季語/落し水(おとしみず)を使った俳句

「落し水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「落し水」について

【表記】落し水

【読み方】おとしみず

【ローマ字読み】otoshimizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・水落す(みずおとす:mizuotosu)

・田水落す(たみずおとす:tamizuotosu)

・堰外す(せきはずす:sekihazusu)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

落し水を含む俳句例

二三尺秋の響や落し水/月渓

雨乞の小町が果や落し水/蕪村

打々の寝心更けぬ落し水/蕪村

行秋や皆橋かけて落し水/蓼太

鄙宿や水落す音襖にぞ/尾崎迷堂

村村の寢ごゝろ更ぬ落し水/蕪村

落し水遠くに聞え夜の闇/大森積翠

からうじて山田実りぬ落し水/几董

山鳩の声沁む霧の落し水/青木千秋

岩倉の夜はまつ暗落し水/岸風三楼

落柿舎の門前暗し落し水/北澤瑞史

落し水滔々と秋尽るかな/増田龍雨

落し水柳に遠く成にけり/蕪村遺稿

落し水瑞穂の国の音を聴く/滝青佳

菅原の丘なす道や落し水/岡本松浜

秋篠の人の早寝や落し水/前田普羅

印南野は一枚闇や落し水/吉川柳水

道の上澄み拡がれる落し水/西山泊雲

落し水溢れて道を清くゆく/平畑静塔

犀川に還りゆくなる落し水/西本一都

俳句例:21句目~

落し水は女もすなり石二つ/西山泊雲

三叉路に六地蔵立つ落し水/千原満恵

落し水忽ち音をたてにけり/楠瀬薑村

落し水喜びの音ありにけり/浜渦美好

草の花の畦を破るや落し水/西山泊雲

落し水老鶏はやき眠りかな/大獄青児

月虧けて山風つよし落し水/飯田蛇笏

倒伏の稲をくぐれる落し水/岡安紀元

姥捨の月に縷々たる落し水/西本一都

棚田十程一斉に白し落し水/西山泊雲

段々の山田を下だる落し水/寺田寅彦

母恋し首を伸して落し水/秋元不死男

浮草やしかも山田の落し水/水田正秀

野分雲夕田ごう~と落し水/西山泊雲

門に出て夫婦喧嘩や落し水/高浜虚子

三輪山をいよ~山や落し水/尾崎迷堂

水落すや隣田主の申し分ン/西山泊雲

誰置きし草籠邪魔や水落す/西山泊雲

何生きて水輪つくるか落し水/高井北杜

峡の田の暗きに鳴れり落し水/吉良蘇月

俳句例:41句目~

日焼田や二反はからき落し水/正岡子規

昨日見て今日見て雨の落し水/村沢夏風

林泉のまゝ田が有りて落し水/松瀬青々

激つ瀬へいそぐ月夜の落し水/白岩三郎

相ひびかふ智恵子泉と落し水/西本一都

磧湯やそびらにひゞく落し水/幕内千恵

落し水思ひ屈するときもなほ/田中裕明

稲を守る神の別れや落し水/広江八重桜

落し水きく夜淋しむ我も馬も/高田蝶衣

落し水静かにきけば二つとも/西山泊雲

落し水ひびく内侍の塚ひとつ/大東晶子

落し水五位一声の蘆間月/菅原師竹句集

落し水低き棚田を落ちにけり/松藤夏山

落し水夕ベに夜をつなぎけり/野村喜舟

落し水展けし方にのみひゞく/右城暮石

落し水跣の下にきこえけり/阿波野青畝

落し水闇もろともに流れをり/草間時彦

落ち~て月夜となりぬ落し水/石井露月

さざめきて月の見沼の落し水/折笠二風

ざりがにの稲掴みゐる落し水/白岩三郎

俳句例:61句目~

一と邑の落し水とて滝の状/佐野まもる

鯉黒く背立てゝ来るや落し水/野村泊月

息吸つて吐いて大事に水落す/長谷川双

水落すや空籠肩にかけながら/野村泊月

一と鍬に畦を欠きたり落し水/高浜年尾

水落す手慣れの石に声かけて/富永小谷

薬師寺の塔見ゆる田も水落す/斎藤小夜

三輪山に音の消えゆく落し水/堀部克己

小山田の水落す日やしたりがほ/炭太祇

落し水蕎麦畑の蔭を流れ去る/岡本癖三酔

落し水行く方ふたたび月添へり/近藤一鴻

落し水ひつさげ出づる鍬かろし/西山泊雲

太陽にかたちありけり落し水/神尾久美子

落し水だけの流れと思はれず/山下/輝畝

落し水鳴る洞ありて吸ひにけり/飯田蛇笏

足あとのなき田わびしや落し水/蕪村遺稿

落し水のとろ~ひゞき耳にあり/細見綾子

夜の音に寺領の田水落すなり/藤田あけ烏

秋もはやさらばさらばと落し水/尾崎紅葉

落し水して来し足で粟刈りに/長谷川素逝

俳句例:81句目~

水落すや株の田螺のほろと落つ/西山泊雲

落し水いよいよ空を濃くしたり/境入笙太

水落す信濃路ひかり翔ぶやうな/渡辺恭子

水落す落ち口にのみきらめく日/久米正雄

水落す顔おだやかにふりむけり/小川玉泉

茄子畑をひとすぢ掘つて水落す/高橋馬相

峡田育てし落し水行く重し睡し/加藤楸邨

落し水身ぬちを抜けてゆきにけり/萩原麦草

一つ居て啼き止まぬ虫や落し水/石島雉子郎

たそがれや庵の四方田の落し水/大橋櫻坡子

まくなぎの耳にも目にも落し水/米沢吾亦紅

落し水ひゞき来る炉の親子かな/大谷碧雲居

落し水もぐらの穴に鳴りにけり/向久保貞文

落し水しらしら明けを尽きにけり/野村喜舟

晴るる日は晴るる日の音落し水/後藤比奈夫

落し水落ちいそぐ夜となれりけり/木下夕爾

落し水落ち尽す音もなかりけり/東洋城千句

落し水すなはちひびき伊賀に入る/榎本冬一郎

びしよびしよの雨となりけり落し水/波多野爽波

背戸させは表に聞ゆ落し水柚味噌/安田木母、秋田握月

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ