季語/秋晴(あきばれ)を使った俳句

「秋晴」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋晴」について

【表記】秋晴

【読み方】あきばれ

【ローマ字読み】akibare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋日和(あきびより:akibiyori)

・秋晴るる(あきはるる:akiharuru)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋晴を含む俳句例

籾臼の廻りも早し秋日和/乙由

秋晴るる山の湖縁暗く/上村占

刈株の後ろの水や秋日和/一茶

寒地農頬鳶色の秋日和/久米正雄

秋晴れてあら鬼貫の夕やな/惟然

岩群の皆仏界や秋日和/内藤吐天

秋晴に沈めし鼠捕りの泡/長田等

林中に径幾すぢや秋日和/原石鼎

秋晴の湖上に鳶の恋の笛/長田等

畳屋の肘が働く秋日和/草間時彦

眼裏に仏の鬱金秋日和/手塚美佐

鳶舞ふや本郷台の秋日和/正岡子規

秋晴に外出心もなく写経/福田蓼汀

秋晴れて鴎も眉毛あるごとし/茅舎

秋晴のトレビの泉人の群/河野静雲

山川草木悉有仏性秋日和/佐竹伸一

秋晴の口に咥へて釘甘し/右城暮石

秋晴の天より来しか吾子の文/林翔

秋晴の校庭村の中心なす/右城暮石

園わたる隣の煙や秋日和/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

秋晴るゝ松の梢や鷺白し/正岡子規

山寺の天井までも秋日和/星野立子

六甲の秋晴に船近づきし/河野美奇

落柿舎の門に俥や秋日和/野村泊月

秋晴の街中占めし大木山/右城暮石

山口の天花町なる秋日和/石原八束

秋晴の踏切濡らし花屋過ぐ/岡本眸

秋晴の領巾振山は駅の上/河野静雲

秋晴の高校二年生消ゆる/藤岡筑邨

汁の実の一口茄子や秋日和/堺利彦

秋晴やなかを奇麗に稲荷堂/原田喬

実朝の海秋晴れの紺流す/小室善弘

八重垣の雲のほぐれし秋日和/原裕

秋晴や太鼓抱へに濯ぎもの/上野泰

嵐峡を出て芋圃の秋日和/久米正雄

寿福寺に瓦屋のゐる秋日和/下田稔

秋晴や湖渡り来る櫂の音/丹羽啓子

一歩出てわが影を得し秋日和/草城

秋晴や神を信ずる心ふと/星野立子

川口を塞げる島や秋日和/野村泊月

俳句例:41句目~

秋晴や薬草講義谺呼び/和田ゑい子

秋晴や隼あがる妙義山/関野喜代子

篁の秀に風間あり秋日和/木津柳芽

秋日和鉈豆干しぬ詩仙堂/水落露石

秋晴を叩き叩きて船修理/右城暮石

秋日和こころの乱れ榛にあり/龍太

秋晴にこもりて綴る追悼記/森田峠

この街の宣撫整ひ秋晴るる/椎橋清翠

鉱山街寂びて秋晴の墓あらは/瀧春一

秋晴るる南大門を仰ぎけり/石井桐陰

視察官来て吃る民秋晴るゝ/久米正雄

二面石善相ことに秋晴るる/大橋敦子

親指のことに汚れて秋日和/坪内稔典

街騒が空に消えゆく秋日和/高木晴子

苅り残す藍の実赤く秋日和/渡辺香墨

堤走る人数あり秋晴るゝ里/久米正雄

夜詣に雇ひしを秋晴るゝ舟/久米正雄

舷を流るるよき藻秋日和/五十嵐播水

嫁ぐ日の大秋晴を賜はりぬ/池田秀水

屑籠と空き缶空き壜秋日和/二村典子

俳句例:61句目~

行先ちがふ弁当四つ秋日和/松永典子

縁側に立ち塞がりぬ秋日和/野村泊月

山峡に字一つづゝ秋晴るゝ/相馬遷子

秋晴るゝ石段高し利根堤/佐野青陽人

縁側に母の居さうな秋日和/高石敏子

藩校は禅堂めきぬ秋晴るる/舘野翔鶴

秋晴を父の形見の如仰ぐ/後藤比奈夫

峙てる高炉の下の秋日和/深見けん二

秋晴れて日常茶飯尊とけれ/徳川夢声

秋晴れに甘酒啜る仏像観て/沢木欣一

深山にわが影ふみて秋日和/飯田蛇笏

向合ひて製材所あり秋日和/高木晴子

秋晴のわが影われを欺かず/保坂伸秋

砂に寝て砂の軋むや秋日和/山口誓子

秋晴の運動会をしてゐるよ/富安風生

秋晴れて雨国橋の往来かな/正岡子規

秋日和畳いよ~黄ばむかな/吉屋信子

秋晴やあをき鰯の一夜干/竹森登美恵

秋晴に豆自動車も走りをり/高木晴子

白樺の稀には斜め秋晴るる/皆吉爽雨

俳句例:81句目~

石あれば石に憩ひぬ秋日和/中村秋晴

秋晴の小さな家を出てきたる/湯川雅

仏像は金の冷たさ秋日和/山口波津女

秋晴の拍手最終ランナーに/高橋笛美

秋日和礎石の上の句帳かな/野村泊月

秋晴の日は静かなる夕暮よ/高木晴子

秋晴や教会見えて来れば町/星野立子

木俑のひとりは哄ふ秋日和/黒田杏子

秋晴れに笑み秋霖に泣く心/高木晴子

手をかざし祇園詣や秋日和/高浜虚子

塵取に塵なく園の秋日和/池内たけし

滝壺や人のたむろす秋日和/飯田蛇笏

秋晴れや生死一重の影法師/長迫貞女

秋晴の玄関手紙来てをらず/上崎暮潮

青潮にうもれ秋晴れの島々/内藤吐天

渓流の響ぐわーんと秋日和/鈴木花蓑

秋晴れや松茸来る柚子来る/横光利一

秋晴や心ゆるめば曇るべし/高浜虚子

美しくなりし娘を褒め秋日和/後藤夜半

藁屋根の下の玻璃戸や秋日和/野村泊月

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ