季語/秋祭(あきまつり)を使った俳句

「秋祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋祭」について

【表記】秋祭

【読み方】あきまつり

【ローマ字読み】akimatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・里祭(さとまつり:satomatsuri)

・村祭(むらまつり:muramatsuri)

・在祭(ざいまつり:zaimatsuri)

・浦祭(うらまつり:uramatsuri)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋祭を含む俳句例

秋祭紫の幕箔屋町/細見綾子

侍が煙草銜へて秋祭/大倉祥男

油火を点す畦道秋祭/茨木和生

山々に深空賜はる秋祭/桂信子

秋まつり大きな山の影の中/黛執

秋祭川には川の蝶遊ぶ/細見綾子

秋祭八岐の大蛇退治けり/安住敦

老人に石のつらなる秋祭/桂信子

飾り鞍仔馬に届く秋祭/櫻内玲子

老人と子供と多し秋祭/高濱虚子

秋祭人語四方の峠より/前田普羅

秋祭とて沼渡舟旦より/福田蓼汀

群山の幸を余さず秋祭/藤田湘子

砂畠きれいに打つて秋祭/原田喬

女一人まじる楽隊秋祭/高野素十

満潮の向ふの町の秋祭/中村汀女

楢林丘をわたれる秋祭/遠藤梧逸

橋脚となる島終の秋祭/片桐孝明

秋祭笛一管に星欠くも/古舘曹人

秋祭社の床に舟を入れ/谷口智行

俳句例:21句目~

秋祭昔めく色並べ売る/山田弘子

振袖で蜂を払へり秋祭/茨木和生

漂へる蝶々黄なり秋祭/前田普羅

流鏑馬の馬場が整ひ秋祭/栗原満

をんな見て佇つ少年や秋祭/原裕

秋まつり明るく暗く桶の/寺山修司

うぶすなは提灯だけの秋祭/飴山實

秋祭くちびる厚き鯉の長/川村悠太

字違へ小字をたがへ秋祭/藤井貞子

宇曽利嶺に鴉集まる秋祭/岡村/實

秋祭すみし塵掃く峠茶屋/渡辺一魯

秋祭すみ麹室開け放つ/佐々木経子

秋祭すめば女は紙漉きに/藤後左右

秋祭り山車の松前鉄之助/高澤良一

たこ焼屋主人の啖呵秋祭/有我/卓

小鳴門の十軒ばかり秋祭/西本一都

ともしびを囲ふ白紙秋祭/山本洋子

秋祭日輪ゆらぐ大太鼓/柴田白葉女

秋祭果て木曽馬の足に灸/垂見菊江

秋祭金髪の子を捧げ行く/藤田湘子

俳句例:41句目~

秋祭雨にはじまり雨に終ふ/杉本寛

山越えて招き招かれ秋祭/福田蓼汀

秋祭鬼面をかぶり心も鬼/山口誓子

山霧は晴をいざなふ秋祭/茨木和生

笛吹いて山の風よぶ秋祭/豊長和風

岳五つ据ゑて鎮守の秋祭/藤澤果抱

笛方に徹する家系秋祭/内田二三子

群巒にひとり神なる秋祭/前田普羅

提灯を木深くさげぬ秋祭/富田木歩

聳えたつ山の巌に秋祭/百合山羽公

藪の神秋祭とて灯りけり/清原枴童

弟も老いて無事なり秋祭/古橋呼狂

急行の停らぬ駅や秋祭/赤星水竹居

三山の三山が見え秋祭り/福井隆子

行列の二つになりし秋祭/高木晴子

農夫酔ひ呟きあるく秋祭/伊東宏晃

拾ひたる貝の紅もつ白秋忌/上村占

野崎神楽六角牛神楽秋祭/高澤良一

門川の皿にせせらぎ秋祭/福田蓼汀

雪洞を残し山車去る秋祭/松永亀重

俳句例:61句目~

免れし雨口々に秋まつり/平子公一

日傘より男現はれ秋祭/神尾久美子

木の上の少年の声秋祭/九鬼あきゑ

午後早く銭湯が開く秋祭/菖蒲あや

古町にある目立屋も秋祭/西本一都

村に入る道は一本秋祭/田中由喜子

松に懸け打つ双盤や秋祭/河野静雲

棒に集る雲の綿菓子秋祭/西東三鬼

浦安のもどりの道の秋祭/星野立子

境内のもう片付きし秋祭/内田美紗

湖べりの村つぎ~に秋祭/浜中柑児

奥能登は七浦かけて秋祭/升谷一灯

犇めくものは真黒に秋祭/折井紀衣

町中に提灯を吊り白秋祭/井山幸子

白秋祭島も露めく風の色/河野南畦

大漁旗たてて福良の秋祭/鳥毛正明

大空の雲はちぎれて秋祭/前田普羅

石あれば石に坐りて秋祭/落合好雄

太鼓より神輿小さし秋祭/遠藤はつ

石見のや人丸山の秋祭/鈴鹿野風呂

俳句例:81句目~

外海を帆が行く浦の秋祭/寺島ただし

山童にかがやくお櫃秋まつり/下田稔

秋祭子らの綿菓子風に痩せ/藤陵紫泡

からくりの布袋舌出す秋まつり/原裕

村會に秋の祭の日のべかな/正岡子規

綿飴を買いそびれ居り秋祭/山口禮子

焼津より鮪売来る秋まつり/橋本榮治

神主も出店をのぞく秋祭/滝川いわ子

空き家に戻らず秋祭の夜も/茨木和生

どの家も馬ゐてたのし秋祭/田村了咲

島の名を氏とし住めり秋祭/村上杏史

稚妻みごもるころに秋祭/百合山羽公

崖の上の人の往来や秋祭/大場白水郎

秋祭大きく鮨を握りけり/鈴木真砂女

まざまざと水禍の町の秋祭/木下夕爾

みちのくや駅に始まる秋祭/小川軽舟

秋祭鯛一尾さげての泊り客/田中冬二

石段のはじめは地べた秋祭/三橋敏雄

もの食ふは氷川神社の秋祭/岸本尚毅

袖口の浅黄襦袢や秋祭/阿部みどり女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ