季語/秋の雷(あきのらい)を使った俳句

「秋の雷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の雷」について

【表記】秋の雷

【読み方】あきのらい

【ローマ字読み】akinorai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋雷(しゅうらい:shurai)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

秋の雷を含む俳句例

秋雷や父譲りなる眉勁く/林翔

秋雷に首さしのべて塒/飯田蛇笏

山人のみやび言葉や秋の雷/原和子

羽の色盗まれし鳥秋の雷/対馬康子

秋雷や旧会津領山ばかり/高野素十

秋雷の一つ転がる山向う/高澤良一

秋雷の終りは嗚咽隠岐の島/熊谷愛子

遠乗隊秋雷つれて戻りけり/堀口星眠

谷々へ割れて秋雷延暦寺/赤松けい子

船中の寝覚に聞くや秋の雷/村上鬼城

秋雷を遠くに聞きて旅枕/尾沼チヨ子

木鋏の縁にひびきて秋の雷/山口誓子

秋雷や踏めば崩るる悪の山/宮武寒々

秋の雷澎湃と巌湧くごとし/加藤楸邨

船を押す海人の屈強秋の雷/野見山朱鳥

多佳子句碑秋の雷みえぬとも/西村逸朗

秋雷に出すくむ足や鞭打ちて/石塚友二

青空とせめぎ合ふなり秋の雷/宮津昭彦

秋雷の呼び込む風か座敷抜け/高澤良一

秋雷の果てはザとくる雨の快/高澤良一

俳句例:21句目~

秋雷の豆を煎るごと空ら響き/高澤良一

秋雷や促すものを身のうちに/石塚友二

秋雷や草の如くに人は病み/金箱戈止夫

窯元の百家とどろく秋の雷/鈴木真砂女

秋の雷どすんと荷物おろすごと/高澤良一

秋の雷つぶやきに似て鳴り終る/三浦ゆう

夫居ねば軽んぜられぬ秋の雷/石田あき子

天の端の秋雷記者ら街に出づ/神尾久美子

吾子の顔剃るや秋雷家を響す/石橋辰之助

秋雷のさあらぬ体に鳴り出せる/高澤良一

うき草にむらさきはしる秋の雷/篠田悌二郎

秋雷のあとの山照り鳩鳴けり/阿部みどり女

日ある野や秋雷嶽にぶつかれる/石橋辰之助

秋雷に消されたる灯のがばと点く/石塚友二

嶽越えし秋雷なつかしきゆふべ/石橋辰之助

秋の雷海びしびしと打ち据ゑて/樫村安津女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ