季語/赤のまんま(あかのまんま)を使った俳句

「赤のまんま」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「赤のまんま」について

【表記】赤のまんま

【読み方】あかのまんま

【ローマ字読み】akanomamma

子季語・関連季語・傍題・類語など

・犬蓼の花(いぬたでのはな:inutadenohana)

・赤のまま(あかのまま:akanomama)

・赤まんま(あかまんま:akamamma)

・花蓼(はなたで:hanatade)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

赤のまんまを含む俳句例

犬蓼の穂に出顔や荒屋敷/宝馬

石佛の口唇紅き赤のまゝ/篠原

犬蓼の中で何するかゝし哉/太無

赤のまま天平雲は天のもの/青畝

犬蓼の花や咎めし留守の門/也有

犬蓼の秀は色に出て水に垂る/雪弥

城跡の中の径の赤のまゝ/高濱年尾

村の子は丈夫で裸赤のまま/上村占

犬蓼のとくと淋しきさかり哉/春堂

夭折の弟があり赤のまま/太田土男

化野の犬蓼の辺の欠け佛/高澤良一

露集ひ一塊の水赤のまま/香西照雄

犬蓼の花くふ馬や茶の煙/正岡子規

赤のまゝそと林間の日を集め/茅舎

赤のまま円空堂に通ず径/高澤良一

窯元の門口飾る犬蓼よ/鈴木真砂女

足もとの赤のまゝ見て立話/高木晴子

夏先の色薄けれど赤のまゝ/高澤良一

酒倉に親しきものや赤のまま/石寒太

犬蓼ぬれて道に出てゐる/栗林一石路

俳句例:21句目~

犬蓼もはなだちそろふ芋畠/飯田蛇笏

母にある幼な友達赤のまま/大橋敦子

みちのべの赤まんまなど月の家/鷹女

犬蓼や馬のしづかな咀嚼音/角川春樹

手にしたる赤のまんまを手向草/風生

苧も赤のまんまも秣かな/松尾/久子

崩れ伏す母岩一帯赤のまま/成田千空

流水の風の筋目に赤のまま/伊藤敬子

苧も赤のまんまも秣かな/松尾/久子

人なぜか生国を聞く赤のまま/大牧広

赤のまますがれて吾を憩はしむ/五線

手にしたる赤のまんまを手向草/風生

赤のまま賢治作りし弥助橋/高澤良一

主なき書屋に赤のまま活けて/川口咲子

蕎麦汁の器に挿せば赤のまま/石川桂郎

われ黙り人話しかく赤のまま/星野立子

夢のなか赤のまんまと仏頭と/金子皆子

赤まんま屋根裏の窓人のぞく/小池文子

赤まんま墓累々と焼けのこり/三橋鷹女

板塀に継あててある赤のまま/遠藤梧逸

俳句例:41句目~

此辺の道はよく知り赤のまゝ/高浜虚子

赤のまま語らねば愛深くなる/大島六花

赤のまま寝溜の旅も終りけり/鷹羽狩行

筧水こぼるゝところ赤のまゝ/高濱年尾

防人の墓とつたへて赤のまゝ/湯浅桃邑

積み捨てし水禍の畳赤のまま/渡辺文雄

種牛は小屋で留守番赤のまま/石田勝彦

犬蓼にある明るさよ野草園/青柳志解樹

犬蓼にけふの散歩はここ迄と/高澤良一

犬蓼や米こぼれたる井戸の縁/寺田寅彦

百姓にゆふべ道問ふ赤のまま/角川春樹

針千本飲ます算段赤のまま/櫛原希伊子

測量士赤のまゝより十歩ほど/高澤良一

夢のなか赤のまんまと仏頭と/金子皆子

赤のまま地玉子売りの来る日暮/松浦釉

赤のまま潰へるまでのさくら色/高澤良一

山羊の貌朝日うけをり赤のまま/坪野文子

影踏みの影の伸び来し赤のまま/大上充子

赤のまゝ妻逝きて今日は何日目/小川千賀

わが心やさしくなりぬ赤のまま/山口青邨

俳句例:61句目~

昼の虫すがれし赤のままのなか/高澤良一

杖の先あそばせ憩ふ赤のまゝ/坂口かぶん

ここになほ昔のこれり赤のまま/桜木俊晃

郵便夫バイクを停める赤のまま/町田一雄

赤まんま空地に捨てゝある枕/秋元不死男

赤のまま馬に触れたき少女をり/太田土男

縄汽車のぶつかり歩く赤のまま/奥田可児

つれづれの旅にもありぬ赤のまま/森澄雄

なか~に老の血殖えぬ赤のまゝ/萩原麦草

長雨の降るだけ降るや赤のまま/中村汀女

赤のまま摘めるうまごに随へり/臼田亞浪

ローカルの切符は硬し赤のまま/白内慶太

山の田は作らず売らず赤まんま/影島智子

赤まんま留守番の子の指しやぶり/島汀子

仔馬らの四肢太くなり赤のまま/椙山昭三

犬蓼にちりちりと陽が谷底まで/川崎展宏

兄弟の網うち習う赤のまま/長谷川かな女

出土土器散らばり乾き赤のまま/水田三嬢

日ねもすの埃のままの赤のまま/高浜虚子

犬蓼の稲田になだれ込むところ/高澤良一

俳句例:81句目~

勝ち誇る子をみな逃げぬ赤のまま/草田男

赤のまま此処らで誰か滑りしか/高澤良一

子をもたず母を送りて赤まんま/関口桂史

赤のまま遊ぶ手の中暮れている/武田涓滴

犬連れの馴染みの顔や赤のまま/山本保子

赤のままむかし卑弥呼の国に敷き/小野元夫

赤のまゝあの子の兄を知つてゐる/岡田史乃

赤のままより鄙の野のありそめし/稲畑汀子

ゴム長を穿きてふるさと赤のまま/右城暮石

瀬にあれば酔のさめゆく赤のまま/田中裕明

夜べの雨未だ降り止まぬ赤のまま/青柳薫也

溝そばと赤のまんまと咲きうづみ/高浜虚子

小流れをなせる余り温泉赤のまま/高澤良一

山寺の咲くだけふえて赤のまま/高浜きみ子

赤のまま双手ほうしろポケットに/横山白虹

犬蓼やめんどり納屋に入りしまま/永方裕子

赤のまま噴湯ぽこぽこぽこぽこと/高澤良一

犬蓼をまはりて句帖汚しけり/長谷川かな女

洗ひ障子赤のまんまに置きにけり/松藤夏山

水子らがゆすり搖れるよ赤まんま/坪内稔典

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ