/杉山岳陽

美しく老いて女座す小米花/中野/喜久枝

鰈干す風に小米花の咲きにけり/西島麦南

雪柳人居るごとく揺れ合へり/阿部みどり女

誰も俯きゆく雪柳は濃みどりに/北原志満子

雪やなぎ水の影より揺れはじむ/鳥居おさむ

むらがりてのたうつさまを雪柳/佐々木六戈

小米花つけ始めたりもんぺを脱いで歩く/安斎櫻カイ子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ