季語/秋鯖(あきさば)を使った俳句

「秋鯖」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋鯖」について

【表記】秋鯖

【読み方】あきさば

【ローマ字読み】akisaba

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋鯖を含む俳句例

べた凪を流したる湾秋鯖煮/中拓夫

新聞に秋鯖包み村まつり/那須雛子

秋鯖がうまし~と朝市女/山下静居

秋鯖の一本棒のどこ掴む/坂巻純子

秋鯖の光りて並ぶ海の色/伍賀稚子

水分に近く秋鯖売られけり/山本洋子

溶鉱炉近く秋鯖よく釣るゝ/豊東蘇人

秋鯖の全身青く売られけり/嶋田麻紀

秋鯖や上司罵るために酔ふ/草間時彦

秋鯖や夫より受くる小盃/上田千穂子

秋鯖をしめて祭の一品に/小泉美保子

秋鯖を心祝ひのありて買ふ/宮下翠舟

秋鯖を提げて夕日を滴らす/戸川稲村

旅疲れ脛に秋鯖仕入れたり/鈴木真砂女

秋鯖の大の一尾を値切りゐる/佐藤鬼房

秋鯖の旬の曽々木に宿をとる/清水寥人

秋鯖の波引き抜きし背色かな/仙波桃二

秋鯖をたちて包丁曇りたり/栗田せつ子

憎まれてゐて秋鯖のうまきかな/細川加賀

秋鯖をもらひ献立替へにけり/佐久間慧子

俳句例:21句目~

秋鯖のずしりとおもしたなごころ/深見桜山

秋鯖の仕入ごころをそそのかす/鈴木真砂女

ぼうぼうと秋鯖燃やし老いてをり/矢野さとし

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ