季語/芋茎(ずいき)を使った俳句

「芋茎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芋茎」について

【表記】芋茎

【読み方】ずいき

【ローマ字読み】zuiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芋殻(いもがら:imogara_)

・芋の茎(いものくき:imonokuki)

・芋茎干す(ずいきほす:zuikihosu)

季節による分類

・「す」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

芋茎を含む俳句例

年々や芋茎祭も雨つかひ/東烏

満願の山伏膳の芋茎和/粕谷容子

芋茎干たちかはり入る朝厠/中拓夫

坊幾つ芋茎を干して手向村/神蔵器

芋茎干す飛鳥も奥の栢森/倉持嘉博

芋茎さく門賑しやひとの妻/炭太祇

母が切る芋茎は水をためてをり/麦草

芋茎葺く神輿の鈴は加茂茄子/森孝子

縁側に赤子と芋茎置いてゆく/原田喬

芋茎干す馬籠はなべて深庇/土山紫牛

塩噴いて氷る芋茎も臍帯も/高橋陸郎

宿坊の深き廂や芋茎干す/塚田かをる

牛の子に二タ株つけし芋茎かな/一笑

尊びて芋茎雑煮を家伝とす/山下鴻晴

片足は流れの中に芋茎剥く/山本洋子

芋茎干す歩危には広き岩畳/酒井黙禅

芋茎干す杉皮を干す軒の下/勝又一透

駐在となに話すなる芋茎干/石川桂郎

掃き寄せて芋茎祭の野菜屑/江川虹村

芋茎を下げて古墳に登りけり/原田喬

俳句例:21句目~

板の間に芋茎一束雨が来る/廣瀬直人

谷戸深くどこの家にも芋茎干し/辻萍花

はらからの加齢更なり芋茎汁/湯川京子

先反つて乾く芋茎や陶焼く村/花谷和子

寺が干す芋茎の後の大根かな/野村喜舟

年酒の芋茎にいでし紅の色/瀧澤伊代次

滋賀越のとある一戸の干芋茎/高見道代

芋茎洗ふ泉に水輪ひろげつつ/手島靖一

膳に芋茎五十回忌は祝のごと/皆吉爽雨

芋茎神輿日ざしに匂ふ畑つ物/奥野勝司

花海芋茎きしませて束ねをり/長谷川櫂

これからの水は固しと芋茎干す/丹羽玄子

芋茎とはえぐさ記憶に新たなり/高澤良一

芋茎みな捨ててあるなり貸農園/吉武靖子

芋茎をほして小字や柳生みち/金久美智子

芋茎和へ出羽三山は夜に入る/大沢知々夫

芋茎干す二階より富士見える朝/青木綾子

手にとりてまこと軽しや干芋茎/宮本寒山

戸隠へ子を巫女にあげ芋茎干す/宮下翠舟

幾重にもたたみて売らる干芋茎/浅野艶子

俳句例:41句目~

干柿はしづか芋茎はゆらゆらと/岸本尚毅

囚人の手よりもよごれ芋茎剥く/村上冬燕

湖北には地蔵多くて芋茎煮る/梶山千鶴子

石の上に芋茎を干して使徒の家/角川照子

荒濤のどすんどすんと芋茎むく/久保文子

芋茎干す日の逃げやすき裏赤城/伊藤京子

芋茎のむらさきふかく土けぶらふ/臼田亞浪

晩年の子に望みかけ芋茎むく/三宮/美津子

芋茎干す陽の山脈へ群れとぶ鳥/福田甲子雄

ふるさとの芋茎を食べて胃が痛し/萩原麦草

由布岳の裾に芋茎のすだれ干し/深海利代子

芋茎神輿街に野の香をもたらして/小島國夫

しらじらと芋茎干しある舟屋かな/工藤茶亭

死の朝の母のことなど芋茎むく/つじ加代子

芋茎だらりと乾き野仕事なくなりぬ/大熊輝一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ