季語/鶲(ひたき)を使った俳句

「鶲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鶲」について

【表記】鶲

【読み方】ひたき

【ローマ字読み】hitaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・尉鶲(じょうびたき:jobitaki)

・火焚鳥(ひたきどり:hitakidori)

・紋鶲(もんびたき:mombitaki)

・団子背負い(だんごしょい:dangoshoi)

・馬鹿っちょ(ばかっちょ:bakatcho)

季節による分類

・「ひ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

鶲を含む俳句例

隼に驚き細る鶲かな/皿井旭川

雨降るに裸の柿の尉鶲/石塚友二

割腹死鶲撒かるる空の端/斎藤玄

風絶えて玉垣移る尉鶲/鍛治桂子

雨にまた川なす山路鶸鶲/上村占

鶲呼ぶ媼に言葉憂かりけり/原裕

前栽の列樹に鶲時頼忌/田中英子

よき話鶲つげ来よ南まど/上村占

黄鶲が出れば緋鶲雪の上/原石鼎

三ツ峠湖へと下る瑠璃鶲/峠素子

鶲呼ぶ老女童女に風の日矢/原裕

元日の芦を掴める鶲かな/岸田稚

鶲呼ぶ媼のかげの匂ふかに/原裕

前略と庭先に来し鶲かな/鷹羽狩行

良寛の手鞠の如く鶲来し/川端茅舎

朝ごとの雪に色ひく鶲かな/飴山實

浮島の枯れの明るし尉鶲/宮坂静生

山寺の石の苔はむひたき哉/中勘助

黄鶲や雪痕雲の中を行く/古舘曹人

黄鶲の胸毛恋しき枝移り/椎橋清翠

俳句例:21句目~

門前の蒟蒻売りに鶲来る/水野爽径

軽井沢雨黄鶲の声濡れず/伊藤敬子

葛を売る庭から庭へ尉鶲/古賀寿代

鶲頭は捨身の赤や東慶寺/川崎慶子

鶲見る頬杖の刻移りつゝ/福島閑子

鶲来て遊ぶ患家の雪の庭/相馬遷子

尉鶲枝移りせり虫獲つつ/片桐美江

枯山や振り返るとき尉鶲/草間時彦

鶲日和誰か山唄口ずさむ/津田清子

鶲来て嘴鳴らす御慶かな/目黒十一

山牛蒡鶲も二日三日かな/加藤楸邨

徳願寺の山茶花いかに鶲殿/中勘助

元日に来る鶲や紋つけて/和田祥子

飛びかはす鶸よ鶲よ雪の藪/泉鏡花

旅人も鶲もつづれ織の冬/橋石和栲

紅葉焚く煙上りて鶲消ゆ/橋本鶏二

雪礫あたりし枝の鶲かな/橋本鶏二

林泉の鶲二羽とも三羽とも/吉原渓歩

枝借りて鶲聖母へ近づきぬ/中島久子

沢を吹く歯朶の嵐に瑠璃鶲/山谷春潮

俳句例:41句目~

波郷忌の林に入れば尉鶲/鈴木しげを

畳屋の茶どきに鶲あらはるゝ/飴山實

紋見せて蔓がくれなる鶲かな/森田峠

豆柿をひたき占めゐる峠かな/中勘助

紫を卯つ木の実とす鶲かな/野村喜舟

さきがけて鶲の声の初明り/田村木国

落葉より翻りたる鶲かな/明石春潮子

衣かけて岩に銭おく瑠璃鶲/古舘曹人

雪の木を彩り鶲遊びけり/徳永山冬子

雪渓の霧やりすごす野鶲か/堀口星眠

鶲とぶ冬至の雨に湖透きぬ/長谷川双

鶲の路月の骸横たはる/竹下しづの女

鶲啼き新雪樅にうすかりき/石原舟月

鶲来てふと見し枝は梅咲けり/及川貞

鶲来て物干す我を眺めをり/大塚育子

鶲来て色つくりたる枯木かな/原石鼎

鶲来る薄目を開けてをる空に/中田剛

一番星鶲はいつか来てゐたり/原田喬

三角点瑠璃鶲ゐて声澄めり/山谷春潮

鶲見しあとの暮色に人帰す/横山房子

俳句例:61句目~

人は死に人は鶲とあそびけり/斎藤玄

鶲見て息しづめをり雪の坂/相馬遷子

冬の泉鶲映りて羽刷らふ/石田あき子

鶲見る頬杖の刻うつりつつ/富安風生

鶲飛ぶ黄繻子の光り枯桑に/内藤吐天

黄鶲の梢越す風よ吾野過ぎ/黒川憲三

黄鶲や峠に波郷見しやうな/木村有宏

黄鶲や沢辺に多き薊の座/水原秋櫻子

初冬や鶲は崖を鳴きこぼれ/野村喜舟

黄鶲を聴く生誕の楽として/堀口星眠

黄鶲来て渓流見通しよき処/高澤良一

鵯ひたき鳥ににぎはふ粟穂庵/中勘助

声でわかる鶲の機嫌空模様/津田清子

奥多摩は藁塚の日和や尉鶲/石田勝彦

実茨の蔓を撥ねしは尉鶲/鈴木しげを

寝正月鶲を欲れば鶲来る/橋本多佳子

尉鶲わが目前にさびれる庭/貫井爽水

尉鶲柿の木に来て栗の木へ/高橋悦男

尉鶲話の端を折られけり/石田あき子

幾朝の声の鶲ぞ垣に来る/阿部ひろし

俳句例:81句目~

庭焚火しづかに松の鶲かな/橋本鶏二

昃りしもの慕はしや鶲来る/後藤夜半

風と来て風が連れ去る夕鶲/加藤燕雨

朝時雨鶲を庭にのこし去る/加藤楸邨

杣山や鶲に煙のながれたる/飯田蛇笏

松風の声となりゆく瑠璃鶲/渡辺夏舟

鶲来て年酒の箸のはなやぎぬ/草間時彦

黄鶲やあはれ継橋はなやかに/渡辺夏舟

いとまごひして立ちし時初鶲/南/耕風

野鶲のすこし仰向く風情かな/飯田蛇笏

くつきりと鶲や畑に乾く田に/石川桂郎

黄鶲の胸に黄灯し子育て森/平井さち子

桑畑の木の間を来たる鶲かな/皆川盤水

鶲来て母は毎日不在なり/竹下しづの女

黄鶲となつて去りにき市の中/加藤秋邨

その色の水に飛んだる鶲かな/石田勝彦

紋見せに鶲が庭に来たりけり/牧野春駒

鶲来て枯木うちはゆ雑煮かな/渡辺水巴

渡り来て鶲一羽となりしかな/島崎秀風

山柴におのれとくるふ鶲かな/飯田蛇笏

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ