季語/柑子(こうじ)を使った俳句

「柑子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「柑子」について

【表記】柑子

【読み方】こうじ

【ローマ字読み】koji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・柑子蜜柑(こうじみかん:kojimikan)

季節による分類

・「こ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

柑子を含む俳句例

名月に葉隠れ柑子見出たり/成美

佛壇の柑子を落す鼠かな/正岡子規

笋や柑子をゝしむ垣の外/蕪村遺稿

お隣の愛宕みやげや鬼柑子/野澤羽紅女

枝なから酸い~柑子鬻きけり/尾崎紅葉

柑子の実夕月皓くかかりけり/根岸善雄

海の日の柑子に曇る伊豆の寮/木村蕪城

秋の日や柑子いろづく土の塀/室生犀星

前駆ふれて柑子たわわに土御門/筑紫磐井

採り残る柑子に皺が寄りにけり/東野茅堂

柑子剪る庭石凍る手燭かな/長谷川かな女

温風や落ちてちひさき青柑子/吉岡禅寺洞

甘橿の柑子や笥に盛る旅の飯/中村草田男

継ぎて入る醫師/験者の柑子門/筑紫磐井

地に下りし小鳥に赤し柑子の実/佐久間法師

子へ帰る柑子をひとつポケットに/伊能武男

島に住めば柑子沢山な正月日和/河東碧梧桐

酸つぱいぞ甘いぞ柑子賜わるも/松田ひろむ

夕顔や柑子の葉越し白き見ゆ/碧梧桐句集/河東碧梧桐、大須賀乙字選

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ