季語/薔薇の芽(ばらのめ)を使った俳句

「薔薇の芽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薔薇の芽」について

【表記】薔薇の芽

【読み方】ばらのめ

【ローマ字読み】baranome

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

薔薇の芽を含む俳句例

新しき橋薔薇の芽の園つなぐ/稲畑汀子

薔薇の芽と棘と睦みて雨の昼/鷹羽狩行

薔薇の芽に朝雲うごく外秩父/永井由清

ばらの芽に夢の脈絡つなぎけり/松田/淑

薔薇の芽やパエリアの貝多国籍/吉原文音

薔薇の芽や了へし一週すぐ古び/藤田湘子

ばらの芽や画家なにがしと記す門/浅野右橘

もがき出て水際に熱す薔薇の芽は/赤尾兜子

三歳のくすくす薔薇の芽と棘と/松田ひろむ

薔薇の芽に七曜めぐるにぎやかに/原田青児

薔薇の芽に夫の嫌ひし虫の来る/平山/愛子

薔薇の芽のにきびの如し寒日ざし/西東三鬼

薔薇の芽の真紅を洗ふ雨となりぬ/岡田日郎

薔薇の芽の真紅詩の血を師より享け/早崎明

薔薇の芽やつつましき灯の修道院/桜井博道

薔薇の芽や校正のペンポケットに/原田青児

薔薇の芽のどんな色にもなれる赤/広瀬ひろし

薔薇の芽へずしりずしりと階降り来/加藤楸邨

薔薇の芽や友みな妻の座にふるび/長田るり子

ペンシヨンヘ疎林づたひや野薔薇の芽/大島民郎

俳句例:21句目~

薔薇の芽が紅しネクタイ替へてみる/小田切輝雄

薔薇の芽に息をころしてブロンズ像/橋本美代子

薔薇の芽をながくみつめて怪しまる/田川飛旅子

くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる/正岡子規

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ