季語/冷まじ(すさまじ)を使った俳句

「冷まじ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冷まじ」について

【表記】冷まじ

【読み方】すさまじ

【ローマ字読み】susamaji

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「す」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

冷まじを含む俳句例

冷まじや月もる関の塗靭/英之

竹寺の離れ一藪冷まじく/岸田稚

すさまじや蝋燭走る風の中/子規

冷まじや胸先走る濁り川/角川源義

観音の千手は剣冷まじや/高澤良一

冷まじき禅堂起居ひびくなり/草堂

冷まじや仰臥漫録温く飯も/辻桃子

神杉の千年の黙冷まじや/森戸光子

桁磨一本の辺の冷まじき/石川桂郎

すさまじや此山奥の石仏/正岡子規

冷まじき面や足袋や薪能/石川桂郎

布袋台金冷まじき機関樋/高澤良一

唐黍に月鳴り止まず冷まじや/移竹

剥落し帝守る衛士冷まじき/稲岡長

冷まじや吹出づる風も一ノ谷/才麿

冷まじや関趾勿来の浪頭/伊藤風楼

閉づるなき眼冷まじ兵馬俑/山田弘子

鉱石の擂石の減り冷まじや/関森勝夫

金策のズボン寝押しす冷まじや/康治

すさまじき霧にひびかふ枝蛙/瀧春一

俳句例:21句目~

返り花すさまじかりし塔の下/中田剛

藤浪や虻の群りすさまじく/野村喜舟

冷まじや牛の牢てふ巌襖/鈴木しげを

冷まじや人の門出て夜の顔/草間時彦

落月に簷すさまじや釣干菜/西山泊雲

粧ひて冷まじき翳をんな坂/長谷川双

すさまじく鶯啼いて大広間/久米正雄

冷まじき躙口にて傘寿越す/長谷川双

冷まじや海の底鳴る親不知/尾関華陽

冷じや吹き出る風も一ノ谷/椎本才麿

すさまじきまで地下歌の志/安東次男

硫気噴く岩冷まじや恐山/小笠原淳子

流木や白鳥の白冷まじく/殿村莵絲子

歳月の母の胸裸の冷まじや/小林康治

すさまじや弱気の犬と強気の鶏/狩行

冷まじき闇負ひ仁王剥落す/小林康治

冷まじや納戸の奥の竹夫人/佐藤春夫

すさまじや柱に残る刀傷/五十島典子

冷まじや納屋に年古る蝮酒/平賀扶人

松島や日暮れて松の冷まじき/岸田稚

俳句例:41句目~

すさまじや男が打ちし女面/和田知子

冷まじき青一天に明けにけり/五千石

冷まじや竹幹の透く昼の闇/熊谷愛子

冷まじや島の蔭より島現れて/岸田稚

すさまじや鰍釣りゐて釣嫌ひ/齋藤玄

本丸の赤松の反り冷まじや/高澤良一

冷まじや一人に長き寺の塀/林たかし

冷まじや天竜くだる女ゐて/萩原麦草

巡り来し念佛堂の冷まじき/益永路枝

山畑に月すさまじくなりにけり/石鼎

山月の望の力の冷まじや/上田五千石

冷まじき潮壽永の音すなり/飯田龍太

冷まじや碧巌録講門閉ぢて/桂樟蹊子

初茸や秋すさまじき浅茅原/籾山梓月

冷まじや幽霊の哭く薪能/関口ふさの

風下の人呼んでをり冷まじき/松澤昭

冷まじや地中へ続く磨崖仏/川崎慶子

冷まじや芭蕉の髪と爪残り/村松紅花

火口湖の神に石積む冷まじや/高井北杜

熔岩流の止めの岬の冷まじや/毛塚静枝

俳句例:61句目~

笠の緒の跡すさまじや秋の月/内藤丈草

すさまじき垂直にして鶴佇てり/齋藤玄

老友の莫生逝くと冷まじき/深川正一郎

落月に鴟尾すさまじや山の寺/西山泊雲

身の裡に骨の音聞く冷まじき/都筑智子

鈴蟲の老けしと思ふ冷まじき/後藤夜半

風化仏なほも微笑む冷まじや/清水寥人

すさまじき空手の気合眉涼し/河野静雲

すさまじき落葉の中の秋祭/竹末春野人

すさまじき雁の餌時の中にあり/齋藤玄

すさまじく人を愛せし昔かな/草間時彦

すさまじの黔き傷負ふ麒麟草/都筑智子

すさまじや亡骸の裾窪めるも/小林康治

すさまじや地震に詣でし恐山/松本圭二

すさまじや曠野の雨を揚雲雀/野村喜舟

すさまじや脇本陣の隠し部屋/飯島正人

すさまじや船おろす鮫ばかりにて/鉄蕉

つるぎ池底冷まじや流水線/加藤知世子

乱れ打つ火焔太鼓の冷まじき/伊東宏晃

井戸掘の裸すさまじ秋の風/石田あき子

俳句例:81句目~

冷まじきまで緋縅の甲斐の山/根岸善雄

冷まじき念力舎利仏口開くは/野澤節子

冷まじき日本へ帰る手を掴む/小池文子

冷まじき百の照明が頭上かな/田口彌生

冷まじき齢や帯の紅ひとすぢ/淵上千津

冷まじく己見つむる一日あり/斎藤道子

冷まじく暮れて木霊も居らざりき/槐太

冷まじく般若舞台に現はれぬ/原子公平

冷まじく雨びたる草踏ゆけり/松村蒼石

冷まじく鮮らしき土庭に入れ/松村蒼石

冷まじと髪ふりみだしゆうかり樹/風生

冷まじやものの継目に力あり/金子光利

冷まじや一人をかくす寺柱/岩淵喜代子

冷まじや一壷天なす行者窟/行廣すみ女

黒闇を生きて黒髪冷まじき/文挟夫佐恵

冷まじや人の面うつ蔦かづら/手塚美佐

冷まじや凭せ立てある納杖/宇和川喬子

冷まじや回転寿司の逃げ易く/吉田裕志

冷まじや地獄絵仕置の白女體/高澤良一

冷まじや壁に張りつく納戸神/杉山加代

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ