季語/天の川(あまのかわ)を使った俳句

「天の川」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「天の川」について

【表記】天の川

【読み方】あまのかわ

【ローマ字読み】amanokawa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・銀河(ぎんが:ginga)

・銀漢(ぎんかん:ginkan)

・雲漢(うんかん:unkan)

・天漢(てんかん:tenkan)

・河漢(かかん:kakan)

・星河(せいが:seiga)

・銀湾(ぎんわん:ginwan)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

天の川を含む俳句例

屋上に潦あり天の川/池田澄子

銀漢や齢の中に戦の日/岡本眸

銀漢や兄弟多き曲馬団/日原傳

心太さかしまに銀河三千尺/蕪村

月入て闇にもなさず銀河/炭太祇

菊河に公家衆泊めけり銀河/蕪村

荒海や佐渡に横たふ天の川/芭蕉

門前に高き楸や天の川/松瀬青々

銀漢をせきとめてをる庇かな/泰

齢氷き陰陽石や天の川/三橋敏雄

北国の庇は長し天の川/正岡子規

初秋や蚊屋に透き来る銀河/嘯山

山寺や畳の上の天の川/松瀬青々

うつくしや障子の穴の天の川/一茶

天の川はろばろと父還り来ぬ/原裕

湖心にて銀河に近む櫂の音/大串章

頂上は銀河に近し母に近し/西尾苑

大銀河生死は星の一瑣末/吉本和子

水芭蕉昼の銀河はみづいろに/林桂

別るるや夢一筋の天の川/夏目漱石

俳句例:21句目~

電力地帯煌々の灯に銀河懸く/林翔

梅干すや銀河も薄埃がちか/志摩聰

太古より銀河を支ふ円柱/品川鈴子

柊は銀河の砂の花こぼす/大木石子

朗朗と銀河を笑う漢かな/江里昭彦

女一人佇てり銀河を渉るべく/鷹女

更け行くや水田の上の天の河/惟然

雲漢の初夜すぎにけり磧/飯田蛇笏

誕生日昏き銀河へ機銃音/中島斌雄

甲板に寝て銀漢を胸の上/奈良文夫

中空に銀河放てり奥穂高/渡辺立男

天の川美し雲の出て遊ぶ/村越化石

銀漢や原子力発電所無音/奥坂まや

妻炊ぐ頭上に銀河島暮し/村松紅花

銀漢の銀の荒粒持ち帰る/伊藤敬子

仏法僧高速道は地の銀河/大木石子

女人にも戦の哀史天の川/石井道子

銀漢や少し坂なす社宅街/遠藤梧逸

家毎に地球の人や天の川/三橋敏雄

長城を真十文字や天の河/寺田寅彦

俳句例:41句目~

山中に銀河を語る大銀河/中島斌雄

天の川氾濫したる山の国/沢木欣一

我が命継ぐ子三人天の川/高石幸平

芋の葉の露や銀河のこぼれ水/自笑

銀漢に外寝の腕高く伸べ/福井圭児

銀河濃し水の宅急便届く/浦川聡子

銀漢や安房の湊に土佐の船/大串章

銀河天に高張立てし水の番/泉鏡花

檜苗銀河を父として育つ/橋本鶏二

孤りには真昼も仰ぐ天の川/斎藤玄

兄の星一つ増やして天の川/阿部寿雄

深々と眠る穂高や銀河澄み/水木鈴子

海越えて来る曲馬団銀河濃し/森田峠

夕使ひ野広く思ふ天の川/大須賀乙字

銀漢や馬房に馬の数足らひ/石田勝彦

わが厨銀河の中に鮎を焼く/古館曹人

銀漢や野に花ありて白き愁/細谷源二

銀漢や誤解の横顔鉄壁なす/川口重美

銀漢や胸の風音鳴りやまず/仙田洋子

銀漢や砂丘砂散る未明音/鷲谷七菜子

俳句例:61句目~

銀漢や男の腔をみな照らす/攝津幸彦

天の川わたるお多福豆一列/加藤秋邨

銀漢や放馬にまじる牛一つ/橋本鶏二

天の川富士の姿は夜もあり/高浜年尾

銀漢や山は太古へ還りたる/下村非文

銀漢や馬柵をこえ発つ登山隊/金子潮

天の川柱のごとく見て眠る/沢木欣一

あまざかる鄙を川下天の河/黒柳召波

岳阻み銀河逆流せんばかり/福田蓼汀

送別に舟を傭ふや天の川/大須賀乙字

不知火を待つ銀漢の鮮かに/渡辺安山

銀漢や喝采黒人ピアニスト/仙田洋子

天の川煌煌として病舎の灯/小野竹葉

一塊の焚火に落ちて天の河/齋藤愼爾

天の川礼節人にうすれつつ/松岡悠風

酔ひ諍かひ森閑戻る天の川/石塚友二

銀漢や史記にて絶えし刺客伝/日原傳

大銀河量感ひたと頬に濃し/大野紫陽

山小屋の荒粒銀河閉めて寝る/堀内薫

大阪に探す銀河も別離以後/後藤綾子

俳句例:81句目~

天の川銅の扉を引きにけり/各務耐子

人間は生きよと銀河流れをり/上野泰

天の川馴れても遠き人の門/石塚友二

今も待つ銀河へ船出せし人を/上村占

天の川鹿子絞となりにけり/京極杞陽

銀漢やおとこ斃れてなお長身/澁谷道

天の河消ゆるか夢の覚束な/夏目漱石

銀座銀河銀河銀座東京廃墟/三橋敏雄

庭浅くあふるる井戸や銀河/会津八一

嫁がせて女系絶えけり天の川/堤京子

旅人に濃し港外の銀河の尾/羽部洞然

母ゆきて天の河原に蓬摘む/香坂恵依

僧と見し比叡の銀河凄じき/伊藤柏翠

複道や銀河に近き灯の通ひ/子規句集

山の湯泉や裸の上の天の川/子規句集

甲板の足もと暗く銀河濃し/柴田道人

山荘の夜は暗しや天の川/大峯あきら

水低う漕ぎゐる舟や花曇/吉岡禪寺洞

巌あれば島あれば松や天の川/原月舟

銀漢の果てまで送りゆき戻る/長田等

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ