季語/水巴忌(すいはき)を使った俳句

「水巴忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水巴忌」について

【表記】水巴忌

【読み方】すいはき

【ローマ字読み】suihaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「す」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

水巴忌を含む俳句例

白日忌寒泉韻く如くなり/中島月笠

水巴忌の蓬が混る蚊遣草/萩原麦草

水巴忌の新月詠まぬ掟かな/萩原麦草

天上も天下もあらず白日忌/中島月笠

水巴忌の白菊白に徹しけり/松田碧霞

水巴忌の蜩声を新たにす/小川原嘘帥

水巴忌やわが掌中の露の玉/渡辺恭子

水巴忌の一日浴衣著て仕ゆ/渡辺桂子

水巴忌や日月我に新しき/小川原嘘帥

水巴忌の切抜袋古りにけり/石川桂郎

光陰や深沈と水巴忌前後過ぐ/斎藤空華

思ひきり暑き水巴忌送りけり/渡辺桂子

昼の雷夜の雷水巴忌なりけり/石田波郷

水巴忌のただ暑かりし机かな/細川加賀

水巴忌の風触れやすき席賜ふ/金田紫良

水巴忌や山笹わたる風の音/星野麥丘人

水巴忌を修す孫弟子曾孫弟子/大塚草生

いくそたび爽かな歩を水巴忌へ/渡辺恭子

古扇鳴らし水巴忌過ぎにけり/大谷碧雲居

水巴忌がすぎ韮の花刈られたり/萩原麦草

俳句例:21句目~

水巴忌が過ぎて一塵なかりけり/萩原麦草

水巴忌のいちにち浴衣着て仕ふ/渡辺桂子

水巴忌のとなりも萩を括りをり/萩原麦草

水巴忌の佐渡を荒磯と思ひけり/萩原麦草

水巴忌の雨こぼれきし芙蓉かな/鈴木青園

水巴忌へ佐渡の草市立ちにけり/萩原麦草

水巴忌やかなかなを待つ今戸橋/渡辺恭子

水巴忌や形見の火桶座右にす/小川原嘘帥

水巴忌の松とし皮をこぼしをり/萩原麦草

水巴忌近し一筋の風見つめけり/渡辺恭子

葛ざくら水巴忌近くなりにけり/斎藤空華

水巴忌の天城の山葵利きにけり/渡辺恭子

水巴忌の渚ゆく脛細うなりし/青木よしを

山なみに伊豆の水巴忌すぎにけり/萩原麦草

水巴忌やかくるゝ如く伊豆に棲み/萩原麦草

水巴忌の舟虫を見てゐたりけり/今井杏太郎

水巴忌に著て出るもののなかりけり/下村槐太

水巴忌の炎ゆるほかなきさるすべり/沢井我来

水巴忌のひと日身を置くところあり/大谷碧雲居

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ