季語/落鰻(おちうなぎ)を使った俳句

「落鰻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「落鰻」について

【表記】落鰻

【読み方】おちうなぎ

【ローマ字読み】ochiunagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・下り鰻(くだりうなぎ:kudariunagi)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

落鰻を含む俳句例

川甚の古き暖簾や落鰻/多田香澄

簗の簀の光琳波に落鰻/新村寒花

落鰻落ちゆく芦の無尽蔵/石田勝彦

周防灘青し鰻の落ちそめて/大島民郎

宮川の簗にかゝりし落鰻/竹内/一芝

海のどのゆつくり沈む落鰻/西本一都

砂川やありあり見ゆる落鰻/籾山梓月

簗まろぶ胡桃の中の落鰻/水原秋桜子

簗を越すほどの水出て落鰻/服部圭佑

落鰻瀬音に追はれ安からず/鈴木左右

虫絶えて簗に雨ふる落鰻/水原秋桜子

籠のぞく夕日明りに落鰻/秋元不死男

松島やきのふ来たるに落ち鰻/萩原麦草

簗の上にかゝりてこたび落鰻/大橋敦子

一と夜さに落ちし鰻と思はれず/梶原転石

夜や冷ゆと下り鰻を待ちてけり/太田鴻村

ひき揚げしどの落鰻鳴きてをり/つじ加代子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ