季語/零余子(むかご)を使った俳句

「零余子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「零余子」について

【表記】零余子

【読み方】むかご

【ローマ字読み】mukago

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ぬかご(ぬかご:nukago)

・球芽(むかぶ:mukabu)

・いもこ(いもこ:imoko)

・零余子とり(むかごとり:mukagotori)

季節による分類

・「む」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

零余子を含む俳句例

露霜や籬を覆ふむかご蔓/舟月

鯊釣に槌のひゞきは佃かな/零余子

元日や蘭の日南に常の如し/零余子

早梅に汁粉屋もなし初音町/零余子

花笠を船にもかけし祭かな/零余子

杣山に電動音や零余子蔓/竹石一夫

零余子出す媼の居りし酒処/今泉貞鳳

地の底の秋見届けし子芋かな/零余子

黄葉して隠れ現る零余子蔓/高浜虚子

夕空に身を倒し刈る晩稲かな/零余子

朝顔の嫗と語る零余子かな/尾崎紅葉

むかごにもありし大小山谺/西谷/孝

むかご落つ人目届かぬ所かな/高澤良一

きくの露落ちて拾へば零余子かな/史邦

鳥だにも来ぬ夕暮をむかご落つ/上村占

三回に分けて味はふ苞零余子/高澤良一

零余子落つ夜風の荒き伊賀の奥/北村保

ちぎりためて枡半分の零余子かな/篠原

天神の細道むかごほろと落つ/井桁衣子

晩年の既に始まる揚げ零余子/高澤良一

俳句例:21句目~

爽かな大地に咲きぬ花ほつほつ/零余子

焙烙の零余子に薄く塩を振り/柏木志浪

手一合零余子貰ふや秋の風/芥川龍之介

枯梅や零余子の蔓の這ひ上る/寺田寅彦

掘りあてし井戸の深さや竹の秋/零余子

採つて来し零余子の中に蝸牛/岸本尚毅

日表に痘痕の零余子法師かな/高澤良一

菊の露落ちて拾へば零余子かな/松尾芭蕉

零るるは土にかへして零余子採/藤原如水

むかごこぼれて鶏肥えぬ草の宿/村上鬼城

零余子蔓流るゝ如くかゝりをり/高浜虚子

鶏にこぼれそめたる零余子かな/野村泊月

尚一つむかごの蔓の立ちにけり/高野素十

零余子熟れけもの道はた仏道/安達実生子

水引と濡れゐてくらき零余子蔓/松村蒼石

知らぬ間に風のさらいし零余子かな/篠原

ぬかご垣枯蔓縷々とすがりけり/西島麦南

むかごめし土の匂ひの親しけれ/田畑比古

竹林ぬかごをこぼしひそかなる/木津柳芽

紐あるごと零余子芋蔓式に落つ/高澤良一

俳句例:41句目~

肩越しに山の音くる零余子かな/藤木倶子

ぬかご熟れこもごも祈る影淡き/山田文男

ぬかご落つ土塊は夢破られて/河野多希女

腎臓の形せる零余子予後の身に/高澤良一

草深く零余子からみし枝枯るる/原田種茅

ふと触れし零余子谷底まで落ちる/小林澪

いたづらに零余子こぼして面白し/加藤和子

零余子落つ土の香露にひえにけり/西島麥南

この家の東は零余子あまたなる/石脇みはる

零余子落つ午后は日癖の八ツ曇る/宮部紫明

零余子拾ふ裏木戸抜けて母の在る/加藤春子

母許や夕日とどめて零余子摘む/穂苅富美子

笊の目をこぼる零余子又拾ふ/長谷川かな女

柴門の記には洩れぬる零余子かな/尾崎迷堂

蔓にある零余子の見えて夜道かな/岸本尚毅

朝顔にまがひてからむ零余子かな/小杉余子

羽音にも零余子こぼるる日和なり/熊丸淑子

拾ひたむ庵の零余子や昨日今日/高橋淡路女

ぬかご落つ夜汽車が山に響くころ/平松良子

脚立で採るむかごはらはら大菩薩/古沢太穂

俳句例:61句目~

雲軽くなりぬ小萩の咲きいでて/土屋零余子

まつさをな松葉に刺して焼むかご/黒田杏子

蔓引けば零余子の一つふところへ/宮野寸青

むかごもぐ稀の閑居を訪はれまじ/杉田久女

掃く手より夕日逃げゆく枯零余子/大滝大和

執すもの身にありて繰る零余子蔓/吉野義子

指をみな使ひてつまむ零余子かな/後藤夜半

不揃ひの零余子転がすたなごころ/作田文子

零余子蔓引かれつつ音こぼしけり/伊藤敬子

わが庭の零余子を拾ふものもなし/細川加賀

むかご蔓ひつぱりあうて夫婦かな/橋本鶏二

ぬかご焼いて冷酒とせむ蕎麦のまへ/石川桂郎

ひとり身に賜びし零余子のひと握り/館岡沙緻

竿あてゝ零余子こぼるゝ音なりし/室町ひろ子

柘植を巻く蔓に零余子の鈴なりに/天野美代子

ほくと零余子噛めば中年過ぎてをり/高澤良一

零余子の味ほかほか感がいのちにて/高澤良一

人の手に溜らざるべき零余子かも/相生垣瓜人

零余子採り過ぎたる嫌ひすこしあり/後藤立夫

零余子炒るはるけき香り身ほとりに/伊藤雪女

俳句例:81句目~

婆さまの財布へろへろ零余子売る/丸山不二子

すり鉢にすこしばかりの零余子かな/寺田寅彦

そは零余子など教へゆくすこし濡れ/下村槐太

零余子蔓引きて一顆も手にあらず/行廣すみ女

手を出せば零余子こぼるる古道ゆく/稲畑汀子

露膨れむすびこぼるゝ零余子かな/阿波野青畝

高き雲ばかりのこりし零余子採り/大岳水一路

ぬかごめし病みて笑はぬ日が積り/馬場移公子

ぬかご採るおほかた受ける笊をそれ/福田蓼汀

蔓むかご露よりもろくこぼれけり/細木芒角星

ころがるをよろこぶ零余子ころがしぬ/岩井英雅

くろぐろと熊野の零余子こぼれ落つ/岩淵喜代子

ぬかご拾ふ子よ父の事知る知らず/長谷川かな女

山暮るる零余子こぼさぬやうに暮れ/蓬田紀枝子

コンビニで零余子なんぞを買おうとは/高澤良一

零余子一つ摘まんとすればほろと落つ/小澤碧童

枯枝にからみて枯るゝ零余子かな/長谷川零餘子

しずかさに堪えきれなくて落つむかご/大木石子

手のとゞくあたりの零余子採りつくす/稲畑汀子

ぬかご巻く庭木そのまゝ住まんかな/長谷川かな女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ