季語/磯竃(いそかまど)を使った俳句

「磯竃」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「磯竃」について

【表記】磯竃

【読み方】いそかまど

【ローマ字読み】isokamado

子季語・関連季語・傍題・類語など

・磯焚火(いそたきび:isotakibi)

季節による分類

・「い」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

磯竃を含む俳句例

磯焚火潮音どよむ松林/皆川盤水

児を膝に海女梳る磯竃/渡辺畦月

流木の月日消えゆく磯焚火/林翔

海人を恋ふ人伝説磯竃/稲岡達子

浜焚火勢を得し彼方かな/山本歩禅

磯焚火王子の祠煙らしぬ/石倉啓補

磯焚火海女総立ちに春驟雨/上野泰

糠雨のなか白煙の磯焚火/酒井十八歩

仏眼と異るほくろ浜焚火/磯貝碧蹄館

海女の眼の沖をはなさず磯竈/下田稔

立膝の海女の囲める磯焚火/佐藤露草

呆けたる老を加へて浜焚火/奥名春江

浜焚火汐木に犬を繋ぎをき/山田弘子

磯かまど女ばかりの笑ひ声/渋沢渋亭

浜焚火連絡舟の着くところ/猿渡ます

潮灼けの眉のうすさよ磯竃/中村丹井

誰か焚き誰もがあたる磯焚火/品川鈴子

刺羽の渡り待つ秋暁の浜焚火/吉田未灰

妹背とて男は入れず磯焚火/長谷川虚水

崖下に見えて細き火磯かまど/今村泗水

俳句例:21句目~

松毬のかたち火色に磯焚火/中戸川朝人

浜焚火して沖荒れを眺めをり/高濱年尾

浜焚火ほそきたつきの舟帰る/松村蒼石

閨を出し顔を合はして磯焚火/平畑静塔

火掻棒それも燃え出す磯焚火/小林鱒一

磯かまど種火を残し海女潜る/大口蘇峰

磯かまど素顔美し真珠海女/石川星水女

磯竃より大勢の眼に見らる/山口波津女

舟あぐる海女の総立磯かまど/菊池大修

覗き合ふ小さき鏡や磯かまど/青柳与志

口紅の濃くてにくまれ磯かまど/村上杏史

中学を卒へて海女たり磯焚火/逸見吉茄子

クレーン船沖を指しゆく浜焚火/館岡沙緻

眉間より凍ほぐれゆく磯焚火/古賀まり子

浜焚火松葉の燠のつまびらか/加藤三七子

ひとり来て話題のかはる磯焚火/加藤洋子

蚊帳吊つてあり磯かまど面白や/高濱年尾

磯かまど磯著に著替ふこと早し/中川忠治

磯焚火拾へば木切れいくらでも/水木祥壱

お迎への心に焚かれ磯かまど/小山/登喜子

俳句例:41句目~

海女の来て直ぐに燃えたつ磯竃/石田ゆき緒

海苔掻女濡れ手をかざす磯焚火/高橋淡路女

サーファーの忘れものめく浜焚火/能村研三

磯焚火育てて捨ててかへりみず/上田五千石

浜焚火番をかつてもみたきかな/夏井いつき

磯かまど岩つたひきし海女ほそく/楠井不二

磯焚火ゾロアスターの火のかがよひ/津田清子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ