季語/秋の朝(あきのあさ)を使った俳句

「秋の朝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の朝」について

【表記】秋の朝

【読み方】あきのあさ

【ローマ字読み】akinoasa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋朝(しゅうちょう:shucho)

・秋暁(しゅうぎょう:shugyo)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の朝を含む俳句例

秋暁の一人嚏す大き弥撒/林翔

秋暁の剃刃一枚づつ曇る/木村敏男

秋暁の梧桐ぬるる不浄門/松村蒼石

似し家の煉瓦煙突秋の朝/依田明倫

危篤報うく秋暁の星一つ/松村蒼石

島に覚め秋暁残る漁火とあり/林翔

松島の景に箸取る秋の朝/林二三子

桑の葉に秋の朝雲定まらず/原月舟

砂の如き雲流れゆく朝の秋/正岡子規

同棲や秋暁男のみ覚めて/堀井春一郎

秋暁の行きかふは皆修行僧/大野林火

秋曉の舌が喜ぶ末期の水/小松崎爽青

秋朝や痛がりとかす縺れ髪/杉田久女

網膜に秋暁たぎり産声す/加藤知世子

行秋の朝な朝なの日田の霧/高野素十

秋暁を牽くくろがねの冷凍魚/奈良文夫

今朝の秋朝精進のはじめかな/蕪村遺稿

秋暁や胸に明けゆくものの影/加藤楸邨

秋暁の枝の影さしくる蚊帳に/松村巨湫

秋暁の紅唇一語洩らせしや/長谷川秋子

俳句例:21句目~

飯の香の睫毛に触るゝ秋の朝/青山光歩

秋暁の戸のすき間なり米研ぐ母/寺山修司

秋暁の灯に寄る蟲のうす翅かな/松村蒼石

秋暁の蟻するするとのぼりけり/柚木紀子

はげますや秋暁の胸ひきしぼり/草間時彦

はつ秋の朝の小衾ゆづり合ふ/篠田悌二郎

活溌なるは秋暁を翔る石叩/長谷川かな女

秋暁のからくれなゐに天の彦山/石原八束

おもしろき秋の朝寝や亭主ぶり/松尾芭蕉

鶺鴒あそぶ吾妻の秋の朝漕ぎよ/高柳重信

ほど遠き秋暁けがたのかけろかな/飯田蛇笏

石階に尻打ちて起たず秋の朝/長谷川零餘子

牛乳屋ちらと睹し秋暁の閨正し/中村草田男

秋暁の電話たしかに訃を耳朶に/柴田白葉女

陶工として羽織きて秋の朝にゐる/栗林一石路

手のしびれ秋暁の灯に替へるかな/阿部みどり女

秋の朝日指頭に炎えてあたたかき/飛鳥田れい無公

秋朝林檎園に入りまだ帰らないでゐる/中塚一碧樓

秋朝のさかな売に生きたさかな突きつけられる/大橋裸木

秋の朝卓の上なる食器らにうすら冷たき悲しみぞ這ふ/前田夕暮

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ