季語/落穂(おちぼ)を使った俳句

「落穂」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「落穂」について

【表記】落穂

【読み方】おちぼ

【ローマ字読み】ochibo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・落穂拾(おちぼひろい:ochibohiroi)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

落穂を含む俳句例

日本の外が浜まで落穂哉/一茶

落人の墓に落穂を仏花とす/青畝

庭鳥の卵うみすてし落穂哉/其角

厠より眇してゐる落穂かな/爽波

身の程や落穂拾ふも小歌節/暁台

嘴太の落穂を拾ふ田面かな/友五

足跡のそこら数ある落穂かな/召波

禅門の珠数持そふる落穂かな/木導

痩臑に落穂よけ行聖かな/高井几董

一穂の落穂手ぐさにひとり旅/節子

山の影落穂拾ひに稲刈に/相馬遷子

順礼の木にかけて行く落穂哉/子規

拾ひもつ落穂のいつか夕冷えて/風生

うしなはで落穂を焚くや大師講/可南

風よよと落穂拾いの横鬢に/西東三鬼

落穂拾ひゆく~霰至りけり/石井露月

旅衣落穂を古く蔵したる/米沢吾亦紅

夕ぐれの葛飾道の落穂かな/高野素十

柴負女豊の落穂を見逃さず/広沢米城

一抹の海見ゆ落穂拾ひかな/石田波郷

俳句例:21句目~

中中に落穂拾はずや尉と姥/蕪村遺稿

乞食の袋に見ゆる落穂かな/正岡子規

水へ落つ水あり落穂手燭めき/上村占

近景に蒔き遠景に落穂拾ひ/鷹羽狩行

怖しき神に落穂を授かりぬ/田中裕明

十二橋或は落穂かゝあり/水原秋桜子

拾ひあげて扇にはさむ落穂哉/まさ女

子を連れて落穂拾ひの鶴の群/杉田久女

風の日に炎えたつ落穂拾ひあぐ/高島茂

広き田に移りて拾ふ落穂かな/松藤夏山

村人の鶴にのこせし落穂とも/亀井糸游

沈む日のたまゆら青し落穂狩/芝不器男

狭田高田落穂すら無く刈られけり/林翔

落穂これは一茶の国の落し物/鷹羽狩行

落穂干すや日に傾けて笊の底/西山泊雲

落穂手にわれも瑞穂の国の民/田中都南

落穂手に夕田をわたり来る女/奈良鹿郎

落穂拾ひ一人残るは誰が子ぞ/北川洗耳

上げ潮に落穂ただよふ舟屋口/中村翠湖

落穂拾ひ日あたる方へあゆみ行く/蕪村

俳句例:41句目~

落穂拾ひ鶉の糞は捨てにけり/上島鬼貫

落穂拾ふいつしかひとりだけの道/秋を

俳諧の落穂拾いの夜は更けて/高澤良一

入日射す上り框や落穂あり/能村登四郎

落穂拾ふ婆をあなどり畦鴉/猿橋統流子

落穂拾ふ真昼は水の音かすか/石原八束

蓼の花豊の落穂のかゝりたる/高野素十

落穂拾ふ子に北國の雲低れつ/石井露月

逆光の落穂拾ひのつもりかな/石田時次

隅田川あかるき落穂沈めけり/加藤秋邨

墓山のかげのかぶさる落穂かな/上村占

隠れ家の畚に溜れる落穂かな/小澤碧童

雀らの拾ふ落穂となりしかな/平子公一

夕風にしはぶき拾ふ落穂かな/西島麦南

ひたすらにうつむきてこそ落穂あり/静塔

老帰る落穂の二穂三穂を手に/杉崎句入道

肛門に柱があるから落穂を拾う/夏石番矢

落穂見て吾子を抱き替へんとす/杉山岳陽

落穂載せし今日を扇の納めかな/増田龍雨

にはとりが落穂拾ひの右に出て/鷹羽狩行

俳句例:61句目~

炉辺におく豊の落穂の手籠かな/木村蕪城

千枚田の落穂拾ひを見たりかし/細見綾子

豊かなる年の落穂を拾ひけり/河東碧梧桐

足もとの奥の細みちにも落穂/阿波野青畝

跼み寄り落穂拾ひに径を聞く/米澤吾亦紅

父郷たる都濃津に拾ふ落穂かな/宮津昭彦

弾帯に挿し来し落穂狩づかれ/米沢吾亦紅

伸びて来し落穂拾ひの影法師/軽部烏頭子

逆光の嶺のちかづく落穂橙ひ/上田五千石

吟行や落穂拾ひとあとさきに/軽部烏帽子

四方より落穂あつめる小家かな/野村喜舟

国原の田にして落穂とりかざす/皆吉爽雨

土がやや引きたる落穂拾ひけリ/皆吉爽雨

土産店買ひまどへるは落穂持つ/石川桂郎

夕澄みて落穂のふかくしづむ水/田島秩父

野の落穂ひとの書斎に持ち入りぬ/秋櫻子

居残りて舟の落穂を拾ひけり/米沢吾亦紅

落穂手に皺の奥の眼善意に充つ/高梨忠一

拾ひ持つ落穂のいつか夕冷えて/富安風生

踏まれじと今の色なる落穂かな/小杉余子

俳句例:81句目~

落穂拾ひ去るや夕澄む穂高岳/水原秋櫻子

真中の踏み込まれある落穂かな/西山泊雲

落穂拾ひ殉教の島いまも貧し/成瀬櫻桃子

山茶花の垣に挿し過ぐ落穂かな/渡辺水巴

畦をゆく犬あり落穂拾ひあり/軽部烏頭子

月出でてぬくき落穂の一にぎり/新田祐久

うしろ手をときては拾ふ落穂かな/松藤夏山

おもだかの池みどりなる落穂かな/高橋馬相

すでに沈金の落穂とひろひあぐ/赤松ケイ子

つかれては落穂を拾ふこともなし/加藤楸邨

にはとりの飛びつく帯の落穂かな/豊島蕗水

ひとふさの落穂あり濃き霜をおく/斎藤桜城

ふとあげし落穂拾ひの日暮貌/山野邊としを

一すぢの糯の落穂のひろはれし/吉岡禅寺洞

両の手にひろひ溜めたる落穂かな/村上鬼城

あしあとのそこら数ある落穂かな/黒柳召波

夕雨や落穂拾ひのまだ歩く/吉武月二郎句集

水田底の落穂さやかや見てすぐる/西山泊雲

落穂拾ひ遠く行きたるごと遠ちに/宮津昭彦

拾ひ上げて馬の背にさす落穂かな/中島月笠

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ