季語/赤のまんま(あかのまんま)を使った俳句

俳句例:101句目~

水張りしコップに空地の赤のまま/高澤良一

洗ひ障子赤のまんまに置きにけり/松藤夏山

溝そばと赤のまんまと咲きうづみ/高浜虚子

赤のまま此処を墳墓の地とせむか/吉田週歩

赤のまま錆びたるものにむらがれる/清崎敏郎

赤のまますがれてさらにずぶ濡れて/池田秀水

さゞ波のここまでよする赤のまゝ/池上不二子

赤のまんまけさがけに負ふ石ぼとけ/赤尾兜子

赤のままちぐはぐに生き夫婦かな/小島千架子

幸なるかなくるすがしたの赤のまゝ/山本健吉

あるがままただそのままに赤のまま/和田俊夫

赤のまんまけさがけに負ふ石ぼとけ/赤尾兜子

しかもなほ赤のまんまの轢かれあり/佐々木六戈

しかもなほ赤のまんまの轢かれあり/佐々木六戈

泣き羅漢の泣き止むを待つ赤のまま/小島千架子

憩ふ石にふさはしければ赤のまま/阿部みどり女

五右衛門風呂の蓋はたつぷり赤のまま/大木あまり

タイトルとURLをコピーしました