季語/秋の海(あきのうみ)を使った俳句

「秋の海」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の海」について

【表記】秋の海

【読み方】あきのうみ

【ローマ字読み】akinomi_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋の波(あきのなみ:akinonami)

・秋濤(しゅうとう:shuuto)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の海を含む俳句例

排泄の鉄塊光る秋の浜/須藤徹

秋海や天津小湊法華寺/小杉余子

爽秋の波に漂ひ沖の島/石塚友二

秋海の一流木に心とめ/高野素十

秋の海双眼鏡に帆が黒し/宇佐美目

てゝら干竿ひやひやと秋の海/見道

秋海や湿気の深き窓の下/立花北枝

雲折々舟に影置く秋の湖/大谷句佛

父の手を離さぬ幼女秋の海/西尾一

落日は火の帯太き秋の湖/神原栄二

秋海や五艘を並べ皆片帆/小杉余子

陸近く汐吐く船や秋の海/松藤夏山

夕陽に馬洗ひけり秋の海/正岡子規

靴底の砂さらさらと秋の海/坂井建

秋浪のうすき渚が雨の中/下村槐太

大撓みして遠くより秋の濤/森重昭

雲水の点々ゆけり秋の浜/阿保恭子

秋の湖磔像深く逆さまに/有馬朗人

砂浜の長しと思ふ秋の浜/秋山花笠

御用邸巡査眺むる秋の海/高澤良一

俳句例:21句目~

銀一枚めくる秋濤忘れ潮/金井暎子

打揚し巨木に人や秋の海/西山泊雲

から松の梢に白し秋の湖/会津八一

秋海や貝より白き巌の濤/尾崎迷堂

舟人の莨火もえぬ秋の海/飯田蛇笏

いちめんに遠浅を来る秋の波/森重昭

秋の波たゝみ~て火の国へ/高浜虚子

秋の浪若き屍わたす声すなり/井倉宏

秋の濤崖の上には遊女の碑/木村蕪城

葬りあと立上りては秋の濤/椎名書子

秋濤の紺へ葬りの船すがる/巌谷小波

秋の海那智山滝を落しけり/内藤吐天

箒木に月の家つゞく秋の海/前田普羅

夕凪のあとたゝ白し秋の海/尾崎紅葉

大岩の穴より見ゆる秋の海/正岡子規

絶壁の下にたゝへて秋の海/高濱年尾

綿埃まひゆく窓の秋の海/金尾梅の門

航跡の真一文字に秋の海/鳥沢まさ江

銃眼を覗けばありぬ秋の海/福田蓼汀

干の一連秋の海へ来し/阿部みどり女

俳句例:41句目~

門を出て十歩に秋の海広し/子規句集

東尋坊遠ざかりたる秋の海/赤松柳史

髪かきあげて遼遼と秋の海/保坂敏子

秋の湖岳友人界のもの探す/福田蓼汀

秋海や日の紅を呑み了り/東洋城千句

秋海や長き渚の見ゆるなる/尾崎迷堂

海女のその物語いま秋の海/稲畑汀子

渺渺と風車置きけり秋の海/小池文子

太祇忌や秋の湖邊の蒲焼屋/飯田蛇笏

心中の骸浮きけり秋の湖/松根東洋城

白々と海女が潜れる秋の海/前田普羅

村の子に秋の湖いきいきと/飯田龍太

火の山の麓に二つ秋の湖/鶴飼/風子

秋の海されど藻青き渚かな/尾崎迷堂

秋の海たゝみ~て火の国へ/高浜虚子

秋の湖別れんとして尚碧し/大森桐明

駒ヶ岳裾曳き秋の湖に消ゆ/星野立子

秋の浜流木を目に収むのみ/高澤良一

秋の浜見張櫓にからす鳴く/山田節子

秋の海を劃りて広し地引網/島田青峰

俳句例:61句目~

秋の浜貝を焼く手に近くゐる/桂信子

秋の海一帆航しとどまらず/内藤吐天

胸中に引く波ばかり秋の浜/手塚美佐

秋の海剣を沈めて暮にけり/尾崎紅葉

行秋の浜や夕べの波たゝみ/萩原大鑑

いさかへる鴎に秋の波あらく/上村占

彼の船の煙いま濃し秋の海/松本たかし

秋濤の己れ巻き込む白さかな/上山永晃

みをつくし遥々つゞき秋の海/高浜虚子

秋濤の束の間透きて崩れけり/西村和子

皆で歩し後ひとり歩す秋の浜/三橋鷹女

秋の海音頭が瀬戸を流れけり/正岡子規

風紋やよせくる秋の浪にごり/石川桂郎

秋海のしづけさ山にかよふなる/瀧春一

秋の浜見かへるたびに犬距る/山口誓子

馬車遅し松の木の間の秋の海/野村泊月

子は何時も母の先ゆく秋の海/石井健作

展覧会の屑を積み出す秋の海/渡辺春蕨

勿来すぎ身ほとり秋の濤の声/巌谷小波

岬々の石碑恐ろし秋の湖/長谷川かな女

俳句例:81句目~

機翼煌めきしが見えず秋の海/永井龍男

水際の水透きとほり秋の海/島崎/伸子

江の島はにはかに近し秋の海/吉屋信子

秋の海遠きものほどよく光り/斉藤淳子

犬ころも沙にねてきく秋の海/内藤吐天

靴跡のまつすぐにあり秋の浜/安原楢子

秋海につき出て岬ノサップか/高野素十

引上ぐる船を追ひうつ秋の波/高浜虚子

秋の海見つゝ廊下を送らるゝ/野村泊月

秋の海の夕日に向ひ汽車の窓/野村泊月

百済仏見しより秋の濤響む/文挟夫佐恵

秋海にたつきの舟の曇りけり/飯田蛇笏

秋の波の一線眼の端より崩る/川崎展宏

秋の波同じところに来て崩る/倉田紘文

秋の海深きところを覗き過ぐ/山口誓子

秋の波立ち上るより翳を抱き/西村和子

秋の海真青き虹のたちのぼる/中川宋淵

秋の海へ崖道乾きつくしたり/増田龍雨

秋の海航くのみなるに旗汚る/津田清子

秋の浪寄せて返さず親不知/粟津松彩子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ